カバ屋印 マムの素 

 
12
 
前回 興福寺国宝特別公開

気を取り直して再構築しました。
結局3時間近くかかりました。
疲れ果てました。




マム的ゆっくりと東大寺・興福寺を徘徊すもまだ12時。

ってことで、前々からお会いしたかった楊貴妃観音菩薩さま

にいざ会わんと近鉄特急の人となるマム。どこで昼食を?

駅構内のスタバです。  ね、食べることに無頓着でしょっ。




2010年10月31日_DSC_0124
2010年10月31日泉涌寺 大門



10月31日 午後1時45分 雨

御寺 泉 涌 寺

住所:京都市東山区泉涌寺山内町27
電話:075-561-1551



京都駅からタクシーだとワンメーター。

5分ほどで到着です。雨でなければ

京都駅から一駅の東福寺駅で下車して

歩くのですが・・・。かなり悔しいマム。


なにが? タクシー利用がっ。




2010年10月31日_DSC_0129
楊貴妃観音堂



本当に5分で着いちゃうっ。近場なのに山の中です。

東山三十六峰の月輪山の坂道がすでに参道で塔頭寺院が

ぽつぽつと左右にあらわれて大門にいたります。

大門を入るとすぐ左脇に小さな堂宇があります。



このお堂におわすのが、この泉涌寺のうりの観音さまです。


お堂に入っていると、あとから入って来たおばちゃんが、

お堂守さんにこうゆいました!


「楊貴妃堂はどこなん?」


おばちゃん、楊貴妃堂は、ここどすえ。

なんてマムは言いませんけど、堂守さんが

不機嫌そうに一言っ。


「けったいやなあ、ここやあ」。



そうですっ!

この小さなお堂に、有名な、

といってもマムもみうらじゅんさんの

見仏記で知った楊貴妃観音菩薩さんが

おいでなのです。


当然楊貴妃といわれるお方ですので、

わかりやすい美人です。




IMG_0004_NEW




1255年に南宋よりおこしいただいた、

大陸生まれの菩薩様です。ちょっとエロティック

ですね。インドのアジャンタ石窟寺院の壁画

まじっておいでのような感じです。


瞳は伏し目ですが、開いたらさぞエキゾティック

なことでしょう。。。



宝冠がゴージャスです。

そしてお口まわりのひげっ。


みうらじゅん氏いわく、

「ひげはひげじゃん」。


入り口近くの壁に張り紙。

口元の曲線は慈悲を説かれる口の動きです。

おひげではありません。




ご丁寧に、先のおばちゃんが声を出して読んではります。



マムもみうらじゅんさん同様に、ひげはひげじゃんと

思うのでした。



この楊貴妃観音さんは立像のようでしょ。

実は座っておいでなんですよ。上半身に対して

下半身が薄い、ですね。




IMG_0005_NEW_0001




でね、あとでパンフレットの写真を見て、

しまったっ と、思ったわけです。


ホラ、よ~く見て。台座が凝ってるでしょ。

これ全然気がつかなかったの。


あ~、がっかり。こりゃあ、また行くようだわっ。



楊貴妃菩薩さんは1950年まで100年に1度の
公開だったそうです。現在はいつでも拝観可能です。




さて、御堂をでて坂をくだります。

面白いですね。大切な仏殿や舎利殿、本坊が

すり鉢状の一番底に建てられています。


上からのぞくような構成ですが、かえって

つりこまれていくような感じ、あるいは

吸い寄せられるような気を感じます。


これは計算ずくなのかしらん。



2010年10月31日_DSC_0130
仏殿




この仏殿には伝運慶作といわれる阿弥陀、釈迦、弥勒三尊が

おいでです。三尊は黄金に輝かれており、確かに運慶の

特徴である、分厚いボディとまあるいお顔をおもちで、

とても慈悲深いよいお像でした。





IMG_0005_NEW




この仏殿は天井が異様に高くまるでドームのようです。

本当は天井に狩野探幽の龍が描かれているのですが、

高すぎてまったくマムの目にはみえませんでした。


「立派な御堂ですね。ドームみたい」と堂守さんに声をかけると

とっても嬉しそうに顔をくずされました。


2010年10月31日_DSC_0139





2010年10月31日_DSC_0142




いかにも禅宗様式の建築です。

(鎌倉以降の建物)

窓から、やんちゃな一休さんがでてきそうでしょ。

こういう窓(花灯窓)は奈良にはあまりありません。

(東大寺の戒壇堂にあります)。



2010年10月31日_DSC_0154
御座所



↑こういう金飾りも、京都らしいね。

室町以降の建物ですね。

京都の人は、古い古いと自慢げだけど、

奈良はもっと古いのよ~。

奈良の人はもっと自慢しなさぁい!




2010年10月31日_DSC_0145
本坊



本坊の玄関!?

なんだろと思って行くと、アート展をやっていました。

それで、マムは敢て辛口になるんだけど、昨今のお寺さんの

アートやら、音楽やらへの融合が嫌いなんですよ。


これってね、物凄い目利きのブレーンが必要なわけで、

そんな目利きのブレーンって、そうそういませんもの。

半端なアートをお寺にいれるのは嫌ですねえ。



薬師寺さんの講堂に仏足石と同列で米米CLUBの石井竜也氏の
オブジェが展示されていた時は怒りを覚えてしまったマムです。
現在は展示されていませんが、マムは今も怒っています。








2010年10月31日_DSC_0140
手水舎




2010年10月31日_DSC_0138
テンプルカーテン




まあ、とにかく雨がよくふること。。。



2010年10月31日_DSC_0133
泉涌寺 仏殿



ブツブツ、てくてくと月輪山の御寺を

あとに、、、稲荷神社に行くつもりだったけど

この雨で気持がなえて、さあ、もうひと寺

まいりましょう か!



2010年10月31日_DSC_0180
つづく
関連記事
スポンサーサイト

Comment

2010.11.12 Fri 21:29  |  Re:曇りのち雨の見仏記6 京都泉涌寺 楊貴妃観音さん(11/12)

ほんと力作だけに脱力感は大変なもんだったのでしょうね^^;

泉涌寺は前に三条から1時間歩いて行きました。今熊野観音さんも行きましたか?
ちょうど、紅葉の時期は奥の別料金も感じないくらい良かったですよ♪
そこから東福寺まで1時間弱歩かれたのかな。
後半を楽しみにしています^^v

2010.11.12 Fri 21:38  |  お疲れ様でした。

3時間!?再構築、頑張りましたね。
泉湧寺って、友人(ダンナの元助手さん)のご実家がある所です。
お宅に泊まると、お寺さん夜散歩がもれなく付いてくる!
私はお招きを丁重に辞退したのでした。(笑
行くなら昼間だわ。よっく判りましたー。

  • #79D/WHSg
  • カプメイ
  • URL
  • Edit

2010.11.12 Fri 22:23  |  Re[1]:曇りのち雨の見仏記6 京都泉涌寺 楊貴妃観音さん(11/12)

hide8351さん
>ほんと力作だけに脱力感は大変なもんだったのでしょうね^^;

あのね、ホントにショックでした。
そいでね、再構築してやっとアップって段階になったら字数オーバー!
それから減らすのがたいへんだったの。
苦笑

>泉涌寺は前に三条から1時間歩いて行きました。今熊野観音さんも行きましたか?

じかんが随分あまったんだけど、雨でしょ。
もうやる気がおきなくて。
>ちょうど、紅葉の時期は奥の別料金も感じないくらい良かったですよ♪
>そこから東福寺まで1時間弱歩かれたのかな。
>後半を楽しみにしています^^v

雨だから逆に混んでなくって、ほっとした次第です。

2010.11.12 Fri 22:25  |  Re:お疲れ様でした。(11/12)

カプメイさん
>3時間!?再構築、頑張りましたね。

実はマムの見仏ものは凄い時間かけてるのよん。

>泉湧寺って、友人(ダンナの元助手さん)のご実家がある所です。
>お宅に泊まると、お寺さん夜散歩がもれなく付いてくる!
>私はお招きを丁重に辞退したのでした。(笑
>行くなら昼間だわ。よっく判りましたー。

えっ!
ご実家。それともこの近辺生まれ?
あ~、私もお寺に生まれたかったなあ。

2010.11.12 Fri 23:07  |  友人の実家

京都の人で泉涌寺の近所にご実家があるの。
ご両親が古い大きな家を買って、趣味で修理してお住まいらしいです。
お寺さんじゃないの。残念でした。

  • #79D/WHSg
  • カプメイ
  • URL
  • Edit

2010.11.12 Fri 23:25  |  Re:友人の実家(11/12)

カプメイさん
>京都の人で泉涌寺の近所にご実家があるの。
>ご両親が古い大きな家を買って、趣味で修理してお住まいらしいです。
>お寺さんじゃないの。残念でした。

おっ!
打てば響くような御返事。
ありがとう。
そっか寺の息子じゃないんだあ。
寺の息子と結婚したいんですけどぉ。

2010.11.12 Fri 23:30  |  寺の息子

言い寄られたことと、付き合ってたことがあるけど、
どっちも生臭じゃった。
憧れているうちが花だと思いまふ。

  • #79D/WHSg
  • カプメイ
  • URL
  • Edit

2010.11.12 Fri 23:34  |  Re:曇りのち雨の見仏記6 京都泉涌寺 楊貴妃観音さん(11/12)

昔のお寺は、キュレーターとしての役割とか
あったから、素晴らしい仏師の作品とか
集めてすごかったけれど…
今は、そういう意味で目利きのあるお寺って
少ないですよねー。

今から何百年もたった後
今私たちが生きている時代の作品で
すばらしい仏像だと後世に言われる様なものって
なさそうな気が…。

2010.11.12 Fri 23:36  |  Re:寺の息子(11/12)

カプメイさん
>言い寄られたことと、付き合ってたことがあるけど、
>どっちも生臭じゃった。
>憧れているうちが花だと思いまふ。

おっと!
またもや打てば響くような応答。
お互いに暇ねえ 笑。

カプちゃんったらすごい。
カプちゃんさあ、美人だからもてたでしょ。

だってさ、お寺のおくさんだったら、毎日着物も着れるかなあなんて思うの。
ガハハハハ

2010.11.12 Fri 23:37  |  Re:曇りのち雨の見仏記6 京都泉涌寺 楊貴妃観音さん(11/12)

こんばんは。
名前の通り素晴らしく美人な観音さまですね。
次回(いつになるか?)、私も行ってみたいです。
29日の午後は法然上人お出ましの黒谷さんへ行ってきました。

2010.11.13 Sat 00:09  |  Re[1]:曇りのち雨の見仏記6 京都泉涌寺 楊貴妃観音さん(11/12)

たびささん
>昔のお寺は、キュレーターとしての役割とか
>あったから、素晴らしい仏師の作品とか
>集めてすごかったけれど…
>今は、そういう意味で目利きのあるお寺って
>少ないですよねー。

>今から何百年もたった後
>今私たちが生きている時代の作品で
>すばらしい仏像だと後世に言われる様なものって
>なさそうな気が…。

これはねえ、本当に問題なんですよ。
いらんことしてくれるなって思いますもの。

あと、融合と迎合を履き違えているんだよなあ・・・。

2010.11.13 Sat 00:11  |  Re[1]:曇りのち雨の見仏記6 京都泉涌寺 楊貴妃観音さん(11/12)

レオ0503さん
>こんばんは。
>名前の通り素晴らしく美人な観音さまですね。
>次回(いつになるか?)、私も行ってみたいです。
>29日の午後は法然上人お出ましの黒谷さんへ行ってきました。

お~、黒谷さんですか!
今、JRのそうだ京都にいこうで盛んにコマーシャルしていますものね。

2010.11.13 Sat 06:03  |  Re:曇りのち雨の見仏記6 京都泉涌寺 楊貴妃観音さん

マムさん、前回はありがとうございます~
母、頑張ります!
美しい仏像さんですね。小林幸子ばりの王冠もゴージャスで美しいです。
そういえば奈良は自慢しないですね~
京都の方は奈良にライバル心をお持ちな所がありますが 奈良はそんなことないんです。
なんででしょう?
職場にも京都の呉服やさんの出の人がいましたが、京都の自慢をやたらする人で…
きっと京都の人は京都が大好きなんです。
奈良の人間は奈良の良さに気づいていないというのが理由の一つかな~と思います。私もそうだっから~離れて初めて
『京都より歴史古いんやで~すごいとこやったんや』と気づきました。
お寺の最近の新しいイベントみたいなのには私もウンザリしています。 愛する薬師寺さん、どうしちゃったんでしょう(泣)徳永さんまではなんとか我慢できましたが、AKB???ええ加減にして~と思いました。
日光月光さんが薬の壷落としはりますよ~

  • #79D/WHSg
  • あおによし
  • URL
  • Edit

2010.11.13 Sat 06:43  |  Re:曇りのち雨の見仏記6 京都泉涌寺 楊貴妃観音さん(11/12)

 再度構成されて…読み応えありますね…美しい仏様…好いですね♪

 建物の歴史的観点からの考察…勉強になります♪

2010.11.13 Sat 15:08  |  Re:曇りのち雨の見仏記6 京都泉涌寺 楊貴妃観音さん(11/12)

御苦労さまでした。
これだけのものを削除してしまったらそれはショックだったでしょうね。

にゅうせんじとよむんですか?
わからなくて調べてみました。

奈良と建物が違うといわれて気が付きました。
面白いです。
マムさんのお説どおり奈良の人はもっと奈良をじまんしていいですよ。

次回を楽しみにしています。

  • #79D/WHSg
  • 象のしっぽ
  • URL
  • Edit

2010.11.13 Sat 16:34  |  Re[1]:曇りのち雨の見仏記6 京都泉涌寺 楊貴妃観音さん(11/12)

あおによしさん
>マムさん、前回はありがとうございます~
>母、頑張ります!
>美しい仏像さんですね。小林幸子ばりの王冠もゴージャスで美しいです。
>そういえば奈良は自慢しないですね~
>京都の方は奈良にライバル心をお持ちな所がありますが 奈良はそんなことないんです。
>なんででしょう?
>職場にも京都の呉服やさんの出の人がいましたが、京都の自慢をやたらする人で…
>きっと京都の人は京都が大好きなんです。
>奈良の人間は奈良の良さに気づいていないというのが理由の一つかな~と思います。私もそうだっから~離れて初めて
>『京都より歴史古いんやで~すごいとこやったんや』と気づきました。
>お寺の最近の新しいイベントみたいなのには私もウンザリしています。 愛する薬師寺さん、どうしちゃったんでしょう(泣)徳永さんまではなんとか我慢できましたが、AKB???ええ加減にして~と思いました。
>日光月光さんが薬の壷落としはりますよ~

小林幸子ばりにゴージャスでしょ 笑。
ここは楊貴妃観音より仏殿の三尊が秀でていました。三尊はとても安定感のあるいいお仏像さんでした。

京都は建物とか御庭や襖絵やら天井絵に心血をそそいでいて
、いいお仏像が少ないんですよ。
ヴィジュアル的なものに力を入れて、心の部分(お仏像)を二の次にしちゃっているようなことね。だからマムはそれほど燃えないの。

奈良人よ!
もう少し威張っちゃえ。

芸能人をいれちゃいけないとは言わないけど、やっぱり節度をもって欲しいですよね。
こういっちゃあなんですけど・・・センスないんですよ。
きゃっ。

2010.11.13 Sat 16:40  |  Re[1]:曇りのち雨の見仏記6 京都泉涌寺 楊貴妃観音さん(11/12)

ひでわくさんさん
> 再度構成されて…読み応えありますね…美しい仏様…好いですね♪

再アップも大変でした。
完成したと思ってアップしたら、切断で、なんとエラーになりまたも消えたんですよ。
それでやっとまたできてアップしたら、今度は900字文字オーバーで不可。
大変でした。

> 建物の歴史的観点からの考察…勉強になります♪

そう言っていただけると嬉しいです。
ありがとうございます。

2010.11.13 Sat 17:02  |  Re[1]:曇りのち雨の見仏記6 京都泉涌寺 楊貴妃観音さん(11/12)

象のしっぽさん
>御苦労さまでした。
>これだけのものを削除してしまったらそれはショックだったでしょうね。
@
うん。
具合悪くなっちゃった。

>せんにゅうじとよむんですか?
>わからなくて調べてみました。

そうなの。せんにゅうじ。
ルビをふりたかったんだけど、字数オーバーで字数を減らしたの。それでルビをはずしたんです。
>奈良と建物が違うといわれて気が付きました。
>面白いです。
>マムさんのお説どおり奈良の人はもっと奈良をじまんしていいですよ。

>次回を楽しみにしています。

そう言ってもらうとやる気が出てきました。
単純でしょ。笑

2010.11.13 Sat 23:05  |  さすがの力作!

再構築おつかれさまでした。今回も堪能させていただきました。泉涌寺の観音さんはお座りだったと初めて知りました。キラッキラなイメージの上半身とくらべたらプシュ~と空気が抜けたような印象の下半身の落差を見ると、なるほどバストアップの写真が多いわけだと納得。
おっしゃる通り台座がステキなのに下半身のせいで割りをくったようで‥これはいずれ実物を見にいかねばなるまい!

  • #79D/WHSg
  • ちゃか
  • URL
  • Edit

2010.11.14 Sun 00:37  |  Re:さすがの力作!(11/12)

ちゃかさん
>再構築おつかれさまでした。今回も堪能させていただきました。泉涌寺の観音さんはお座りだったと初めて知りました。キラッキラなイメージの上半身とくらべたらプシュ~と空気が抜けたような印象の下半身の落差を見ると、なるほどバストアップの写真が多いわけだと納得。
>おっしゃる通り台座がステキなのに下半身のせいで割りをくったようで‥これはいずれ実物を見にいかねばなるまい!

ね、下半身がうすいでしょ。
台座に関しては失敗しました。
まったく頭に入っていないんです。

駅から近いので、又来ようっとと、気軽に考えています。

2011.04.19 Tue 10:09  |  はじめまして

明々後日に東福寺と醍醐寺の間で泉涌寺へ行きますが、詳細レポートほんまに参考になります。楊貴妃観音像、エキゾチックジャピャ~ンですね。斑鳩中宮寺の半跏像級のインパクトがあります。御座所庭園と海会堂をポイントにしてましたが、観音堂もしっかり拝んでこようっと。

2011.04.19 Tue 19:12  |  Re:はじめまして(11/12)

h1623mさん
>明々後日に東福寺と醍醐寺の間で泉涌寺へ行きますが、詳細レポートほんまに参考になります。楊貴妃観音像、エキゾチックジャピャ~ンですね。斑鳩中宮寺の半跏像級のインパクトがあります。御座所庭園と海会堂をポイントにしてましたが、観音堂もしっかり拝んでこようっと。

こんばんは。
参考にしていただいて光栄です。
ありがとうございます。
見仏が趣味のマムです。
またおこしくださいね。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://pocomom12.blog.fc2.com/tb.php/989-7d397930
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday