カバ屋印 マムの素 

 
05
 
ブリューゲルのバベルの塔を見に行った。

どこへ?

上野の都美術館。

で?

小さかった。
以上


は~
なんですか。
その感想。

いやいや、本当です。
呟いている人、他にもいたよ。

イメージとしては
凄く大きいキャンバスに描かれていると思うでしょ。

ところが
大判のカレンダーを一回り大きくしたくらいかな。
30号から40号とか。


して、
なんと。。。


誘導のロープが張られていて
立ち止まって観ることができない。
そのうえ
距離が70センチほどある。

だから
細密な描写を堪能することがまったくできないという
悲しさ。


マム号は5回も並びなおして
観たのだけど
見えないものは見えない。


40年以上前に来日した
モナリザのような
30年以上前に中国からやってきた
パンダのときのような・・・・・・。

モナリザが日本に来た
といっても知らない人のほうが多いのだが、
来たのだ。
東博に。

その時は
階段のようなスロープのようなところの
頂点にモナリザさんがいて歩きながらのぼり
そして下りたのだった。

勿論その人の出はバベルの10倍20倍。

ただ「行った」だけであった。


では
パンダは?
やはりすごい人で「立ち止まらないでください」と
言われ子供を連れて歩いただけ。
パンダは身体から湯気をたてて寝ていたのだった。



それにくらべるとバベル展は
大人と赤子くらいの差があるのだけど

あの絵は
緻密な描写の塊なのだから
遠くからみて全体像を観て感激し
近くによって
その緻密描写に打ち震え
また
遠くにいって感動する。

という見方が本来の見方なのではと
ポコマムは思っている。。。


「ためつすがめつ」と眺める!



それが叶わなかったので、
これを↓ためつすがめつ観てきたのだった、トカ。







バベルの塔展 グッズ IMG_0904



                       ic_fi16興味がある方は白マムをご覧くださいic_fi16



関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://pocomom12.blog.fc2.com/tb.php/2282-2de877b1
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday