カバ屋印 マムの素 

 
15
 
02saiyuki2345678321111111.jpg


尾道をブラポコマムをしてみたら
なんと楽しい町でしょう。

久し振りに
胸の振り子がブンブン揺れました。

戦前戦後の建物が
あちらこちらで顔をみせています。


尾道 純喫茶ポエム2015年04月12日_P4120315


この純喫茶ポエムは現役です。
嬉しくなっちゃいます。

純喫茶とはアルコールを出さない喫茶のこと
だそうです。
じゃあ、
アルコールを出す喫茶は、
不純喫茶。
などと
馬鹿なことを考えるマムです。


尾道 純喫茶ポエム2015年04月12日_P4120316


尾道は廃屋だらけです。
アーケード街はクローズしたお店が
ここかしこ。

その中にポツリポツリとおしゃれな店が
顔をのぞかせます。


廃屋が若い人の手によって再生されるのは
とても好ましいことです。
町おこし大賛成です。
でも
尾道らしさは残して欲しい。




私の生活圏である吉祥寺が
ありふれた個性のない街になり
渋谷に行こうが原宿に行こうが代官山に行こうが
どこもかしこも
同じ面構えになって
売っている品物迄一緒になってしまった。

それが現代の街です。

これは
極論なのですが、
街や
ショップや
商品セレクトの
デザイナーさんたちが個性があるようで
結局が没個性のあかしなんじゃないかなあと
思っています。

画一的というのかな。

斬新なようで、意外とわかりやすい、トカ。

機能美を追求した結果が
みんな同じとか
ただきれいとか
ただおしゃれとか
ただカワユイ、トカ。



巷には
たくさんのプランナーさんがいるでしょ。
でも
本当は、勉強してデザイナーさんになった人より、
個々の店主の方が
強烈な個性をもっていたり
破壊力を持っていたりするんじゃないかなあと、
尾道をブラマム号して思った次第。

そうだよなあ。
40年前の吉祥寺は目抜き通りに
卵だけしか売っていない卵屋さんがあって
そこに着物に割烹着を着た怖い婆さんがいたり、
三菱銀行の脇には土方相手の一膳飯屋があったり、
靴を一足一足、手作りで売っているおじさんが
いたり、
くら~い顔をして黙って珈琲を飲んでいないと
顰蹙をかう名曲喫茶があったり、
物凄い態度の悪い娘がいるトンカツ屋があって
ちゃんと成り立っていたんだけどね。
強烈な個性の空間がいっぱいあったんだよ。


若者より、おじさんやじいさんばあさんのほうが
個性的で創造的だったんだけどね。

デザイナーというか
プランナーというか
スタイリストというか
そういう
横文字の人たちが
幅をきかせだすと町がつまんない
空間になっちゃうんだよなあ・・・・・・。


センスがいいって
どういうことなんだろう。
そう思うマム号です。


トカ。

この考え方ってもしかして都築響一さんっぽいかな。




尾道アーケード商店街11149352_823106707782021_2108150740435432225_n




尾道商業会議所2015年04月11日_P4110155





尾道商業会議所2015年04月11日_P4110156




関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://pocomom12.blog.fc2.com/tb.php/2089-a4fecf0a
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday