カバ屋印 マムの素 

 
01
 
栄山寺 八角円堂2013年04月28日_DSC_0069
                                      栄山寺 八角円堂



お寺巡りをはじめて10年になると
事前に調べている段階で
だいたいのお寺さんの予測がつきます。

しっか~し
これほど、期待を裏切ったお寺さんはありません。

ものすごくいいという意味でね。

まず風景がいいの。

目の前は吉野川の深緑。
見はらせば、山藤紫煙る。
歌うかのようなウグイスの鳴き声。


吉野川 2013年04月28日_DSC_0098



栄山寺2013年04月28日_DSC_0021


京都から2時間近くかけて五条につき、
そこからタクシー。
といっても乗車時間は5分ほど。

駅からたった5分というのに
人っ子ひとりいない風光は明媚だけど
鄙なるところに栄山寺はありました。

雨なんかふりそぼって寒かったならば
心細かったろうなあと思います。
が、
降ってないもん。


最高の天気。



栄山寺 入り口2013年04月28日_DSC_0020



山門もなにもない。

吉野川に沿うように東西に長細い境内にあるお堂は
3堂宇。
そのお堂のそれぞれに1級のお仏像様が
祀られています。

緑が鮮やかで、気持のいい風が吹いています。



栄山寺 塔之堂(大日堂) 2013年04月28日_DSC_0032
                                              塔之堂



塔之堂には
観音様なのだけど、華奢でか細い
天女のような立像が結縁の3本の紅白の紐を
御手にお持ちになっておいでです。

その紐2本は
両隣の
青不動尊と弘法大師につながり
もう1本は
お堂の鉦をつく紐につながっています。


2013年04月28日_DSC_0037


観音さまというのは
どんなに美しくとも
どんなに慈悲深い御様子だとしても
強さというものがおありなのに
この観音様は先に天女とあらわしましたが
少女のような御様子です。


2013年04月28日_DSC_0088



光背はまるで飴細工のようです。


栄山寺 塔之堂2013年04月28日_DSC_0033



感心しながらも
ちゃっかり
鉦をならし結縁御利益を願い
ああだ
こうだ
あれやらこれやら
お願いをするマム号です。


2013年04月28日_DSC_0062



鎮守様の手前右にはお百度石です。
郊外にでるほどに
お百度石を見かけますが、
こわいです。
ここで夜更けにお百度を踏むのは。
御利益はありそうですが。


栄山寺 本堂2013年04月28日_DSC_0085
                                              本堂


本堂の前の石灯籠は
栄山寺式型石灯籠といわれる
貴重なものだそうです。

堂内には
御本尊の薬師如来さま
日光月光菩薩さま
十二神像と
よきお像が並んでおいでです。


2013年04月28日_DSC_0094

たっぷりとしたお姿。
手には薬壷をお持ちです。
切れ長な目は玉眼。
1431年の作で光背も当時のものだそうです。


境内の東には
知る人ぞ知る、
奈良時代、もとい天平の時から
変わらずに在る、

八角円堂が姿を見せています。

栄山寺 八角円堂2013年04月28日_DSC_0069
                                            八角円堂


気品にみちたこの堂宇は
法隆寺の夢殿と並ぶといわれています。

法隆寺の夢殿が閉鎖的な感じがするのに対して
この八角円堂はとても開放的な感じがします。

これはロケーションの違い
あるいは見せ方の違い
もあるのでしょうね。



2013年04月28日_DSC_0074



内陣の造りもいいでしょ!
往時は極彩色だったろうと思います。


ここには
南に阿弥陀如来像、その背後に半跏地蔵像、
東西ににお釈迦様と梵天様が祀られています。

阿弥陀さまの光背がレースのようなんです。

どの堂宇のお仏像の光背もとてもきれいに
残っており
よほど
大切に守られてきたことが推察されます。
光背は、もろいので破損、紛失が多く
後補のものが多いのです。

阿弥陀さまも素敵でしたが
その背後においでの
半跏(足を組んだ)のお地蔵さまが
清らか様子で
マムの印象に残っています。


栄山寺 八角円堂14
                           パンフレットより



ずっとずっと
ウグイスがないています。



栄山寺 寺務所2013年04月28日_DSC_0092



のっけから
「まいりました」
という感ありです。

ここは第一級のお寺さんです。



秋の公開にできればまたも
お邪魔したいと思っています。


2013年04月28日_DSC_0084




                *詳細・来歴・アクセス等は白マム印に記していますので
                 興味のある方はごらんください。

                *観音様のお写真、内陣のお写真は許可をとって
                 撮影したものです。転載禁止。



en14月28日29日見仏足取りen1

4月27日午後11時30分新宿・高速バス→28日午前6時40分京都着→
五條(五条)栄山寺→京都金戒光明寺(黒谷さん)→京都武徳殿にて合気道
→奈良泊
29日東大寺→興福寺、南円堂・北円堂→生駒山、宝山寺(生駒聖天)→
往馬神社(生駒神社)→京都、西本願寺→午後5時56分新幹線
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://pocomom12.blog.fc2.com/tb.php/1706-5a9b261a
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday