カバ屋印 マムの素 

 
20
 
ビエネッタ2013年04月20日_P4200376
店先のバラの鉢に植えたクレマチスのビエネッタがきれいに咲いています



マム号が雑誌の掲載、グルメガイド等を
信用していないのは2つの自分自身の
体験からきています。

ひとつは、
以前は取材をよく受けていたのですが、
そのたびにがっかりすることがありました。
それは、
取材をするレポーターさんが
パン屋の取材をしているのにも関らず
パンの基礎知識がまったくないことでした。
取材されるマムが、一からパンのことを
教えながら、インタビューに答えないといけなかった。
これは、1,2度ならば「アラアラ、駆けだしさんかしら」
と、御愛嬌ですむのですが、
毎回となると、憂鬱になります。
そして
記事の信憑性さえ疑ってしまいます。

さてふたつめ。
これはマムにとっては非常にショックなことでした。

とても高等な(変な表現ね 笑)食品の講習会でのことです。
その日が
マム号は楽しみで仕方がありませんでした。
というのは
その日のテーマはパンの講習だったのです。
講師は某ホテルの副支配人だったかたです。
期待は膨らみます。

6,7種類のパンがでました。
いえ、もしかしたらもっと多かったかもしれません。

講師の方は登壇されると仰いました。
「今、日本で一番おいしいパン屋の***から
パンを持ってまいりましたから
皆さん試食をしてください」と。
そのパン屋は実際とても有名なパン屋でした。

マムの胸はパンパン、振り子はブンブンゆれます。

クルミパン
サワーブレッド
ブドウパン
などなど。

ところが食べ進むうちに
胸がどんどんつぶれていきました。

出された7種類のパンの生地がすべて
同じだったのです。

気持がふさいでいるのに
食品関係のプロ10人ほどが集まった
教室は「美味しい」という声が
あちらこちらから聞こえてきます。

大学の栄養科の先生は足を踏み鳴らしながら
「おいし~」というし、
デパートの食品売り場から派遣された
ベテランさんやホテルの食品課の人も
美味しいと舌をならされる。

食べ物の研究家でもある彼らの一人も
生地がすべて一緒のマムのようなパン屋からしたら
物凄い手抜きのパンだということを見抜けなかったのです。

          パンは種類によって生地が違います。
          食パンなら食パンの生地
          くるみパンならクルミパンの生地
          ブドウパンならブドウパンの生地
          アンパン等の甘いパンなら甘い生地
          という具合に
          たくさんの生地をパン屋は作ります。
          しかし
          それは大変面倒なので、例えば
          食パンの生地にブドウをいれたりくるみをいれて
          手を抜くわけです。


ところが
ひとりだけマム以外に見抜いた人がいました。
この講習会でお友達になった、
「食べ物に目がない」女医さんです。
彼女は分厚い(3cmあるいはそれ以上ありました)
グルメ手帳をつけており、
「ここはおいしい」「ここはだめ」といつも
講義の合間に教えてくれました。

その彼女が
非常に不愉快な顔をしてマムに囁きました。
「あなた、これどう思う?」
マムは率直に答えました。
「だめね。全部一緒」。

一人でもわかる人がいたこと。
それが、マムが信頼している人だったこと。
そして
食品関係の専門家ではなかったこと。

マムは落ち込んだけど
内心、ヤッホ~の気分でした。


なにがここで言いたかったかというと
ことほどさように
私たちは空気で物事を思いこんでしまう。
3つ星といわれれば
推敲することなくおいしいと思い、
雑誌にのれば
絶対的な信頼をよせてしまう。
そのことの
なんと危ういことか。

それで
前回アップした
「雑誌様様症候群」につながっていくわけです。






   
恨ミシュラン (上)       恨ミシュラン (下)


↑これが出たのはもう20年近く前になるのですね。
この西原とコウタリンの恨ミシュランは痛快でした。

但し西原の絵と字の汚さに閉口しましたが・・・。
キャッチコピーが
「死んだって二度と行かない!」
「とっくにつぶれるこんな店!」
ですからねえ・・・。 笑

関連記事
スポンサーサイト

Comment

2013.04.20 Sat 21:15  |  

アタクシは舌に正直なので、momさまのとこに通い続けてるざます。
本とか噂とか、一応見たり聞いたりするけれど、
ありり?ってこと多いですわ。

  • #-
  • カプメイ
  • URL

2013.04.21 Sun 21:52  |  カプちゃん

ありがとうございます。
そう言ってくださると嬉しいですよ。
もう長いですものねえ。
かんがえようによっちゃあ、醍醐味からですもんねえ・・・。

本とかマスコミ関係はやはり利潤追求とか利害関係が
あるから難しいですねえ。

  • #Ic.ZkQK6
  • mom
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://pocomom12.blog.fc2.com/tb.php/1695-f533b389
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday