カバ屋印 マムの素 

 
03
 
兜跋毘沙門天2013年03月03日_DSC_0011
                                  東大寺中門 兜跋毘沙門天

24時間前の2日23時30分
新宿発の夜行バスに乗ったマム号。

熟睡です。 笑

夜行バスで熟睡する女は
マム号とマム友のどすこいおスミと
マム友の朋ちゃんくらいでしょう。

女もこうなったらおしまいです。


今回の奈良行きの目的は
薬師寺の東塔西塔の初層の同時公開です。
が、
マム号的にはトップの画像が撮れたことと
あらたに贔屓さんに会えたことが
このうえない幸せでした。




2013年03月03日_DSC_0079 薬師寺2013年03月03日_DSC_0116
薬師寺休岡八幡神社2013年03月03日_DSC_0144 唐招提寺戒壇堂



さてさて上記の4枚の画像は
どこだかわかりますか?
すべて超有名です。

フォト蔵に入って見ないようにね!
そんなことしたらドビシ(←たびささんの言いまわし借用 笑)。



               551 蓬莱2013年03月03日_DSC_0198

                                 ↑帰りの新幹線で食べたもの
                                  551の肉まんと餃子
                                  おにぎり2個
                                  ビール
                                  画像にはないけどチーズ竹輪

                                  食べすぎと
                                  どすこいおスミから顰蹙をかいました。
                                       笑



                         う~ん
                         新幹線の中でひとり
                         缶ビール飲むっちゅうのも
                         女にあるまじきですな!
                           大笑



en13月3日 桃の節句の見仏記足取りen1

夜行バスに乗って東大寺のご贔屓さん1東大寺のご贔屓さん2
興福寺のご朱印帳薬師寺東西両塔公開緑かんばし唐招提寺ちょっと骨董屋


この項に関しての詳細は「白マム印」の下記をご覧ください。
<2013年3月3日見仏紀行>
(東大寺 中門の兜跋毘沙門天 二月堂の贔屓二月堂のもう一つの石段
手向山八幡宮の向かい鳩)→ (興福寺 石灯籠ご朱印帳門帳)→
(薬師寺 東西両塔初層特別公開小休止休ヶ岡八幡宮・孫太郎稲荷大明神)→
唐招提寺)→(京都三条・てっさい堂


関連記事
スポンサーサイト

Comment

2013.03.04 Mon 22:40  |  

わたしもけっこう一人で飲みますよ。
夜行バスの中とか新幹線でも飲んだことあります。(^0^ゞ
お仲間ですね。ぷぷぷ。

  • #-
  • momo
  • URL

2013.03.05 Tue 08:54  |  momoさ~ん

お仲間ちゃん
これはですね~、自慢げに言ってよいのやら
悩むところです。

  • #Ic.ZkQK6
  • ポコmom
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://pocomom12.blog.fc2.com/tb.php/1655-fc658c42
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday