カバ屋印 マムの素 

 
23
 
今津港2013年01月13日_DSC_0158 琵琶湖汽船2013年01月13日_DSC_0160
竹生島2013年01月13日_DSC_0166 竹生島2013年01月13日_DSC_0172

ワ~イワ~イ
竹生島上陸だあ!

用もそこそこ電車に飛び乗り(笑)
今津港から琵琶湖汽船に乗船してやってきたのは
琵琶湖にぷかり浮かぶ周囲2キロの神仏の島です。


急斜面には宝厳寺本堂(弁天堂)や
西国三十三ヵ所観音霊場の三十番札所の観音堂、
竹生島神社(都久夫須麻神社)に
小さなお社や宝物館が建っています。



竹生島宝厳寺2013年01月13日_DSC_0192

あちらに行こうとすれば石段。
こちらに行こうとすればまた石段。
と、
165段の石段があり、「祈りの階段」と
よばれています。

急な階段ですが恐れずにあらず。
同じ滋賀の長命寺の808段に比べれば、ああた!


宝厳寺2013年01月13日_DSC_0200
                                         宝厳寺 本堂


本堂の、御本尊の弁天様は60年に1度のご開扉です。
そのかわりといっては失礼ですが
本堂の両角には
宇賀神と鳥居を頭にいただき手を八つおもちの
弁才天さんが2坐ひかえておいでです。


宝厳寺弁才天2013年01月13日_DSC_0207


宝厳寺弁才天2013年01月13日_DSC_0204

どちらも500年以上前に造作されたお仏像様です。
とっても無造作におかれているように見受けられて
心配になってしまう。
でも
そのおかげで写真撮影も可能なのですが。

頭上の翁顔の宇賀神さんは、井の頭弁財天で
ご紹介した宇賀神さんです。



宝厳寺手水舎蛙股2013年01月13日_DSC_0190

本堂前の手水舎の蛙股は「巳」。
蛙さん、気の毒なぞと思ってみていると
嬉しいことに
「井の頭 黒門」の納札(おさめふだ)。

井の頭黒門といえばあの宇賀神さんが
おいでのあたりです。
ウキウキしちゃいます。

この歳になって年中喜々としている
マム号は幸せ者・・・に違いない・・・かな。



竹生島宝厳寺観音堂 唐門(国宝)2013年01月13日_DSC_0227
                             竹生島宝厳寺観音堂 唐門(国宝)


↑このアングル、とても有名です。
カメラを持っている人は必ずや撮る位置です。
屋根のラインがきれいにでますもの!

この唐門は
もとをただせば大坂城から豊国神社に移築されたもので、
豊臣秀吉の遺構です。

だから、意匠は細部にいたるまで装飾装飾装飾。



竹生島宝厳寺観音堂 蛙股2013年01月13日_DSC_0240

舟廊下を渡って国宝の竹生島神社(都久夫須麻神社)
へまいります。

まあ!
珍しいご神紋。
マム号。
このご神紋に気をとられっぱなしです。


竹生島神社神紋2013年01月13日_DSC_02481


このご神紋、教えたくないけど教えましょう。

入れ違い雨龍宝珠

イレチガイアマリュウホウジュ と読みます。

雨龍(龍になる前、あるいは水神)が宝珠を囲んで
いるところです。

またもウキウキ。

で、歩いていると



竹生島宝厳寺 白巳大神2013年01月13日_DSC_0252
                           白巳大神


よくできた一木造りの巳神様。
爬虫類嫌いのマム号もこれには感心です。
さすが弁天様の島です。


ウキウキ号のマムですが
本当に欣喜雀躍したのは宝物館に置かれた
木造の神獣「贔屓」さんです。
とってもいいものですが、
お気の毒に係員のかたは、
この贔屓さんのことをなにもご存知なくて
玄武か亀か、龍と亀の間に出来た子などと
仰ってマム号を悲しませます。

マム号、ここはっ と、
贔屓さんの説明をするしまつです。


だって教えておかないと
かわいそうでしょ。
こんな立派な「贔屓」さんが。


ってことで贔屓さんをご覧になりたい方は
ここをクリック
してくださいな。


この竹生島は琵琶湖汽船が連絡船を運航しています。
往復2520円。
上陸時間は70分でお迎えの船がまいります。

船は、今津港に京都行き快速にちょうど連絡するように
運行しています。

さあて京都にむかいますよ~。




                           お次は知恩院三門の楼上内部にはいります。


en1参考en1

私が利用した連絡船運航スケジュール
10:10今津港発→10:35竹生島着 70分間上陸 11:45竹生島発→12:10今津港着
   12時10分に今津につくと12時26分の湖西線京都行きに乗る事が可能です。
   13時32分には京都に着きます。

<2013年1月13日旅取り>
滋賀/三尾神社→三井寺→竹生島宝厳寺→京都/知恩院→八坂神社→奈良/興福寺
<1月14日旅取り>
奈良/東大寺→京都/東寺


竹生島の詳細や琵琶湖汽船に関してははこちらにアップしていますので
ご覧ください。

竹生島 宝厳寺  
竹生島 国宝唐門
竹生島 都久夫須麻神社のご神紋 入れ違い雨龍宝珠
竹生島 神獣贔屓 

滋賀 長命寺      

        

en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ

      
関連記事
スポンサーサイト

Comment

2013.01.24 Thu 19:30  |  

おつかれさまです(^0^ゞ
フェリーは空いてましたか?
私が訪れた時は気候がよくてコミコミでした。^^;

階段、多いですね。
カワウの糞害は大丈夫でしたか?

  • #-
  • momo
  • URL

2013.01.25 Fri 08:40  |  momoさ~ん

正月明けだし曇天だったから、10人乗ってなかったかも。
寒いかなあと思ったけど船内はポカポカだし
島も風がなくて寒くなかったです。まさか翌日東京がどか雪とは!

鳥は全然いなかったんですよ。
季節のせいかなあ。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://pocomom12.blog.fc2.com/tb.php/1619-5a4cfb42
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday