カバ屋印 マムの素 

 
01
 
8月13日6:10京都駅→7:00京都タワー銭湯→8:40北大路駅もくもく号出発→10:00志明院
     →12:00上賀茂神社 →13:10大徳寺(瑞峯院)(大仙院)(龍源院)→15:40宇治上神社
8月14日11:00奈良十輪院→12:30仏教美術資料センター→13:40東大寺

<こんな安っぽい露地を作るぐらいなら・・・>


瑞峯院2012年08月13日_DSC_0184
方丈南庭の「独坐庭」

瑞峯院は重森三玲の作庭でしられています。
かくいうマムも炎天下にわざわざ
大徳寺に寄ったのはこの三玲見たさです。

方丈南庭の独坐庭は大海原と入江をあらわしており
広縁で独り坐して眺むるにはもってこいのお庭です。

があ、
そんな暇はないし、実はねひとり学生さんが
迷走瞑想状態を堅固。
みんな写真撮れなくて困ったりして・・・。


さて、
問題は
方丈北の「閑眠庭」です。
別名 「十字架の庭」。

ここはキリシタン大名で有名な大友宗麟の
菩提寺です。
三玲はそのことをおもんばかり
この庭を造ったといいます。

前前から
案内本の
あの写真この写真やら
ひっくり返したり
斜めに見ても
十字架がわからないマム号。

もう、こりゃあ直に見らんとね!

で、
見ましたとも。


瑞峯院2012年08月13日_DSC_0186
方丈北庭の「閑眠庭」


わからん。


で、
線を描いてみた。
庭に!?
そんなバカな。

写真に。

瑞峯院閑眠庭 十字の謎

それで
東庭のキリシタン灯籠がコレね↓。
瑞峯院 キリシタン灯籠


あ~、ややこしや~。
あ、ややこしや。
でも、納得。

「東の壷庭」                       キリシタン灯籠↓
瑞峯院2012年08月13日_DSC_0189


マムとしては、この小さな「東の壷庭」が好みです。


それでもうひとつの問題は、
茶室「餘慶(じょけい)庵」の露地。


瑞峯院2012年08月13日_DSC_0177

瑞峯院2012年08月13日_DSC_0178


↑どうですか?
悪くないですよね。
それどころか、ステキ です。

でもひっかかったんです。
「普通に素敵だなあ」と。

つまり三玲らしくない!

それで、ネット検索し続けたら
三玲のお孫さんの千青さんのウエブに行きついて・・・。

千青さんったら
それはそれはご立腹。

それはそうでしょう。
三玲が作庭したこの庭は、
ものの見事に解体されてまったく違う
青々としたお庭になっちゃたのですから。

千青さんのウエブには当初の写真が掲載されていますが、
そのお庭は
草木1本も生えておらず
全面に隙間なく敷石が敷き詰められて手水があるのみの
前衛的な庭だったのです。

千青さん、曰く
「こんな安っぽい露地を作るぐらいなら、
何も作らなかった方が良かったのではないかと思う」

怒り推して知るべし。。。

lli01

さてさて三玲さんのお庭ですが
う~ん、私は三玲の作品は、この瑞峯院を含めて
4庭園のみしかこの目で見ていませんので
あまり偉そうなことはいえませんが、
三玲さんのお庭は
気負いがほとばしって独創的であろうとしすぎたような
気がするのですけど
皆さんはいかがですか?


龍源院をご案内いたします。

                               *重森千青氏のウエブはコチラです。
                               *瑞峯院の詳細、多数の写真は
                                「白マム印瑞峯院」をご覧ください。

en1  en1

なんの参考にはなりませんがっコーナー

<三玲の子供たちの名前>
 長男 完途(カント)
 二男 弘淹(コーエン)
 長女 由郷(ユーゴー)
 三男 埶氐(ゲーテ)
 四男 貝崙(バイロン)

意味なくついでに
<森鴎外の子供たちの名前>
 長男 於菟(オト)
 長女 茉莉(マリ)
 次女 杏奴(アンヌ)
 次男 不律(フリツ)
 三男 類(ルイ)

益々意味なくついでに
鴎外の実妹の喜美子の孫の一人が
 星新一


                                          ブログランキング・にほんブログ村へ
                                          にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://pocomom12.blog.fc2.com/tb.php/1484-cc1ea02a
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday