カバ屋印 マムの素 

 
11
 
2010年12月の話



2011年12月09 シュトーレン
シュトーレン



今年も名前も知らないお客様と昨夜お会いできました。



そのお客さまが店においでになったのは20年も前

になります。まだ若くてちょっと頼りげなさそうな

新婚さんでした。


「嫁にシュトーレンを買ってくるようにと頼まれました」と

2台購入してくださいました。

1台は自家用。もう1台は嫁が実家に持っていく・・・とのこと。


以来、毎年、この季節になるとお店においでになります。

若かった彼も今ではお父さん然として、管理職の風格さえ

漂わせた人となられました。


シュトーレンの季節になると、今か今かと待ちわびてドキドキします。


顔さえ覚えることができないのに今年もすぐにわかりました。

なんだかお互いに節度ある親しさがあって言葉はほとんど

交さないのにわかりあえているという感じが思いこみでしょうが

してしまいます。


今年こそ顔を覚えようと意気込んでいたのですが、

風邪をひかれたのでしょう。

大きなマスクが顔半分を覆っていました。





いつものように、静かに入ってこられて静かに帰られました。






マムの1年に1度の逢瀬です。



xms03_5


関連記事
スポンサーサイト

Comment

2011.12.11 Sun 11:23  |  Re:シュトーレン物語(12/11)

 一年に一度…このくらいの距離感が好いのかも…ポエムですね…今年も色々経験を重ねて無事に♪

2011.12.11 Sun 16:24  |  こんちゃ(^^)

すっごい素敵~♪
何か胸がキュンときますねぇ~(^^)


そうやって毎年来られるお客様がいるって。。。
お客様も幸せ♪
マムさんも幸せだよね(^^)

マムさんのお店素敵ですねぇ~♪

  • #79D/WHSg
  • ここのあたし♪
  • URL
  • Edit

2011.12.11 Sun 20:39  |  Re:シュトーレン物語(12/11)

ほんと素敵♪
20年も買い続けているお客様ってうれしいですね。^^
私だったらいろいろ話しかけて根掘り葉掘り聞いちゃそうちゃいそう。ハハ。

2011.12.11 Sun 21:05  |  Re[1]:シュトーレン物語(12/11)

ひでわくさんさん
> 一年に一度…このくらいの距離感が好いのかも…ポエムですね…今年も色々経験を重ねて無事に♪

ほんとポエムでしょ~♪
いつも待ち焦がれているのに、1年に1回だから顔が覚えられない!
でもすぐにわかるの。

2011.12.11 Sun 21:08  |  Re:こんちゃ(^^)(12/11)

ここのあたし♪さん
>すっごい素敵~♪
>何か胸がキュンときますねぇ~(^^)


>そうやって毎年来られるお客様がいるって。。。
>お客様も幸せ♪
>マムさんも幸せだよね(^^)

>マムさんのお店素敵ですねぇ~♪

お店もマムも全然素敵じゃないんだけど、これって
いいお話でしょ。
シュトーレンが出ると、いつもドキドキしているの。

あ~、今年も終わっちゃった。

2011.12.11 Sun 21:10  |  Re[1]:シュトーレン物語(12/11)

momo:さん
>ほんと素敵♪
>20年も買い続けているお客様ってうれしいですね。^^
>私だったらいろいろ話しかけて根掘り葉掘り聞いちゃそうちゃいそう。ハハ。


マムも本来は根掘り葉掘り聞くタイプなんだけど・・・。
なぜか聞けないのよね~。
いい子ぶって20年です。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://pocomom12.blog.fc2.com/tb.php/1238-2eae7958
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday