カバ屋印 マムの素 

 
23
 
8月14日


5月に訪れたばかりですが、寸暇を惜しんでの

行動開始。マム号、雨の中、山に入ります。




2011年08月14日_DSC_1072雷山観音大悲王院



雷山千如寺 大悲王院
lb_s04


住所:福岡県糸島市雷山626
アクセス:筑前前原駅南口 バス雷山観音行き
    終点下車徒歩5分
  糸島観光電話:092―322-2098






2011年08月14日_DSC_1015





2011年08月14日_DSC_1042
手水舎 天井






2011年08月14日_DSC_1037
樹齢400年 大楓







2011年08月14日_DSC_1039雷山千如寺大悲王院
樹齢600年 白檀




2011年08月14日_DSC_1043



大悲王院境内は緑がとても豊かです。その緑は山の緑を背景に

人間の手によって造作されものです。二重三重(フタエミエ)

の緑に雨が降りそぼる。俳句の心得があれば一句よむところです。



2011年08月14日_DSC_1033




2011年08月14日_DSC_1028
このような欄干の何気ない意匠が好ましい



地方の山奥でここまで整然と手入れされている

おおがかりな庭を持つお寺さんって珍しいです。



2011年08月14日_DSC_1035
開山堂




2011年08月14日_DSC_1052
護摩堂




この石段をあがりきった護摩堂には鎌倉時代に

造られた「雷山観音さん」と地元の人々に

親しまれている木造千手千眼観音さんがまつられて

います。



雷山観音 千手千眼観音立像
鎌倉期作 雷山観音 千手千眼観音立像


78288996_org_v1313431584111



観音様は5メートル近くおありで、その厨子の

扉は当然大きながっしりとしたお城の門のような

ものです。黒光したその門は5月に訪れたとき

同様、ギギーという重々しい音を立てながら

開け放たれます。その瞬間の心踊る私自身に

会いたくて、ここにやってきたといっても

過言ではありません。


実はこの扉が開けられつつあるとき、

マムは新美南吉の「手袋を買いに」の

ひとこまが唐突によぎるのです。


戸が一寸ほどゴロリとあいて、
光の帯が道の白い雪の上に長く伸びました。



この童話の一番好きな場面なんだけれど、

護摩堂の大戸から光の帯は出ません。

だけど

観音様の姿がス~とあらわれるとき

どうしてもこの光景がよぎります。

前回来た時も今回も。









手を合わせ見上げる観音様はとても大きくて

慈悲深いお顔で、身も心も委ねることが

できると思わせるにたるお像です。

悪路の山奥のお仏像さんは、こうでなくっちゃあ

いけません。



光背をよく見ると千手が彫られています。



ご住職が大きな太鼓を打ち鳴らしながらお経を

唱えられます。ドンドンドンと大きく打ったり

小さく打ったりと、演出効果が大きくて、

臨場感にあふれて「ありがたや」という気持が

増すこと増すこと。


密教的な雰囲気がかもしだすなんともいえない

妖しげな感じがぐっと心にせまります。


前回もそうですが、マムは二回も拝観させてもらい

ました。ご住職は1回の拝観が終わるごとに

厨子の扉をお閉めになります。人が集まると

また厨子をギギーと開けてくださる。


かなりの労力です。


普通は閉門まで厨子は開け放たれたままだと

思うのですが、ご住職はまめに開けたり

閉めたり太鼓ドンドン。


もしやご住職もギギーと厨子を開ける瞬間が

お好きなのでは? 同好の士かしらなんて

不埒なことを考えてしまいます。



ギーギーどんどん

ぎゃーてー ぎゃーてー はら ぎゃーてー

どんどんどんどん


やっぱり山寺の和尚さんはこうでなくっちゃ。


♪毬はつきたし毬はなし~♪


いいわあ、、、と、うっとりのマム

しばし姿をとどめん






2011年08月14日雷山千如寺大悲王院
聖天堂




2011年08月14日_DSC_1057
本堂より山門を見る




お盆ということで、五色幕がいたるところに

はられてきれいです。




2011年08月14日_DSC_1044





2011年08月14日_DSC_1064
香炉立ての足





2011年08月14日_DSC_1047



石塔がここかしこにたてられているのですが、



2011年08月14日_DSC_1048



その、足もとには、なぜか、こういうものを

置いちゃうんですよね。

見て見ぬふりをしたいのだけれど、

やはり一言。

どうしてもこういうものが置きたかったら

本坊なんかに置けばいいのにぃ。ブチブチ




2011年08月14日_DSC_1016
宝物殿



雨がどんどんひどくなって帰りのバスの時間が

せまり大急ぎバス停へ。


バス停近くの犬が雨の中平然と寝ているのに

感動して近づくと



2011年08月14日_DSC_1082



すごい威勢で吠えたてられて、、、

ほうほうの体で逃げちゃう

雷山観音見仏の最後でありました。










関連記事
スポンサーサイト

Comment

2011.08.24 Wed 00:12  |  Re:雷山千如寺 大悲王院   山寺はこうでなくっちゃあドンドンドン!(08/23)



戸が一寸ほどゴロリとあいて、光の帯が道の白い雪の上に長く伸びました。

マムは、観音様の後光がまばゆかったので、めんくらって、
間違って足をすきまからさしこんでしまいました。

「これにちょうどいい手袋をください。」

すると帽子屋さんは、おやおやと思いました。
手ではなくて足です。
これはきっとおっちょこちょいのマムさんが間違えたんだなと思って
その足にぴったりのタビスト(ほつれ毛玉付き)を出してくれました。

その日から、マムは
毎日タビストをはくことになったのでした。

めでたし、めでたし。

2011.08.24 Wed 00:44  |  こんばんわ^~。

こうゆう、マイナーなお寺は大好きです。
緑のウツクシイお寺さんですこと。

千手観音さんの光背は、ユニ-クですね。
♪ヤマデラノ
オショサンガ~~
思わず、うたってしまします。

  • #79D/WHSg
  • あるかり・とも
  • URL
  • Edit

2011.08.24 Wed 22:29  |  Re[1]:雷山千如寺 大悲王院   山寺はこうでなくっちゃあドンドンドン!(08/23)

たびささん
>戸が一寸ほどゴロリとあいて、光の帯が道の白い雪の上に長く伸びました。

>マムは、観音様の後光がまばゆかったので、めんくらって、
>間違って足をすきまからさしこんでしまいました。

>「これにちょうどいい手袋をください。」

>すると帽子屋さんは、おやおやと思いました。
>手ではなくて足です。
>これはきっとおっちょこちょいのマムさんが間違えたんだなと思って
>その足にぴったりのタビスト(ほつれ毛玉付き)を出してくれました。

>その日から、マムは
>毎日タビストをはくことになったのでした。

>めでたし、めでたし。

いいえ、おっちょこちょいではありません。

「おかあちゃん アンヨが冷たいよ」って
お母ちゃんに言ったら、お母ちゃんは言いました。
「マムちゃん、タビストを買っておいで」って。

だから本の少しの隙間に、かわゆいアンヨをいれたのでした。

タビストマム・・・これもいけてるわあ。

2011.08.24 Wed 22:31  |  Re:こんばんわ^~。(08/23)

あるかり・ともさん
>こうゆう、マイナーなお寺は大好きです。

あっ!
ここはね、山奥でアクセス悪い田舎のお寺さんなんだけど、
決してマイナーなお寺さんではないんですよ。
>緑のウツクシイお寺さんですこと。

秋は見事な紅葉です。

>千手観音さんの光背は、ユニ-クですね。
>♪ヤマデラノ
>オショサンガ~~
>思わず、うたってしまします。

それに関しては次に面白いことをのせました。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://pocomom12.blog.fc2.com/tb.php/1175-a0a40872
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday