カバ屋印 マムの素 

 
30
 
00004_201406301617407dc.jpg
                         東京国立博物館収蔵 鎌倉時代 愛染不動明王厨子




疲れているに違いありません。
仕入れ代を振り込んで・・・

小1時間経って気がつきました。



違う会社に振り込んでしまったことを。


胃がシクシク痛みます。



スポンサーサイト
 
29
 
パッションフルーツを愛でて
ふっと
足もとの鉢をみたら



4月に埋めた鬼胡桃が



鬼胡桃の芽2014年06月29日_P6291672



こんなに
すくすくと
育っていました。


幸せなこと。


 
25
 
パッションフルーツ2014年06月25日_P6251630



くるみは音無しの構えだけれども
パッションフルーツは受難を蹴散らし
情熱的にゴンゴン大きく育っています。

昨日は我住む市は凄いことになっていた
らしく、
携帯はなるわ
メールはくるわ
で大変でした。

といっても4件だけですが。



いわく
1メートルくらいヒョウが降ったって、
大丈夫?
いわく
床下浸水だって、
大丈夫?

え゛!?
知らなかった。

いうか、
イカちちゃんもアタクシも友人も
それは本当に我住む市の話しですかと
口あんぐり。
ってか
誰もそれがどこで起きたかわからない・・・。

ピンポイントの天変地異だった、、、
らしい。


レモン2014年06月25日_P6251631




イチジク2014年06月18日_P6181615



ベランダ苑では
パッションフルーツのみならず
レモンもイチジクも

すくすくと音をたてながら育っています。



                              しかし1メートルもひょうが積るって
                              いくらなんでも・・・ 苦笑


  ic_fi16     ic_fi16     ic_fi16


このブログアップ10分後
嫁子からメール。
添付写真あり。↓

000000003.jpg


ヒョウはお孫様んちにふりつむ

おしまいic_fi16

 
20
 

5月2日に
胡桃を植えた自分。




胡桃を植える2014年05月02日_P5020571





毎日毎日
気が気じゃない自分。



7週間経って




2014年06月17日_P6171608




なあも
変わってません。


がっかしな自分ここに在り。


 
18
 
パッションフルーツは
「情熱」
のほうがあってるよねえ。


パッションフルーツ2014年06月01日_P6011415


6月15日日曜日午前中
パッションフルーツが花開きました。↑

で、

受粉させねばと
このアタクシめ自ら
指で、
おしべとめしべをなでなでしました。


パッションフルーツ2014年06月02日_P6021422


その日の夕方には
花は萎んでしまいました。
パッションフルーツは1日花です。↑


さて
3日後の18日水曜日の早朝。
水遣りのためにベランダにいくと


ヒャ~~~~~~


パッションフルーツの実2014年06月18日_P6181618


実がなっている。


すごっ。
早技、情熱大陸・・・。


            *パッションフルーツは開花したら、めしべとおしべを
             手か筆を用いて受粉させてください。
            *受難という名前の由来はコチラをご覧ください。



 
17
 



カラスウリ2014年06月16日_P6161597



いつも行き来する道路の脇に
今年もカラスウリが咲きだしたよ。




 
16
 
昨夜のお話です。

昼間は真夏日でしたが
日が暮れると
少し風がふいて涼しくなってきました。

用事があって駅前の商店を歩いていたら、、、。
とっても素敵な後ろ姿に遭遇。

うっとりです。

ステッキ右手。
左手はお孫さんの手をひき
悠然と歩く白髪のおじいちゃま。

背筋がまっすぐで
角帯は腰骨にまかれて
きりりと貝の口結び。

裾丈も申し分ない足首。

いくら夜になって涼しくなったとはいえ
この季節にこういう出で立ちで
ぷらりと歩く人は当節なかなかおりません。

カッコいいわあ。
と、
ついついつられて後ろを歩くアタクシ。

で、

久し振りにでました。
私の悪癖。

素敵な人を褒めずにはいられない性分!  笑

「とっても着こなしが素敵ですね。
よかったら写真を撮らせてください」

振り向かれたご老人はお顔立ちも美形。

気持よく写真を撮らせてくださいました。


お孫さんに「おじいちゃま、カッコいいねえ」
と言うと
自慢げに


「おじいちゃんは江戸っ子だもん」ですって。



なるほど。
納得。






000000001_20140616180148109.jpg



私の父もよく着物着ていたのを
ふっと思い出しました。

 

                         カメラを持っておらず
                         残念ながら携帯です。
                         やはりカメラは持ち歩くべし!


 
15
 
父の日のプレゼントに
嫁子からかようなものをいただいて
イカちゃんおおいに感動。




2014年06月15日_P6151594



シャツは入れるのか入れない方がいいのか
爺と婆は悩むところですが、
それもまた楽しです。

結果、
イカちゃん曰く「入れないと気持悪い」。



2014年06月15日_P6151591



お孫様は
ソファの向うにある電話がいたく気にいられて
いたずらちう。

「まあ、ソファによじ登れる」

と、
お父さん
お母さん
じい
ばあ
大ばあ

絶賛。
感激。
感動。

嵐。

家族全員
「ぼう」に心を奪われております。



 
13
 
贔屓 大久保利通の墓2014年06月13日_P6131494







この贔屓さんは
なんと
なんと




贔屓 大久保利通の墓2014年06月13日_P6131488




贔屓さんは大久保利通公の
5メートルもある
竿石(墓石)を背負っておいでです。

このお墓は
明治の元勲、大久保利通の権力の象徴
と、よく言われるのですが、
実際に青山墓地で最も広いお墓で鳥居まで
あります。



大久保利通の墓2014年06月13日_P6131499




贔屓 大久保利通の墓2014年06月13日_P6131482



見にくいのですが
贔屓さんの首元に
白・黒、碁石が置いてあります。

ウキペディアを見ますと、
大久保利通公は
碁を趣味としていたそうです。


納得!

                                *詳細は白マム印をご覧ください。


en1 en1

<贔屓>
中国の伝説によると、贔屓は龍が生んだ9頭の神獣・竜生九子のひとつで、
その姿は亀に似ている。重きを負うことを好むといわれ、
そのため古来石柱や石碑の土台の装飾に用いられることが多かった。
日本の諺「贔屓の引き倒し」とは、
「ある者を贔屓しすぎると、かえってその者を不利にする、
その者のためにはならない」という意味の諺だが、その由来は、
柱の土台である贔屓を引っぱると柱が倒れるからに他ならない。
                 上記はウィキペディアより

ご贔屓という言葉もこの贔屓からきています。
下積みの役者さんをファンが支えるということです。
 
12
 
出回るのは今の時季だけ。


それもあっというまに姿を消しちゃう。
それに鮮度が命。


忙しい食べ物である。




大好物の
ホワイトアスパラ。



ホワイトアスパラ 2014年06月08日_P6081438



バターソースを、
ヂア~~っとかけて

母よ、わたくしもいただきまする。

 
11
 
クチナシの椀栽に現れた
シャクトリムシを
お箸で掴んで、車道にポイ!

逆襲を恐れいたのですが・・・


三輪途道2014年06月09日_P6091476



で、
昨夜。

結果からもうしますと、アタクシめはベッドから落ちました!

ベッドから落ちるのは、生まれてこの方、二度目でございます。
一度目は10才の時。
盲腸の手術をしたその夜、病院のベッドから落ちて大騒ぎ
と成り申した。
その時は、「砂山から転がり落ちる夢」を見ての挙句。

さて
今回は、気がついたらドスンとはまっていました。
本当にはまたったのよ。


それでね
アタクシのベッドは窓際だけど壁にぴったりと
くっつけずに、20センチくらい隙間があるの。
そこに、
横向けにはまっちゃったから
   ♪どんぐりころころ どんぐりこ
   お池にはまってさあ大変♪
出れないの。


でね、
眠いし、完全に目が覚めるのは嫌だし。。。
だから
目は半眼で出力を押さえた必死状態ね。
ってことは
なかなか、溝から出られない。
右手は身体の下になっちゃってるから
左手だけベッドから出て、

知らない人が見たらスゴ~~~ク
怖い状況ねえ。


犬神家状態。

モゾモゾゴソゴソしてたら結局ばっちり目が覚めて
右手で窓枠をつかまえて脱出。

こんなことだったら最初から出力100%で短期決戦に
でればよかったという
どうってことない話でした。

これは因果応報というより
イカちゃんの逆襲ですな。



2014年06月09日_P6091458

          Michiyo Miwa Exhibition
          2014年6月9日(月)~21日(土)
          ガレリア グラフィカ
          東京都中央区銀座6-13-4
          地下鉄銀座 A3出口、みゆき通り

          Michiyo Miwa Exhibitionの詳細はコチラをご覧ください




 
09
 
三輪途道展ポストカード
〈月を讀む〉 2014 檜、漆、彩色   photo 三輪洸旗


Michiyo Miwa Exhibition
2014年6月9日(月)~21日(土)
ガレリア グラフィカ
東京都中央区銀座6-13-4
地下鉄銀座 A3出口、みゆき通り



三輪途道2014年06月09日_P6091476



大好きな三輪先生の個展に行って来ました。

本当は私より三輪先生の方が年下なのですが
包容力たっぷりで快活な先生とお話をしていると
「こんなお姉さんがほしいなあ」

思ってしまいます。



三輪途道2014年06月09日_P6091450


         ↑ 思わず頭をはたきたくなっちゃう 笑




三輪途道







三輪途道2014年06月09日_P6091445







三輪途道2014年06月09日_P6091456





いつものことながら
欲しいよ~~~~。

叫びながら観ております。

      随分前のことですが
      画廊の方に私はいいました。
      「三輪先生はもうちょっと偉ぶられていいのに」と。
      すると画廊のお姉さんも
      「実は、そうなんですよ」と、即答。

      それだけの実績のある方なのに
      ただただ木を彫るのがお好きなのだなあと
      会うたびにしみじみ思います。

      それを含めて好きなのですが。

      もう1個付け加えると
      タイトルつけるの上手!
      〈月を讀む〉ねえ。

      こういうセンスにはジェラシーを感じます。
      笑
  
<白マム印>にその他の写真を掲載していますので
どうぞご覧ください。


*    *    *

今の時代のリアリズムを表現するには、私だけの思いで作るのではなく、
生き様が共感できるモデルを見つけた段階で作品作りの半分は終わるようです。
作品を自分に届けるのではなく、モデルを通して人に届ける思いで彫ると
、物理的な所作のこだわりは、薄まる気がします。
目の前の作品を普遍という別の時間軸に移動するのは、
技のリアリティでなく、技を突き詰めた先にある慈愛なのだと気づくこの頃です。
                                         三輪途道
                      (上記 ガレリアグラフィカ より抜粋引用)



 
07
 
梅雨ですね。

さて、本日のお話です。

2時すぎに眠くて眠くていかんともしがたい!
我慢がならない!

というわけで、思いきってシェスタ!


「配達中2時30分に開店」

なる張り紙をして窯の裏でお昼寝。
ア~~~~、
よく寝たわ。

と、
起きて時計を見ると、

よ、4時!

なんと4時でした。
この間に、雨の中にご来店くださったお客様!
もうしわけありません。

マム号、
お店をほったらかしてグウグウ寝ておりました。

懲りずに
またおいでください。

トホホ

2014年06月05日_P6051432


寝がけに↑こんなものを
ガパスカ飲むから
何度も何度も目が覚めて某所通い。

寝不足になるわけです。
でも
今夜も飲んじゃうのよね。

 
05
 
3、4年前に
100均で購入した高さ10cmほどのクチナシ。

よっしゃあ、これで盆栽ならぬ椀栽やっちゃろ!

で、すくすく育ってくれて

クチナシの椀栽2014年06月05日_P6051423



毎年、すご~く沢山白いクチナシの花をつけて
幹もそれなりに立派に育ってくれてます。
が、
今日お手入れをしていたら、
蕾の上がスポンと切り取られたみたいになってる!


クチナシの蕾2014年06月05日_P6051426


おかしい。
どっかに虫がいるけど、この刃物でスポンと切った
状態ってどんな虫!
  と
  と
  と
探せどいない。
でも
いないはずはないと、
しつこくながめていると

いた~~~~~。

  ま 
  る
  で
  枝
  !

2014年06月05日_P6051429

犯人はシャクトリムシ
ざんした。
ため息。。。

お箸で摘まんで車道にポン!
あ~、きっとまた天罰。
因果応報なハプニングがおこるに違いない。
トホ


                                                *前回の因果応報話


 
01
 
朝ベランダに出て、
パッションフルーツの蕾が大きく膨らんでいるの発見。

あとで写真を撮ろっと・・・・・・

で、
薔薇の鉢植えをよいしょと移動して
汚い葉っぱをむしってててて

振り返ると!












パッションフルーツ2014年06月01日_P6011399


開花してた!
驚いたわあ。


パッションフルーツ2014年06月01日_P6011415



まだまだ硬いけど
蕾はいっぱい生ってます。


パッションフルーツの蕾2014年06月01日_P6011419




パッションフルーツ2014年06月01日_P6011417



鋭意成長ちう の 我家のパッション君。




                          *パッションフラワーの名前の由来はコチラ
                          *パッションフラワーの育て方

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday