カバ屋印 マムの素 

 
30
 


2013年08月17日_DSC_0411



関西以外の人間には
これは新鮮な驚きです。

鳥頭なアタクシは
京都の地下鉄に乗るたびに

オッ 

一瞬立ち止まります。


   <ご存知ない方への親切な説明>
  京都の地下鉄は危険防止とおもわれますが
  なんとホームと線路が完全に遮断されており
  電車がくると、ホームのドアがあきます。

マム号は
はじめて京都の地下鉄に乗った時
ホームの向うに、
まだ部屋があるのかと思ってしまいました。


スポンサーサイト
 
29
 



今日は孫太郎のお食い初めで
一族郎党10人勢ぞろい。

宴の終盤、さすがに疲れた
孫太郎は眠りにはいったのですがががが、



なんと
お仏像スタイル!



さすが仏像好きのマムの孫。
いずれ、孫太郎を連れて
見仏なんかもいいなあと思うのだけどっ!



将来、みうらじゅん化したら




困る。




 
28
 
<とっぴんぱらりの風太郎サイン会のお知らせ>

東京 10月10日(木)
    18:30~ 三省堂書店神保町本店
大阪 10月12日(土)  
    14:00~ ジュンク堂書店近鉄あべのハルカス店

ともに定員100名・要整理券。
整理券は電話で大丈夫です。
 詳細はコチラ

*小耳にはさんだうわさでは万目城さんったらひとりひとりに
  直筆のイラストを配布予定とか・・・。
*さし絵を担当された中川学さんは
  羽柴秀次公の菩提を弔う京都瑞泉寺の住職さんです。
  中川さんのブログ「坊主な日々


万城目学 とっぴんぱらりの風太郎






とっぴんぱらりの風太郎 万城目学2013年09月29日_DSC_0761






とっぴんぱらりの風太郎 万城目学2013年09月29日_DSC_0763






とっぴんぱらりの風太郎 万城目学2013年09月29日_DSC_0768


 
27
 
唐門好きのマム号。
法界寺の近くの醍醐寺さんに
行かないわけはない。

実はタクシー使いましたっ。



本坊の三宝院の唐門は
ちょっと前まで

侘び・寂び の極致。
早い話がボロボロ。

ピッカピッカに修復されました。

見なきゃ見なきゃ。



どうだ!?





醍醐寺三宝院2013年08月17日_DSC_0381



どうどうどうどうかしら!?
実は
写真で見た時は
「はぁ?」って思って
いたのだけど
実際はとっても
きれいで
斬新
です。


この黒と金は緑にとっても映えるんです。
多分
桜の季節は黒と金はものすご~く
あうと思います。


醍醐寺三宝院2013年08月17日_DSC_0377


この色使いは
木々の緑と桜の色まで
考えた配色なのかしら。

すごいわ。



で、思うこと!

織田信長と秀吉にあって
家康にないものは
美的感覚、美的感性ね。

  ↑このことを書き出すと長くなるんで
   ここでおしまい。 笑



さてこの唐門がある三宝院の
ご本尊宝冠弥勒菩薩さんが
またすばらしいんだ!
秘仏なので拝観はできませんが、
画像を載せましょう。






2_20130927153023e7c.jpg



これは間違うことなき快慶作。


一度でよいので
間近でお目もじしたいものです。
ふ~。。。



醍醐寺三宝院2013年08月17日_DSC_0384



醍醐寺は上醍醐、下醍醐に
わかれます。
下醍醐の入り口に
三宝院がありその先に
仁王門があり
金堂やら五重塔やらと10以上の
堂宇が展開し、さらに
山を登ると上醍醐の伽藍がひろがります。

今回は三宝院がお目当てだったので
下醍醐をチラリと散策しただけです。

見事!と思ったのは、





醍醐寺五重塔2013年08月17日_DSC_0396


五重塔。

同じ京都でも東寺の五重塔には
すごい圧迫感を感じて
あまり写真を撮りたくないのですが、
醍醐寺の塔は



2醍醐寺五重塔013年08月17日_DSC_0391

気持いい。
なんだろな。
この違いは。

もしかしたら、
東寺にはいつも日暮れ近くに行くので
黒々として見えてるのかしら・・・。
っていう
極めて個人的な理由かも。



                次回の豊国神社の唐門がまたもステキなの・・・。ウフ



                      *醍醐寺の詳細は白マム印をごらんください。
en1en1en1


8月15日
京都武徳殿にて合気道→南禅寺順正にて昼食→南禅寺→
南禅寺水路閣→天授庵→金地院→奈良東大寺
8月16日
木津川岩船寺→奈良忍辱山円成寺→夜の南円堂
8月17日
京都法界寺(日野薬師)→醍醐寺→豊国神社→方広寺→京都博物館





 
26
 
法界寺2013年08月17日_DSC_0374
                                   法界寺2013年08月17日



8月17日、見仏最終日は17時の新幹線に乗るまでに
炎天下のもとに
よく動いたなあと、自分をほめちゃう。

奈良のホテルを出発して
みやこ路快速で京都・六地蔵に出て、

法界寺→醍醐寺→京都駅→豊国神社→方広寺→京博

をウロウロ。

すごいなあ~~~。
と、
今更ながら驚くマム号。


法界寺2013年08月17日_DSC_0362
                                 国宝 阿弥陀堂
                                 皮葺5間四方の宝形造
                                 承久3年(1221年)


そこはかとない風情をもった阿弥陀堂。
禅寺の大きな阿弥陀堂とは全く違います。

この法界寺の阿弥陀堂さんは
前から行きたくて行きたくて仕方がなかった
お堂です。



法界寺2013年08月17日_DSC_0368



お姿がいいし、
お堂の中の組天井に天蓋がすばらしく
壁画もきれいに残っています。

そして
お仏像さんもいい!



2



お堂に入った時に
すべてが調和している
ハーモニーのようなものを感じました。
こういう感じをうけるのは
めったにないことです。

思わず
ワ~オ なんて古い感嘆詞を口にして
ちょっとはぢいるマムです。

阿弥陀堂の姿にあこがれてお邪魔したのですが
実際はお堂の内部にほれこんじゃいました。


2013年09月05日_P9050740



このお寺さんは
奈良に欲しいなあ!

でも、
時代が少し下がるので
建物が洗練されてるんだなあ。
ってことで、
京都と奈良の境目あたりの木津あたり
にどうかなあ・・・!?


なんてね。
まっ、
それくらいマム好みです。

今回の見仏は
ほとんどマム好みのお寺さんの散策に
なってしまいましたっ。


            次の醍醐寺三宝院が楽しみ!


                         *法界寺の詳細は白マム印をごらんください。
en1en1en1




8月15日
京都武徳殿にて合気道→南禅寺順正にて昼食→南禅寺→
南禅寺水路閣→天授庵→金地院→奈良東大寺
8月16日
木津川岩船寺→奈良忍辱山円成寺→夜の南円堂
8月17日
京都法界寺(日野薬師)→醍醐寺→豊国神社→方広寺→京都博物館



 
26
 
2



実は、真夏の奈良・京都の見仏記は
白マム印の方で着々とアップしていまして、
あちらは今現在、
豊国神社の国宝唐門をアップちう。

で、

そこで
京都国宝三唐門は

西本願寺の唐門
豊国神社の唐門
そして
大徳寺の本坊唐門

って
説明したら
なんと、
いつもマム号がお世話になっている
BS5チャンネル火曜日午後10時よりの
「京都1200年の旅」で
大徳寺の唐門がド~~~ンとでちゃったあ!

大徳寺の唐門は非公開でなかなか画像もない
もんだから、
マム号いつもの欣喜雀躍でんガナ。

写真撮りまくりです。

動物たちがかわいいの。

さすが日が暮れるまでみとれてしまった
「日暮らし門」です。

あまりにうれしかったので、
カバ屋印にも画像をおすそわけ!



2013年09月24日_DSC_0701



たくさん、白マムに写真をアップしているので
アチラにてどうぞご覧ください。



 
25
 
2013年09月24日_P9240748
                              バラ ピエール・ドゥ・ロンサール



連休前まで
元気で青々緑々と生い茂っていたのに
2日後に店にいったららららら

このざまです。

どうなさったのやら・・・・・・。






ピエール・ドゥ・ロンサール2013年05月09日_P5090437
              5月のピエール・ドゥ・ロンサールちゃん


 
24
 
興福寺南円堂2013年08月16日_DSC_0327



夜の興福寺南円堂エリアは
大好きな場所なので
いくどとなくこのブログに登場。

東向商店街に隣接しているといって
いいくらいの街中に
有名な興福寺があるなんて
見仏をはじめた当初は驚きました。

繁華街にあるせいか、
夜になっても
南円堂やそのとなりの一言観音堂には
お参りの人が途絶えません。
と、
言いたいところですが、
気のせいかなあ?
この1、2年夜のお参りが少なくなった
ようです。



興福寺南円堂2013年08月16日_DSC_0342





興福寺一言観音堂2013年08月16日_DSC_0343


ひと言だけお願いをきいてくれる
一言観音堂は女性に人気のようです。



夜の南円堂2013年08月16日_DSC_0337



↑三脚がないと難しいですね。
年とっちゃたんで
一眼も持ち歩くのが大変で
まして三脚なんか・・・ムリ。





よほどくたびれていない限り
奈良の夜は
ここでボ~っとしています。





興福寺南円堂 お百度石2013年08月16日_DSC_0326



中央の丸い石がお百度石です。


en1en1en1




8月15日
京都武徳殿にて合気道→南禅寺順正にて昼食→南禅寺→
南禅寺水路閣→天授庵→金地院→奈良東大寺
8月16日
木津川岩船寺→奈良忍辱山円成寺→夜の南円堂
8月17日
京都法界寺(日野薬師)→醍醐寺→豊国神社→方広寺→京都博物館



 
23
 

南瓜のすり流し



今日はお彼岸で
皆でお墓参りで
ついでに我家で宴。

このすり流しは南瓜の和風スープ。
昆布出汁で伸ばします。

南瓜はローストです。
これを教えてくれたのはたびささん
初めて作った時になんか味が間抜けだったのね。
そしたらローストした方がいいって教えてくれて
以来南瓜をオーブンにほっぽってますダ。

視覚的に緑をいれましたが
何もトッピングしないほうがいいかな。

和風なのだから香頭ネギとか散らせば
いいのかもしれないけど、ネギの味が
勝っちゃうので
やはり、なにもないほうがいいです。


戦いすんで日が暮れて
今、グレズキッチンでひとりです。



マム考案のカクテルを飲んでおります。

  ウォッカにイチジクのワイン煮の煮汁を
  いれて氷でガンガンに冷したもの。

おいしいんだなあ。




おまけはイカと黒プーのクーちゃん


2013年09月23日_DSC_0687


 
23
 



南瓜のすり流し作りちう2013年09月23日_DSC_0675
                           我家で鋭意奉仕ちうのムーランちゃん



1週間前はプリンス夫婦がやってきたので
冷製じゃがいもスープを作り
今日は舞姫一家がトイプーのクーちゃんを
連れておいでになるので
南瓜のすり流しなんぞをご賞味いただくと
する。




 
22
 
11kaike1.jpg


愛らしいお人形さんの数々。

孫に女の子が生まれたら
贈ろうと思っています。



お雛様を贈るのもいいと思いますが
製作した人形師がわかる一品ものを
贈るのも素敵でしょ。

価格は、お手頃です。
小さいお人形さんならば国内1泊旅行程度。
大きいものでもパックのヨーロッパ旅行より安い。

大きな声ではいえないし
小さな文字で書きますと
絶対、お雛飾りを購入するよりいい!

山崎明咲さんのブログ:市松人形師~只今修業中
*明咲さんはお人形製作教室も開催されています。
 とっても素敵な方ですよ。


山崎明咲人形展2013年09月22日_DSC_0669


山崎明咲人形展2013年09月22日_DSC_0670



山崎明咲人形展2013年09月22日_DSC_0672



山崎明咲人形展2013年09月22日_DSC_0674



2山崎明咲人形展013年09月22日_DSC_0671


山崎明咲人形展2013年09月22日_DSC_0663


どのお人形さんも明咲さんに似ています。。。



< 第4回市松・幼子抱き人形 山崎明咲展 のお知らせ>

江戸時代から引き継がれた伝統ある材料と技法とで
大切に作られた市松・幼子抱き人形。
十人十色の愛嬌あるお人形がおまちしています。

会期:9月19(木)日~9月25日(水)
開場:京王百貨店新宿店6階美術工芸サロン
 *最終日は16時にて閉場。
 
21
 
ねたんで、ねたんで、
    ねたみきってください!


気にしなければ、ラクになる。 / 吉村昇洋/著

発売日:2013年9月17日
定 価:1,155円
発行元:幻冬舎エデュケーション

 *  *  *

実はこの本はまだ読んでいません。
けれど虚空山 彼岸寺βさんの
ウエブでの紹介がとっても面白かったので
ここに披露する次第です。

著者の吉村昇洋は禅僧であり臨床心理士でもあって
物凄いイケメン(ほんまものの)でして
みんなの悩みに相談にのってくれるわけです。

さてその紹介文を抜粋いたします。

    個人的に面白かったのは「友だちをねたんでしまう」
     という項目の回答。吉村さんは、
    「ねたみかたが足りません。ねたんで、ねたんで、
    ねたみきってください」と言いきりました」
    中途半端がよくない。覚悟を決めて思いっきりねたんでみたら、
    かえってネガティブな感情を消す作業になりますよ、と。


いいですねえ。
ねたみきってください。
中途半端はだめ。

確かに確かにと思うマムです。
で、
とにかくこのお坊様は
眉目秀麗なんですよ。

イケメンのお坊様が
あちらこちらでうまれておる
今日この頃です。

お姿をご覧になりたい方はコチラをクリックしてくださいな。


おっと、あくまで本の紹介ザンスから。


                      ・・・しか~し 「ねたみきった」
                      あとにはなにがくるのだろう?・・・

 
20
 
59.jpg



小憎っこがニキビをいぢくるみたいなこと
をするからと、後輩のMちゃんに言われ
ぴたしカンコンキン、とおもいきや、
カプちゃんからは
もっときついおもろいことを
言われてしまって

     膝をうつ中秋の名月かな トホホ


さて、カプちゃんに内緒でここにその内容を
発表しませう。

  うちに来る猫がケンカで怪我した所が腫れまくって膿が溜まり、 
  それを注射をぶっ刺して吸ったりぎゅーっと押して膿を出した、
  それと同じだ。猫の膿はすっごく臭かったんですよぉ~~~。
  でもって抗生物質を注射して、薬ももらって治しただ。
  同じだーーーー。


ヒエ~
すっごく臭いっち言われちまったよ~。
爆笑

まだニキビ面の小憎っこの方が人間だあ。


んなことより
ひっこむかな~。
「真ん中針の穴あり」のでっぱりはっ!?

上野動物園にて



悩む アタクシ


                              意味不明の人は前回を読まれたし
                              それでもわからない人は前々回を読まれたし
 
19
 
意味わかんない人は前回を読んでね。

さてと、11時半きっかりに店をでておしゃれな
高層マンション内の「ミチル眼科」をめざすも、
なんと
「水曜日のみ11時30分にて診療終了」。

グワ~~~ン

病院って12時で受付おわっちゃうよお。


大急ぎで鼻の先にある、やはりおしゃれな
眼科に行くも、
「水曜日は手術日で休診」。

ア~12時まで時間がない。

お岩なお顔でまるでシンデレラリバティーなアタクシ。
とにかくどこかに12時までに入らなくっちゃ。



で、結局、我パン屋の近くの眼科に滑り込みセーフ。
はじめからここにしとけばよかった・・・。

スットコドッコイめ!

ところが
診てくれたのは推定80過ぎ、85歳くらいの
おばあちゃん先生。
梅ちゃん先生が年とったらこんな感じな先生。

だ、大丈夫か梅ばあちゃん先生!?

あ~だこ~だと説明するアタクシに
梅ちゃん先生は
ながーい針をおもむろに出して、
アタクシが毛抜きでひっぱった
おおもとの処をブチュ~と突き刺す!

イタタタタタタ!

それじゃあ、アタクシの野蛮な行為と一緒じぁん。


そして梅ちゃん先生はめん棒でギュウギュウと
押さえつける。
押す押す押す。

イタタタタタ!

梅ちゃん先生ったら
「えらく出てくるねえ。随分たまってるわねえ」
と言いながら膿だか脂肪だかをひねりだす。
しつこく、瞼を圧迫する。



アタクシがやったことも
あたらずとも遠からずですなあ。


治療は、これでおしまい。

抗生物質の塗り薬2種
抗生物質の飲み薬1種

をいただいてほうほうの体で店へ。

イカちゃんいわく、
「前よりひどくなったじゃないか」。

そうなんだわあ。
梅ちゃん先生がぐいぐい圧迫したぶん
益々腫れちゃってます。

けど、

心配しなくても腫れはひく!

と、
梅ばあちゃん先生は力強く断言なさいましたから。




野蛮なことはするでない。

今度こそ肝に命じます!

    前                     後
74   1235955_513647852061243_86427756_n






                        後輩のmちゃんがね、話を聞いて言いました。
                        「おねえさま、それはニキビの高校生がすることでは」

                        ピッタシカンカン!
                        そうなのよねえ、マムがやったことって
                        ニキビ面の小憎っこがするようなことなのよね。
                            
                        トホ


 
18
 
学習能力がない女。
そう、アタクシでシ。 涙
あちらこちらでいろんなことをやらかしても
ちっとも経験とならない。笑
涙あり笑ありのアタクシです。

さて
1年ほど前から上瞼の目がしら直近に
ケシの実ほどのふくらみができはじめました。
まっ 脂肪の塊 と マム号はみたね。

で、
それはすこ~しずつ大きくなり
ゴマくらいの大きさになったかな。

って、
ことで。。。

4日ほど前に
アタクシ、やおら毛抜きを取り出しまして
この「上瞼目頭直近胡麻粒大脂肪の塊」を
毛抜きでヌヲ~~~~って
つまむつまむつまむつま~む
ムギュ~~~~~
イタタタタタ!
っと
いう、暴挙にでまスた。

だってだって脂肪がブジュってでてくると思ったんだもの。

針で刺すには目がすぐそこだしって「熟考」のうえ
毛抜きで潰す作戦を選択。

結果、痛かっただけでソレは赤く腫れただけ。
トホ。


それが4日前の素敵なお話。
したらば
なんと昨日の朝。
鏡をみたら噴火してたのね~~~。

目がしら直近のそれは
よりいっそう腫れ
上瞼全体が腫れ
なんと
本日は
目の下まで腫れ
鼻の付け根まで腫れ

と、とにかく腫れ腫れの秋晴れのお顔となりました。

暴挙を今から悔やんでなんとする。

普通はその年でそんなことせんでしょ!
学習能力のないアタクシならではのお話ダン。



↓この画像は「蚊に刺されたアタクシ」の使いまわしザンス。

IMG_NEW_0010
                        多分、化膿性霰粒腫。眼科にいきますデス。





                                             び こんてぃにゅ~~~
 
17
 
2013年09月17日_P9170749


< 第4回市松・幼子抱き人形 山崎明咲展 のお知らせ>

江戸時代から引き継がれた伝統ある材料と技法とで
大切に作られた市松・幼子抱き人形。
十人十色の愛嬌あるお人形がおまちしています。

会期:9月19(木)日~9月25日(水)
開場:京王百貨店新宿店6階美術工芸サロン
 *最終日は16時にて閉場。


lm_08

明咲さんはとてもチャーミングな方です。
そのうえがんばりやさん。
そのうえ腕がある。
マムは無条件で応援します!

地の利のよい場所での個展です。
多くの方が足を運んでくださればと
思っています。


山崎明咲さんのブログ
 お人形さんの作業工程がわかる
 楽しいブログです。


下記写真は昨年の作品展のものです↓

人形師 山崎明咲2012年09月23日_P9230695
                    人形師 山崎明咲作品展 2012年09月23日撮影



人形師 山崎明咲2012年09月23日_P9230697
        人形師 山崎明咲作品展 2012年09月23日撮影




 
16
 
2013年09月16日_DSC_0635




イチジクちゃんはイカちゃんがせっせと
ベランダから避難誘導。
ご無事でお達者ですぅ。






お疲れなイカちゃんは
おみ足を投げ出して
ソファーで大鼾ちう。



2013年09月16日_DSC_0637


 
13
 
円成寺2013年08月16日_DSC_0292
                      忍辱山 円成寺  



当尾の里に行ったというのに
浄瑠璃寺を素通りするとは
これ如何に!?

答えは簡単。
柳生街道沿いに優美な姿をあらわす
円成寺に行きたかったから。

地図上では
浄瑠璃寺
岩船寺
円成寺
は、近い。
けど、
実際はルートが全然違うので
一度、奈良に戻らなければなりません。
だからとっても
時間がかかります。

でも
やっぱり行って良かった円成寺!

まず楼門がいいんです。
桧皮葺の入母屋造の曲線がきれいでしょ。


優美な姿に反してこの組木の男らしいこと。


円成寺楼門2013年08月16日_DSC_0295



ほれぼれうっとり。

蛙股もステキ。


円成寺の蛙股2013年08月16日_DSC_0296


マム号、蛙股フェチです。笑


さて、本堂がまたいいんだなあ。
左右に舞台がついている本堂は
この円成寺だけ。



円成寺2013年08月16日_DSC_0297



円成寺2013年08月16日_DSC_0300
                 ↑この舞台の上で大の字になって寝ころびたいなあ!


舞台右端に見える朱色の建物が多宝塔で
運慶20才頃の作といわれる
国宝の大日如来さんが安置されています。





2013年08月16日_DSC_0305


扉は開いていますが、プラスティック板が
はられており、大日如来さんのお姿は
光に反射してみえません。

で、

円成寺さんの苦肉の工作。
  ↓

円成寺70
                       「ガラスに押さえてのぞいて下さい」



お~~
見えました。
見えました。




img5e9add3fzikezj 円成寺 運慶作 大日如来



ね、見えたでしょ。
ちゃんとしたお像は、白マムにアップしておりますから
ご覧くださいな。←不親切なマム号 苦笑


この運慶作の大日如来さんを藝大の院生さんが
模刻
されて今年の1月にそのことが毎日新聞に
載ったんですよ。
それをマムは見て、もしかしたらその模刻が
安置されているのではないかと思っていたのです。
が、
時期早尚。

収納庫を造り、運慶の大日さんをそちらにおさめて
この多宝塔に藝大生の模刻を安置するとのことでした。
2年後くらいかなあと、ご住職は仰ってました。

素晴らしい名品と言われる彫刻を、
寸分違わず模刻するということは
その仏師になりきることに通じます。
だから
「なぜこういう形をしているか」等の
謎が、机上の論では解けなかった
ことがスルスルと解けていく。

といっても
本当に、技量のある人でないと無理ですけどね。

実は
本堂で、このようなお話をご住職としていました。

「こういう仏像を知っている」
「ああいうお寺にいった」
という話しもいいのですが
もっと
根本的なお仏像のお話しが出来て楽しいひとときでした。


img6a896e4dzik6zj 円成寺



本堂は平安時代作の阿弥陀如来さんに
四天王さんがおられ
柱には色彩がしっかりと残る
来迎図が描かれる素晴らしい空間です。


円成寺本堂柱78



境内はそれほど広くはありませんが
国宝の鎮守社である春日堂・白山堂が
宇賀神堂が点在しています。


円成寺 春日堂・白山堂imgd578da1czik0zj 円成寺
                                       春日堂・白山堂




円成寺 十三重石塔2013年08月16日_DSC_0318



いかにも由緒正しき平安時代後期の
十三重石塔はっ、お手洗いの前で
お気の毒なことよのお。





さてさて
この円成寺さんでなにが残念だったかというとっ。。。

2008年7月に訪れて感激した円成寺の入り口を示す
勧請縄が廃止されていたことです。



勧請縄を一番楽しみにしていたかものマム号、無念。


ご住職によりますと
集落の人出がたりずに5年前より途絶えてしまったということです。
といういことは
マム号がくぐった勧請縄が最後だったのですねえ。

ここでひとつの文化が途絶えてしまったわけで、
もったいないの一言です。

勧請縄は奈良に見られる風習なのに・・・ね。




忍辱山(にんにくせん)円成寺 勧請縄
              2008年7月撮影の円成寺勧請縄


               *2013年8月 忍辱山 円成寺 詳細は白マム印
               *2008年 忍辱山 円成寺  大日如来をめぐる冒険
               *2008年10月 浄瑠璃寺 九体阿弥陀如来像と吉祥天
en1en1en1




8月15日
京都武徳殿にて合気道→南禅寺順正にて昼食→南禅寺→
南禅寺水路閣→天授庵→金地院→奈良東大寺
8月16日
木津川岩船寺→奈良忍辱山円成寺→夜の南円堂
8月17日
京都法界寺(日野薬師)→醍醐寺→豊国神社→方広寺→京都博物館




 
12
 
と、
いえば





54_20130912120619f20.jpg




は、
昔のことでっ







ホントにホントに
お友達。
いえ
大親友の




2013年09月09日_DSC_0627
クックドゥ 豚肉と玉ねぎの中華生姜焼き用


味の素Cook Do さん。





今夜も
来ていただきましあ~~~~~♪






2013年09月09日_DSC_0628








やろうと思えば1週間以上
お世話になることも可能!






   

  

  

  

  





でも
親友だから耳打ちするんだけど



「あなた 味付けが似たりよったり、、、みたいな。。。」


でもやっぱり
つお~いつお~い
主婦の味方。
主婦の友。

 

 
11
 
2013年07月05日_P7050677




我家のベランダ緑地帯!


今年はとうもろこしなんかを植えちゃって
勿論
十八番の力頼みのコーンスープをつくることよのぉ。

ウシシ




今年は暑いけど雨も沢山ふって
とうもろこしちゃんはご機嫌でシ。

って
って


そ、そんなぁ。。。



2013年09月09日_DSC_0625







2013年09月09日_DSC_0626





  ♪さよならさよなら
        さよなら~♪


                           ごめんデス 涙




                                               *遠大なる計画


 
10
 
とっぴんぱらりの風太郎  「なぜか動画で予告編!」
  ↓クリック
YouTube  にて予告編がはじまりました。

中川学さんによる、2年間にわたる週刊文春連載時
のイラストを使っての紹介です。
この中川さんは京都のお寺のご住職なんですよ。

このとっぴんぱらりの風太郎は
だめ忍者という設定ですが
なんのなんの、あらん限りの力をつくして
守りぬきます。

連載を読んでいて、
実は
子供の頃にみた東映映画の「真田風雲録」を
思い出しました。
東映の時代劇ってこういうのが意外と多かった
んですよ。




54_20130909231515ae5.jpg


53_20130909231506b66.jpg




今回の万城目学さんの小説は落ちこぼれ忍者たちの
青春小説だと思っています。

物語の展開と登場人物のキャラの面白さ。
そして悲しみと描写のうまさ!

いままでにない時代劇あるいは忍者小説といえます。




万城目学 とっぴんぱらりの風太郎






とっぴんぱらりの風太郎 連載終了 涙(ネタばれあり)
悟浄出立のこと

*文春 本の話はコチラをご覧ください。
*YouTube コチラです。

 
09
 
というコンセプトの集合住宅が、


マム号んちの近くにあります。






それは
三鷹天命反転住宅。




三鷹天命反転住宅 ? 荒川修作+マドリン・ギンズ2013年09月08日_DSC_0621





三鷹天命反転住宅 ? 荒川修作+マドリン・ギンズ2013年09月08日_DSC_0607




三鷹天命反転住宅 ? 荒川修作+マドリン・ギンズ2013年09月08日_DSC_0615




三鷹天命反転住宅 ? 荒川修作+マドリン・ギンズ2013年09月08日_DSC_0610




三鷹天命反転住宅 ? 荒川修作+マドリン・ギンズ2013年09月08日_DSC_0614




その
入り口は










三鷹天命反転住宅 ? 荒川修作+マドリン・ギンズ2013年09月08日_DSC_0613







その室内は







53_20130908221441aec.jpg

54_2013090822211289b.jpg

↑すみませヌ。
友人が寝てますぅ。 笑


        三鷹天命反転住宅      
      荒川修作+マドリン・ギンズ作



                        *三鷹天命住宅に関して
                        *養老公園内 天命反転地



 
06
 
岩船寺2013年08月16日_DSC_0243
                                         岩船寺三重塔



当尾(とおの)の里をまわるのは
電動のレンタサイクルかなあ・・・
なんて思っていたのですが、
思っただけで実行にうつさなくて
よかった。
電動といえ奈良から遠い!

きっと
伸びてたに違いありません。

   2008年7月円成寺を参拝したおり
   自転車でやってきたおとっつぁんが
   日射病で倒れて痙攣をおこしたのを
   目の当たりにしましたです!




炎天下だし
左右田んぼ!


2013年08月16日_DSC_0288


左右田んぼというのは
日差しはきついわ
湿度は高いは
照り返しはきついわで
そりゃあ、もう火焔山みたなの。
   ↑オーバー

というわけで
奈良交通バスで浄瑠璃寺まで行き
コミュニティーバスに乗り換えて
行ってまいりました。

えっ!?

浄瑠璃寺ですか。


浄瑠璃寺もとてもいいお寺さんですが
秘仏の吉祥天さんのご開帳というわけでは
ありませんので、
今回はスルーです。
というか、
バテバテで気力がありませんでした。
トホ


奈良駅からバスを乗り継いで1時間くらいかなあ。

山間の鄙なる里に岩船寺はありました。


2013年08月16日_DSC_0282


バスをおりて1分もかからず山門の前に到着。



2013年08月16日_DSC_0239
                                             石風呂


石棺かなあと近づくと石風呂でした。
なんでも昔僧侶が身を清めたらしいです。



2013年08月16日_DSC_0263
                                             本堂


6月ならアジサイ。
この季節は百日紅です。

緑に朱色の三重塔の映えること!
絵になります。
 


2013年08月16日_DSC_0267
                           三重塔




この三重塔の見どころは
初層の垂木です。
 


岩船寺三重塔 邪鬼


邪鬼さんが褌いっちょうで三重塔の
垂木を支えています。
 (はっきり見える画像は白マム印で)



さすが石仏の里として知られる当尾です。
境内のいたるところに石仏が。



石室不動明王立像2013年08月16日_DSC_0257
                                       石室不動明王立像




2013年08月16日_DSC_0278



んが、
この岩船寺さんの本当の見どころは
本堂のお仏像さんたちです。




53




ご本尊の阿弥陀如来さんの、たっぷりとした様子と
脇をかためる四天王さんのりりしいこと。

内陣の裏にも十一面観音さんや
像に乗った普賢菩薩さんなど
とてもすばらしいお仏像さんがおいでです。




岩船寺十一面観音菩薩立像2013年09月05日_P9050736



かわいいお顔の十一面菩薩さんでしょ。
普賢菩薩さんも、像のお顔が小憎たらしくって
いいのよ~。

え!?
その画像。。。
それは、
残念ながら白マム印の方に載せてますぅ。




この岩船寺がある当尾は
正確には京都ですが奈良との県境にあり
南都仏教(奈良)の影響をうけています。

奈良の面白いところは
鄙なるところにあるお寺さんでも
とてもいいお仏像をお持ちだということです。
大きな声ではいえませんが(笑)
これが京都だと
かさの大きなお寺さんなのにえてして
いいお仏像をお持ちではなかったりするのよねえ。

だから奈良がすきなのねえ。。。



2013年08月16日_DSC_0284



ということでバス停にもどり
今度は、奈良から忍辱山 円成寺 へ
行きますよ~。

忍辱山 円成寺 は大好きなお寺さんです。


      *岩船寺の詳細は白マム印をご覧ください。多数の写真をアップしています。
      *浄瑠璃寺はコチラをごらんください。
en1en1en1


8月15日
京都武徳殿にて合気道→南禅寺順正にて昼食→南禅寺→
南禅寺水路閣→天授庵→金地院→奈良東大寺
8月16日
木津川岩船寺→奈良忍辱山円成寺
8月17日
京都法界寺(日野薬師)→醍醐寺→豊国神社→方広寺→京都博物館


 
06
 
70.jpg


あな うれしや 収穫祭



忙しい季節到来。


あれやらこれやらと収穫がつづく。。。

いちじくやら
オリーブやら
それやら・・・・・・。

すみませヌ。



これだけです。



昨夜はイチジクを摘んでコンポートを作ったのだけど
育てあげたイチジクをコンポートにすることより
イチジクの葉っぱって大きくて立派だなあと
そのことに
感動してしまったことであることよよよっと。

アダムとイブが体をこの葉っぱで隠したというのも
むべなるかな。


日本だと、
さだめし
蕗の葉っぱか、
朴葉
かなあ。


やっぱり
イチジクが
しっくり。




でも
やっぱり
ちょんまげ結った
胴長短足族には、
蕗とか朴葉が
あうわいな。








イチジクのコンポート53



出来たてを食べるより、
日をおいたほうが
味がまろやかになって
いっそう美味しいの。

バニラアイスに添えて、
た~べっよ っと。


 
04
 
2010年08月15日東大寺万燈会

8月15日の東大寺万燈供養会の詳細をやっと
白マム印にアップしました。
興味のある方はごらんください。

白マム印 東大寺万燈供養会

また、
南禅寺金地院に関しても詳細をアップいたしました。

白マム印 南禅寺金地院



絶賛アップちう   笑

 
03
 
桃ジャム



たった今
作りました。

もうねえ、めっちゃ高価なジャムざんす。
長野からやってきました高級な
ナントカカントカっていう桃を
思う存分使いました。
ジャムっていうより

コンフィチュール っち、いってやってください。

同じっすけどね。  笑

実はね、舞姫のお婿の実家は長野。
ド~ン

立派な桃がやってきました。 イカ家は贅沢三昧。
 ↑ 大きいの!
老夫婦は食べきれず
底が黒くなりだしちゃいました。
で、
コンフィチュールね。

元々、とっても甘い桃だったので
砂糖をギリギリ控えめにしたにも
かかわらず、ちと甘め。

でも
おいスい!!!

ヨーグルトにもアイスクリームにも
いいけど、
ドリンクにいれよっかなあ・・・。

ウシシ
と、と、と・・・

             にやついていると
             
             たった今、お客様が
             ど~んととうもろこしをくださいました。
             なんともいやはや忙しい。
             先ず茹でませう。

                          ゼイゼイ

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday