カバ屋印 マムの素 

 
31
 
って、
なにが!?







それがね
それがね

驚いたことに

エンドレスで出てくるのよ!







2013年03月30日_P3300314



ヒェ~~~~~




意地になってパソ子をせせる
日曜日の昼下がり


スポンサーサイト
 
30
 
塩鶏じゃが 2013年03月25日_P3250280
                                           塩鶏じゃが


あ~ぁっ
どうして
おなかって減るんだろう!?

   ♪どうして おなかが へるのかな
    けんかをすると へるのかな
    なかよししてても へるもんな
    かあちゃん かあちゃん
    おなかと せなかが くっつくぞ♪

母ちゃんだって聞きたいよ!
なんでおなかは減るんですかね!?

ため息。

なに作ろうか決まらず
スーパーをグルグル。
よそ様のカゴに目をやったりね。

行ったり来たりフラフラ、
ふっと目についたのが
味の素のCook Do コーナーの
見たことないパッケージ。


003
        「塩鶏じゃが」


作り方を見たらすごい簡単。
10分でできちゃう。

材料も
鶏肉
じゃがいも
人参 のみ。

ということで
夕食は決定。

が、
人参嫌いのマム号は
人参を抜いて玉ねぎをいれて
彩りに
絹さやを加えちゃいました。

で、
絹さやは別個にフライパンで
無塩バターで炒めた物を
食べる直前に上にちらします。

そしてそして、
熱いうちにスライスしたバターを
落として完成です。

これがねえ、
おいしかったんです。
じゃがいもは型くずれしてもホクホクが
好きなので男爵使用で、バターの香ばしい
香りが食欲をそそって
ビールにもあうし
ご飯にもあう。

レシピ通り
じゃがいもと
鶏肉と
人参だけでは
ちょっと物足りないボケた味なんじゃないかと
思います。


簡単でおいしければいうことなし。


母ちゃんだっておなかがへるんだよ♪

                              *コンパクトデジカメで
                               撮ったのでちょっとピンぼけです。
 
29
 
従者のくせして
ちっとも素直に従わない
小生意気奴っ。




それは、







2013年03月28日_P3280304

スマ子。


未だ対等な位置にさえままならず。

昨日、
実家の父から電話。

ピヨピヨ~ンピヨピヨ~ン♪
とる(とったつもり)・・・と、
電話終了。


困惑するワタクシ。

数秒おかずして
又も父から電話。

ピヨピヨ~ンピヨピヨ~ン♪
今度こそ、うまくとるぞ・・・と、
が、
又も電話終了。

落胆するワタクシ。

数秒おかずして
又又、父から電話。

ピヨピヨ~ンピヨピヨ~ン♪
今度こそ、逃してなるものか・・・と、
けど、
又又又、電話は切れちゃう。


タップ→ 指をトンッ 
ロングタッチ→ 指をジー
フリック→ 指をサー
スライド→ 指をスー
ピンチアウト→ 指をビョッ
ピンチイン→ 指をクニュー
ドラッグ→ 指をズリズリ
 (指の動かし方の表現はすべてドコモガイドブック引用 笑)

ってことは
アタクシの指の「スー」の動きがいけないわけだ!
スーだ!
スーの練習だ!

スー
スー
スーララッタスラスラ
スイスイス~イ♪


スーダラ節の訓練中の毎日である。


        こりゃまた 失礼しましたっ。


 
28
 
2013年03月26日_P3260281


横断歩道を
ゆっくりと渡りながら
「桜がきれいだなあ」って
思っていたら

右手から自転車にのって
横切るおばちゃんの
金切り声。

「信号をちゃんと守んなさいよっ」

おばちゃんはあっという間に
遠ざかっていきました。



お、おばちゃん。
ここ
スクランブル交差点だよ。

いつもここを通る度に
いかってるんだろうなあ。


おしまい。。。

 
27
 
クリスマスローズ2010年03月08日_P3080102
                                       クリスマスローズ



24日、日曜日に北山修先生の講演

   「日本文化と臨床における 
            見るなの禁止」
を、拝聴したマム号。

白髪のロマンスグレーぶりったらいい感じで
同じ白髪でもイカちゃんとは大違いです。
あっ
比較するのが可笑しいですね。

好々爺っぽくて、
心理学に精通している友人Sは盛んに
「いい顔してる」と言いながら
ポコちゃん人形みたいに、ひとり頷いています。

でも

おだやかで溢れんばかりのサービス精神を
目の当たりにすると
40年以上も前の記憶がふつふつとわきでて
よみがえります。



中学3年の時の話です。

       ザ・フォークル・セダーズは
       関西の学生であった
       加藤和彦
       北山修
       はしだのりひこ
       らの3人が1年かぎりということで
       結成したフォークグループです。
       たった1年でしたが
       この3人の人気は絶大突出していました。


本屋さんの2階にて北山修さんの
サイン会が催されました。
当然長蛇の列です。
マム号もその列の一人です。

並んでいた誰もが気付きました。
北山修さんの機嫌が非常に悪いことを。

そこにいた青年は
とても
神経質そうで
脆弱そうです。

こめかみには青筋が浮かび、
目線があちこちにうつり
それはそれは感じが悪かったです。
勿論
一言もしゃべらない。
無愛想!

考えてみたら
若造ですものね。
忙しい毎日に心底疲れて精神的に
まいっていたのでしょうね。

会場の空気は、
サイン会なのですから本来ウキウキしたものでしょうが
書店員も非常に気を使ってそれはそれはピリピリしたものでした。

本屋でのサイン会ですから当然北山さんの本を購入した人が
サインをもらえるということでならんでいるわけです。
が、
マム号、残念ながらその本がなんであったかの記憶はありません。
とにかく
本を購入してマム号の番になり購入した本にサインをもらって、、、。
馬鹿です!ワタクシ。
学生鞄から聖書を取り出して表紙の裏を見せて
「スミマセン、ここにもサインをお願いします」と
言ってしまっちゃったんです。
再度言います。
馬鹿です!ワタクシ。


大声で
面罵
痛罵
されてしまいました。

「聖書にサインとはなんたることか」

という主旨でした。

再々申します。
馬鹿でした!ワタクシ。

それでなくても会場はイヤ~ナ雰囲気なのに
会場は氷点下。
あるいは
熱砂漠。
と化しました。

マム号もどうしていいかわからず
立ち去ってよいのやら悪いのやら
命乞いをするべきか
そのまま倒れた方がよいのやら
・・・・・・・。

結局は書店員さんが北山さんをなだめ
サイン会はピリピリした
神経衰弱ゲームのような中で続行したのでした。


最後にもう一度いわせてくださいな。
大馬鹿者でした。ワタクシ。



ハルジオン
                          ハルジオン


以上 北山修さんとの苦い思い出

 
26
 
2013年03月24日_DSC_0321
                                     千駄ヶ谷東京体育館前



24日(日曜日)の予定

  午前9時より
    杖(ツエって読まないでね。ジョウ)の稽古
  終了後
    厚木までツクシ採り

のつもりで
23日の夜おったら
一緒に行くお笑いコンビの相方のSからメール。

 あした大事な用があることを思い出しました。
 昼から千駄ヶ谷で北山修先生の講演と
 その知りあいの大学教授の退任パーティーでした。
 だから杖もツクシも中止です。


オイオイ
そんな大事な用事わすれるなよお。
って
ことより

ナニナニ 北山修 !? ってか。






ミーハーなマム号。。。



気持を察したSは即座に
「連れてってやるよ」と
メールをよこしてくれました。

だから急遽
24日 日曜日は
北山修氏のお話を聴きへ千駄ヶ谷。

♪かな~しくて~ かな~しくて~
とて~もや~りきれ~ない♪


わたしラの年代は北山修といえば
精神科医というより
フォーク・クルセダーズ
ですからねえ。


 


北山修先生の講演は

「日本文化と臨床における 
        見るなの禁止」。

  イザナギ、イザナミから鶴の恩返しまで
  「見てはなりません」と言われちゃったら
  どうしても見ちゃう日本人のお話


が、
イラストをふんだんにだしながらの
とても面白く語られたのだけど、、、、


マム号には落語のようで
これがどう臨床心理学につながるのか
わからない。
面白いお話としては笑って聞けるけど
やっぱり
精神医学博士としてなにが言いたいのか
わからない。

文学部の先生が
日本の歴史上の
「見るな文化を紐とく」って
いうのならわかるのだけどね。



さて、
真打ち登場です。
北山修さんは前座。
今回は「人寄せパンダ」だったわけで
真打ちは某大学を退任されるk先生で、
そのk先生のお話は

「宮本武蔵はひきこもりだった」でした。

このお話も面白いんだけど、
わかったようでわからなかったのだけど、
このk先生はお話の途中から

数式を使いはじめられたの!

   心理学は数学が不得意な人は大変
   ということは前々から聞いていました。
   まったくその通りね。

全然わかりません。

で、
連れていってくれたSは
実は臨床心理の草分けみたいな女性なもんで
マム号は問うた。

「なんで心理学に数式がいるのよ」と。

そしたらSがゆうた。

「立証(証明って言ったかな)できないと文学になっちゃうでしょ。
だからなにがなんでも数式を使うのよ。
じゃないと信憑性がないの!」

   そういうSは数式の時は寝てました 笑


ハ~~~~。
だからか
北山修さんは文学になっちゃってたもんなあ。

と、
氷解。


以上、北山修先生に話を聴くでした。




じゃあないんだ。



実はマム号は北山修さんのことで苦い思い出が
あるんですねえ・・・。                       つづく




 
25
 
お話は10カ月前ほどにさかのぼります。





妹子から
ビクトリノックスの小さなアーミーナイフをあずかりました。

彼女はバッグにこのナイフをさげていました。

飛行機に乗る際にゲートでひっかかるから
預かっててね。
と、
いわれ、
マム号は、とても大切な物だろうからと
落とさないようにバッグの中の小さなポケットの奥に
しまいこみました。

そして
何度も何度もいれたことを確認しました。

大きさは5cm 強。

2013年03月25日_P3250271



それから1週間した頃です。
妹子に返さないと(渡さないと)と思いバッグを見たら

なななんと


2013年03月25日_P3250272


バッグのポケットはもぬけのから。
そ、
そんなバカな。

マム号はたっしかにバッグのポケットにいれましたっ。

妹子の大切なキーホルダーをなくしてしまった・・・。
何度バッグを見て

何度バッグをひっくり返して

ないものはない。

しからばと部屋中探して探してさがしつくしても
ないものはない。

暗~い気持で妹子に電話してあやまると
妹子は
あっさりと、
「そんなに探してくれたの。ごめん。
別に思い出の品でもないからよかったのに」と。


あっ そっすか。。。
  ↑ほっとしたようながっかりしたような

そして10カ月が経ち
久し振りに茶色のバッグを使おうと手に取ったら





どういうこっちゃ!!!!!


2013年03月25日_P3250271


わいて出てきたっ。

おいらは三代目引田天功か!?

いいや、
この家には
座敷わらしならぬ

座敷あらし

おるようだ。。。。。


                                  座敷あらし その1メガネ編

 
23
 
003



なんだか怪しげな私ら。

掃除機のごみパックをとりだして
紙袋を裂いて
指環をさがしておる最中だん。

4台分の掃除機。
つまり4袋。
で、
ビニール袋にいれて作業しているにも関らず
すごい埃。
芥、塵であ~る。

ゴホゴホ

で、沈鬱になる。








面白くて
ついつい
遊んでしまうマム号。
  指環はマム号のではありませんからね!←明記

口は出すけど
手はださいない。

だって
ほら、
この中では
最古参
最高齢
最高段位。



実は
マム号ったら
四段(本当に恥 笑ってね)
なのね。

で、

このごろ、
思いまするに
マム号は「余段」あるいは「余談」ってこと。

で、

もし
このまま五段になんかになったりする日が来たららららら

「ご飯」ってことで。



おあとがよろしいようでっ。
                  ペタシペタシ・・・・・・




                             注 五段になる日はありませんので
                               実は「ご飯」はありえましぇ~ん
                               

 
22
 
唐招提寺をあとにして
京都にでてきました。
新幹線に乗るまでに時間が
あり、
たまには違うものを見ようかと
イタズラ心がフツフツわいて

東福寺から京阪に乗り換えて三条へ。


2013年03月03日_DSC_0193


骨董屋が軒を連ねていることで有名な
新門前・古門前をぞろ歩いてみました。。。
が、
骨董屋は殆どお休み。

今日は日曜日。
観光客相手の商売はしれたものです。
殆どがひやかしですから
開けているより休んだほうがましでしょう。
と、マムが勝手に思う。


開いてるお店は
雑誌によく載っている
婦女子好みのお店です。

さてさて、雑誌掲載№1のお店、
てっさい堂です。

京都古門前通り てっさい堂 2013年03月03日_DSC_0192


このお店の女主は草創期のアンアン愛読者という
感じの、お洒落できれいな方です。
小耳にはさんだのですが
元首相の細川さんはこのお店を御贔屓に
しておいでだそうです。

店内は人ひとり通れ空間のみで
うず高く小皿(豆皿)が積まれています。

2013年03月03日_DSC_0191


↑このうちの1点は我が家のお皿と
そっくりです(どれかは内緒)。
裏をひっくりかえしてお値段を見て
ホエ~。

小1時間、あれこれ品物を見てしまいまし
たので拝観料として購入(どれかは内緒)。


高くついてしまったわいと猛反省しながら
トボトボ歩くマム号です。



三条 新門前通りで見かけた木戸2013年03月03日_DSC_0197

でも新門前通りで↑こんな素敵な門に出会えたので
あっという間に
いつもの意気軒昂薫号です。




           桃の節句の見仏記 これにて完



en13月3日 桃の節句の見仏記足取りen1

夜行バスに乗って東大寺のご贔屓さん1東大寺のご贔屓さん2
興福寺のご朱印帳薬師寺東西両塔公開緑かんばし唐招提寺ちょっと骨董屋


この項に関しての詳細は「白マム印」の下記をご覧ください。
<2013年3月3日見仏紀行>
(東大寺 中門の兜跋毘沙門天 二月堂の贔屓二月堂のもう一つの石段
手向山八幡宮の向かい鳩)→ (興福寺 石灯籠ご朱印帳門帳)→
(薬師寺 東西両塔初層特別公開小休止休ヶ岡八幡宮・孫太郎稲荷大明神)→
唐招提寺)→(京都三条・てっさい堂


 
22
 
小紋2013年03月20日_DSC_0308

         柄が見えにくいのですが小紋の着物です。
         小紋はお洒落着なので、
         わざと襦袢の半襟を大きく見せて
         ちょっと小粋な感じに着付けを
         してみました。

2009年2月に
「着物を着る」宣言をしたのはいいけれど
着方がわからない。

ならば着付け教室に行けばいいのだけれど
よく耳にする「着物売りつけ攻勢」は
絶対にいやだし、
それと
着付け教室の道具を使ったり
やたら身体にパットをいれるのも嫌い。
と、
着物が着られないわりに
言うことはいっぱしなマム号。


帯の稽古
                                はじめての帯


で、
YouTube
やら
を必死に見て
勉強をはじめてたわけです。


洋服の上に帯を結ぶ。
何回も
何回も
結びました。

まるでチンドン屋さんです。

でもあきらめない。


帯


どうにか結べるようになったら
着物です。


与志紬 博多献上帯


↑おはしょりが異様に長くて手で隠しています。

どうやったらおはしょりが短くなるかわからない。
と、
さんざんでした。


試行錯誤
三歩進んで二歩さがる日々。

が、

紐と伊達締めだけで留袖さえ着られて
二重帯が結べるようになっちゃった!
ってわけです。

付け下げ 正倉院模様の二重帯


留袖


こうやって
マム号の「着物道」は作られていった(いる)わけです。
            ↑オーバーねえ 笑

お母様の着物が箪笥に眠っている。
でも
着付け教室とかにいくのは面倒なんて思って
肥やしにしちゃっているあなた。
もったいないなあ。

ね!

やってみなはれ。












 
21
 
唐招提寺2013年03月03日_DSC_0160



薬師寺の興樂門をでて
大和西大寺方面にまっすぐ10分弱歩くと
唐招提寺です。


お持ちのお仏像はすばらしいのですが
木陰のない日差しがまっすぐそそぐ
薬師寺から唐招提寺にはいると
ほっとします。

この唐招提寺は
お仏像もすばらしいし、
おおらかでいて飾るところがない。
にもかかわらず、
優美な伽藍の様子。

マムの大好きなお寺です。


唐招提寺 鑑真和上御廟
                        鑑真和上御廟


この唐招提寺の中でどこが一番好きなの?

問われれば
即座に答えます。

「戒壇堂址」と。

唐招提寺戒壇堂址2013年03月03日_DSC_0171


なにもない場所です。
殆どだれもいません。
たまに、人が来ても
すぐに踵をかえしちゃう。

しめしめと思うマムです。



唐招提寺戒壇


石段が残るだけで、
宝塔は近年造られたものです。
が、
見入ってしまうんですねえ。

見入らせるような力を感じるのだけど
多分、変わりもののマムだけかんじるのでしょうねえ。
ちょっと、
いえ、
すご~く悲しい。



o0480063610320111728
           唐招提寺 金堂の千手観音さんの御手手




                       *唐招提寺の詳細は白マムをご覧ください。



en13月3日 桃の節句の見仏記足取りen1

夜行バスに乗って東大寺のご贔屓さん1東大寺のご贔屓さん2
興福寺のご朱印帳薬師寺東西両塔公開緑かんばし唐招提寺ちょっと骨董屋


この項に関しての詳細は「白マム印」の下記をご覧ください。
<2013年3月3日見仏紀行>
(東大寺 中門の兜跋毘沙門天 二月堂の贔屓二月堂のもう一つの石段
手向山八幡宮の向かい鳩)→ (興福寺 石灯籠ご朱印帳門帳)→
(薬師寺 東西両塔初層特別公開小休止休ヶ岡八幡宮・孫太郎稲荷大明神)→
唐招提寺)→(京都三条・てっさい堂


 
21
 
2013年03月20日_DSC_0313


お店が休みだったので、
朝からテレビなんぞをみてました。

ワイドショー!

そしたら生姜焼きの作り方をやっていまして
赤ワインにつけたら豚肉が柔らかくなるそうで。

赤ワイン5
醤油1
みりん1

のわりだそうです。

これに生姜を加えて豚肉をつけ込んで焼く。

早速
今夜はその通りの生姜焼きです。
ついでに
菜の花の辛子和えなんかもつくっちゃって。

う!
味うっす~~~~。

実はたれを合わせるだんかいで
ワインに対して醤油すくなかろうと、
勝手に醤油増量。

それでも薄味のお上品な
生姜焼きになりました。
お肉はたしかに柔らかかったこと報告!

マム思うに生姜焼きって
決してお上品なものじゃなくて
ガテン系の人が
これをおかずにどんぶり飯を食うっていう
イメージが勝手にあるわけで・・・
だからして
濃い味の方が
生姜焼きらしい・・・なんちゃってさ。


イカちゃんは菜の花および生姜焼きおよびキャベツ
完食。

ご馳走さま



 
20
 
003
3月1日~3月20日公開


今回の見仏の大きな目的は
この薬師寺の東西両塔特別公開です。


奈良薬師寺 東塔

2年前の2010年の東塔は↑このような覆屋の中でした。
それが
姿をあらわすのねえと
ウレシヤウレシヤ
ハレルヤハレルヤ

駆けつけたわけでして・・・。


さて
東塔はいかに!?



薬師寺東塔2013年03月03日_DSC_0108

アッ!
   
涙のち後ずさり


マム号ハヤトチリでした。
初層と仏舎利の公開であって
両塔のお披露目ではないんですな。
これが。



まっ
涙と笑いはマム号ブログにつきもの。

気を取り直して
東塔の初層へ。

むっ!?

これが仏舎利!
10センチメートルほどの
蓮の蕾の形をした容器に浮かんでます。
なんだか実験室のガラス瓶の
アルコールに浮かぶかのような
ちっちゃなお豆のよう。
      ↑ごめんなさい
ホ~と
頷くも、
誘導の係のかたが教えてくれなんだら
気付かずスルーしたであろう
「貴い展示物」でした。
     ↑またもごめんなさい


それではお詫びに両塔公開。

薬師寺 東塔 金堂 西塔
                                      2006年撮影でっす。


 
19
 
2013年03月03日_DSC_0092
                                        興福寺 南円堂


東大寺の上院をまわり
興福寺の境内にはいると、
やや!????
外人の坊さんだん。

興味津津のマム号です。

1260年前の東大寺大仏開眼の
導師・菩提僊那(ぼだいせんな)上人は
紅毛碧眼だったといわれていますから
外人の坊さんに驚いてなんとする!
でも
やっぱり興味もつよね。

で、
調べたら
どうも、2年前に得度したドイツ人のZさんらしい。
で、
徳の高いお坊さんになるべく四度加行(しどけぎょう)
という修行中らしい。
フムフム

さて、
マム号は興福寺にご朱印帳をいただきに
              ↑勿論お金を払う
寄ったのであ~る。



興福寺ご朱印帳2013年03月07日_P3070214



興福寺 ご朱印2013年03月07日_P3070215


本当のことをいうと
ご朱印帳を収集する趣味はありません。
見仏には
東大寺のご朱印帳を持ち歩いています。

ほんとうなのか、おじょうずを言われたのか
さだかではありませんが、
あるお寺さんでご朱印をいただいていたら
「東大寺のご朱印帳は紙質がいいからさらさら書けます」と
言われ、有頂天なマム号です。

もともと東大寺友の会にはいっているくらいの
東大寺ファンですからご朱印帳は常に東大寺さんで購入します。

そんなマム号がなぜ、ご朱印帳を?
といいますと、
ツイッターなんですねえ。

このごろのお寺さんは
ツイッターに公開情報を流されます。
ってことでツイッターを利用しているマム。
で、
お調子者だから
限定の「興福寺ご朱印帳」が出ると知るや
ついつい、「欲しい」ってツイートしてしまいました。



どうぞどうぞあなた様も笑ってやってください。


20




この興福寺ですが、
南円堂創設1200年を記念して
南円堂・北円堂が同時公開にあいなります。

嬉しいですねえ。
北円堂は何度も拝観したことがあるのですが
南円堂の堂内を拝観したことは1度もありません。

南円堂は1年に1日のみの公開で日にちがあわなかったのです。

こういう情報もいち早くツイッターで拾います。


興福寺003
                                    4月12日~6月2日公開



う~ん
4月5月は忙しくなります。
先ず
初孫ができるでしょ。
井の頭弁財天の12年に1度のご開帳でしょ。
合気道の特別講習会でしょ。笑
浅草の回向院での出開帳でしょ。
なんとか
帯状疱疹ができぬほどに頑張らねば。
の、
マム号です。


南円堂 宝珠と右近の橘2013年03月03日_DSC_0098
                           左近の橘

南円堂の公開時には、↑左近の橘に
白い花が満開なんじゃないかしら。
それもまた楽しからずや。




en13月3日 桃の節句の見仏記足取りen1

夜行バスに乗って東大寺のご贔屓さん1東大寺のご贔屓さん2
興福寺のご朱印帳薬師寺東西両塔公開緑かんばし唐招提寺ちょっと骨董屋


この項に関しての詳細は「白マム印」の下記をご覧ください。
<2013年3月3日見仏紀行>
(東大寺 中門の兜跋毘沙門天 二月堂の贔屓二月堂のもう一つの石段
手向山八幡宮の向かい鳩)→ (興福寺 石灯籠ご朱印帳門帳)→
(薬師寺 東西両塔初層特別公開小休止休ヶ岡八幡宮・孫太郎稲荷大明神)→
唐招提寺)→(京都三条・てっさい堂


 
17
 
色大島と銘仙の道行 2013年03月17日_DSC_0283
                                     色大島と銘仙の道行



有閑マダム!

マムの真の姿を知らない人は
思うかもね。

    実際、働いていないと
    思っていた人がいますぅ


今日は
お着物を着て
新橋演舞場に三月花形歌舞伎観覧。

まっこと有閑マダムだん。

違いますよ。
朝から晩まで働いているので
三多摩地区のおしんっていわれてますよ。

まっ
それは
おいときましょう。

新橋演舞場はね

尾上菊之助祭
といって
いいほど、
菊之助がすばらしい。


07




マム号高校生時代は
歌舞伎は
「三之助 時代」
といって
今は昔
尾上菊五郎 → 尾上菊之助
市川団十郎(故人)→ 市川新之助
尾上松緑(故人)→ 尾上辰之助
ら、
三人の人気が絶大だったんだわあ。

現在は
その息子たちが
歌舞伎を背負ってたっています。
  ただし、海老蔵が足をひっぱってますが・・・。

そんなことはどうでもよくて
とにもかくにも
菊之助は逸材です。
歌舞伎役者のすべての要素をもっています。
ほれぼれ・・・・。

新橋演舞場 三月花形歌舞伎


菊之助をみにいくわけだから
敬意をあらわして
着物です、着物。

が、

ちょっと
着物を着ないと
着方を忘れているマム号。

朝、大慌てで
てんやわんやでした。

だから着付けはグズグズでした。

  大島紬は大好きですが布がシャリシャリして
  張りが強い上、しわがはいるので着付けが
  難しいです。


色大島 織り帯 2013年03月17日_DSC_0301



で、
演舞場は
素敵なお召しものがあちこち。
とても目の保養になりました。
たまには
こういうお遊びもいいですね。

そのうえ
ロビーには
菊之助のお母さんの富司 純子さんに
お嫁の瓔子さんが着物姿でおいででした。
ふたりともとってもきれい。

特に中村吉右衛門の四女の瓔子さんは
とても聡明な感じが見受けられました。
マム号、思わず近寄って
「おめでとうございます」って言っちゃいました。

あ~
楽しかった。

             おまけ
             これは演舞場近くの
             4月の杮落しを待つ新歌舞伎座です。
            歌舞伎座
             後ろのビルも歌舞伎座ですよ。
             つながっているの。

 
15
 

村上春樹さんの
長編書き下ろしが4月にでますよ~。

名前に凝るっていうか、
そのまんまっていうか。

題して

色彩を持たない 多崎つくると、彼の巡礼の年


だそうです。
で、
文藝春秋の本のウェブ
によりますと、

   「1Q84」がいわば
   ジェットコースター的な物語だったので、
   それとは少し違うものを
   書いてみたいという気持がありました。
   それがどんなものなのか、
   書いてみないとわからなかったけど。
              (春樹談)



いうことです。






ファンなんですけどね、
ですけどね、
ですけどねねねね、
この人の小説ってホントは
どうなんだろう・・・って
思うこと多々です。

イカちゃんいうところの
「つまらん小説」
なのかもしれない。。。


1.785円
予約受付ちう。




 
14
 
まだこないけど大丈夫かしら。
電話して聞いてみようかしら。

いやいや
もう少し待ちなさい。

そういえば
去年は
心棒辛抱たまらず
電話してしまったこのマム号。

おちつけおちつけ

って
ことで
今年も
手元に届きました。

これが来ないと
春が来ない!!!






東大寺友の会 会員証2013年03月14日_P3140226
                              今年の写真は 「大仏殿 夕日」

                    
東大寺友の会
会員証。

これで4月から来年の3月までの1年間が
また楽しくすごせるわいな。




東大寺友の会会員証
            去年/修二会 椿の造花



*東大寺友の会入会案内はコチラです。


 
11
 
日曜日です。

暑くて半袖でもアヂ~ねえと
イカちゃんとウダウダしていると
急に薄暗くなって
空が
きな粉色に。

誰もが「ご近所国」のせいに違いないと
思ってしまいました。
     ↑東京都民全員反省

おしまい。


じゃなくて
それよりも唖然とした出来事が!


再現 開始!


さあて、夕食は
♪ハウスバーモントカレーでしょっ
と、
お鍋お鍋お鍋。。。


2013年03月10日_DSC_0267



を、をををを
持ち上げたらばばばばば、ば。

まあ、なんとゆうことでしょう。








2月11日に忽然と消えた↓


2013年03月10日_DSC_0268



メガネが↑こんなこんなところに
ひっそりとおわした。





                        イカちゃんの陰謀だろうか!?



 
08
 
イカちゃんとマム



お久しぶりです。
イカちゃん、マム号楽しく日々
すごしています。

では
はじまりで~す。


お風呂です。
髪を洗います。
が、
全然 泡がたちません。
そんなに汚れてるのね、マム髪は。
な、
わけありません。

おかしい。

もしかしてリンスしちゃったかな。
 コラコラあわて者!
で、
髪をゆすいで、
ボトルを確かめて再度
泡たてシャボンシャボン。
む、
たたん。。。

あっ
イカちゃんがリンスをシャンプーと間違って
ボトルに入れたにちがいない。

キ~~~

これは問いたださねば!!!

「イカちゃんイカちゃん、正直にこたえよ。
シャンプーとリンス間違ったでしょ!!!!!?」

するとイカちゃんったら、平然とゆう。
「あれさあ、やっぱ泡たたないんだよね~~」と。

キ~

髪は女の命だというにっ。
 (おいおい マムが そういうことゆうわけ 笑)

そしてイカちゃんはシレっと続けるのである。
「間違ってないさ。一番安いシャンプーを探して買ったんだよ」。


いちばんやすいしゃんぷー!


リンスかもしれない疑惑より
一番安いシャンプーのほうが悲しい。

ってことで
今日のマム号の髪はボサボサです。



 
06
 
2013年03月03日_DSC_0059
                      お水とり のために二月堂は↑こんな状態です



贔屓に会いたいばかりに
鎮まりかえった上院をバタバタと
だんびろ甲だかドナルドダック足の
マム号はかけずりまわり
力尽きて
石段をとぼとぼ上りながら
灯籠をみていきます。

右をみたら左
左をみたら右。

遠目には「あのおばさんなにしてんだか?」状態。

  で
  も
  そ
  の
  か
  い
  あ
  っ
  て

なんと
贔屓さんは
石段を上りきった
右手におらっしゃいましたっ。

フ~



それでは
東大寺二月堂の贔屓さんで~~~~す。



贔屓2013年03月03日_DSC_0048


en1参考en1


*贔屓さんの詳細は「白マム印」をご覧ください。

<3月3日の見仏>
東大寺→興福寺→薬師寺→唐招提寺→京都三条



en1今日のアゲハen1


003

あたたかい日が続くので
ホッとしているアゲハマムです。


en13月3日 桃の節句の見仏記足取りen1

夜行バスに乗って東大寺のご贔屓さん1東大寺のご贔屓さん2
興福寺のご朱印帳薬師寺東西両塔公開緑かんばし唐招提寺ちょっと骨董屋


この項に関しての詳細は「白マム印」の下記をご覧ください。
<2013年3月3日見仏紀行>
(東大寺 中門の兜跋毘沙門天 二月堂の贔屓二月堂のもう一つの石段
手向山八幡宮の向かい鳩)→ (興福寺 石灯籠ご朱印帳門帳)→
(薬師寺 東西両塔初層特別公開小休止休ヶ岡八幡宮・孫太郎稲荷大明神)→
唐招提寺)→(京都三条・てっさい堂


 
05
 
贔屓さんかわいや のマム号の耳に
「東大寺の二月堂には贔屓さんがいる」の
うわさがはいったのは1月14日の見仏直後のこと。

悔しい!
足もとばかり見て石段の「ますかけ」を探しておった。
贔屓さんがおわしたなんて!

このマム号100回は二月堂を訪れているというに
     (↑すごくオ~バ~ 笑)
うかつにも知らなんだ。


2013年03月03日_DSC_0040 2013年03月03日_DSC_0037





ってことで
まだ朝早く参拝の人もいぬ
清らかな空気をかき乱し
二月堂をかけずりまわって
探す
探す
贔屓はどこだと
どこですか~~~。


で、


すぐわかったのは
コレ↓




2013年03月03日_DSC_0065



お水とりの特設観覧席。
きっと
きっと
御贔屓さんの席にちがいない。
  ↑マム号もここに招待されてみたい・・・。

と、
ぼけたりして。




                       
en1 en1

<贔屓>

贔屓 東長寺 2012年08月18日_DSC_0481
             福岡市 東長寺の贔屓

  中国の伝説によると、贔屓は龍が生んだ
  9頭の神獣・竜生九子のひとつで、その姿は亀に似ている。
  重きを負うことを好むといわれ、
  そのため古来石柱や石碑の土台の装飾に用いられることが多かった。

  日本の諺「贔屓の引き倒し」とは、
  「ある者を贔屓しすぎると、かえってその者を不利にする、
  その者のためにはならない」という意味の諺だが、
  その由来は、柱の土台である贔屓を引っぱると
  柱が倒れるからに他ならない。(ウィキペディアより)


en13月3日 桃の節句の見仏記足取りen1

夜行バスに乗って東大寺のご贔屓さん1東大寺のご贔屓さん2
興福寺のご朱印帳薬師寺東西両塔公開緑かんばし唐招提寺ちょっと骨董屋


この項に関しての詳細は「白マム印」の下記をご覧ください。
<2013年3月3日見仏紀行>
(東大寺 中門の兜跋毘沙門天 二月堂の贔屓二月堂のもう一つの石段
手向山八幡宮の向かい鳩)→ (興福寺 石灯籠ご朱印帳門帳)→
(薬師寺 東西両塔初層特別公開小休止休ヶ岡八幡宮・孫太郎稲荷大明神)→
唐招提寺)→(京都三条・てっさい堂


 
03
 
兜跋毘沙門天2013年03月03日_DSC_0011
                                  東大寺中門 兜跋毘沙門天

24時間前の2日23時30分
新宿発の夜行バスに乗ったマム号。

熟睡です。 笑

夜行バスで熟睡する女は
マム号とマム友のどすこいおスミと
マム友の朋ちゃんくらいでしょう。

女もこうなったらおしまいです。


今回の奈良行きの目的は
薬師寺の東塔西塔の初層の同時公開です。
が、
マム号的にはトップの画像が撮れたことと
あらたに贔屓さんに会えたことが
このうえない幸せでした。




2013年03月03日_DSC_0079 薬師寺2013年03月03日_DSC_0116
薬師寺休岡八幡神社2013年03月03日_DSC_0144 唐招提寺戒壇堂



さてさて上記の4枚の画像は
どこだかわかりますか?
すべて超有名です。

フォト蔵に入って見ないようにね!
そんなことしたらドビシ(←たびささんの言いまわし借用 笑)。



               551 蓬莱2013年03月03日_DSC_0198

                                 ↑帰りの新幹線で食べたもの
                                  551の肉まんと餃子
                                  おにぎり2個
                                  ビール
                                  画像にはないけどチーズ竹輪

                                  食べすぎと
                                  どすこいおスミから顰蹙をかいました。
                                       笑



                         う~ん
                         新幹線の中でひとり
                         缶ビール飲むっちゅうのも
                         女にあるまじきですな!
                           大笑



en13月3日 桃の節句の見仏記足取りen1

夜行バスに乗って東大寺のご贔屓さん1東大寺のご贔屓さん2
興福寺のご朱印帳薬師寺東西両塔公開緑かんばし唐招提寺ちょっと骨董屋


この項に関しての詳細は「白マム印」の下記をご覧ください。
<2013年3月3日見仏紀行>
(東大寺 中門の兜跋毘沙門天 二月堂の贔屓二月堂のもう一つの石段
手向山八幡宮の向かい鳩)→ (興福寺 石灯籠ご朱印帳門帳)→
(薬師寺 東西両塔初層特別公開小休止休ヶ岡八幡宮・孫太郎稲荷大明神)→
唐招提寺)→(京都三条・てっさい堂


 
01
 




2013年03月01日_P3010201
                          3月1日 激しく揺れる柚子の木に



アゲハママ、不覚にも
まったく気がつきませんでした。

この寒いのに
柚子に
アゲハの蛹がっ。

無事に羽化すればいいのですが
羽化してもこの寒さ。


毎年8月からはじまる
アゲハ狂想曲が
3月1日からはじまるとは・・・。

トホ

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday