カバ屋印 マムの素 

 
28
 
2013年02月16日_P2160192




いつのまにやら
「赤いテントのパン屋さん」
と、
言われてるらしい・・・。

と、
いうことに気がつて
幾年月!?



まっ、それもいいんじゃなぁい。
と、
イカちゃんとマム。



が、
ここで
それに
終止符をうつことになりました。


嫁のうさこちゃんが
カッティングシートをカットして
作ってくれましたっ。



それでは
お披露目です~~~~~~。

やはり効果音が必要でしょう。

 じゃんじゃかじゃぁあああん
 じゃじゃじゃじゃ~~~~~~~ん♪


2013年02月20日_P2200194


本当はホントは

オーフェン 

と、
もうします。


                 でもでも、
                 でもでも、
                 たった5分くらいの作業。
                 文字がゆがまないように
                 ガムテープで目印をしたら
                 なんと
                 なんと
                 ガムテープのあとが
                 しっかり。
                 5分で!
                 うさこちゃんには内緒です。

                 マム号のやることなすこと
                 最悪です。
                 涙


                 オーフェンを漢字で書いたら
                 さしずめ

                 大変

                 ですかしら。
                       フ



スポンサーサイト
 
27
 

2013年02月24日_DSC_0651
トーハクくん と ユリノキちゃん



ユリノキちゃんを見るのは
はじめてです。


写真を撮っていると
後ろのカップルの会話が聞こえてきました。

    ユリノキちゃん!?
    変な名前だよね
    どういう意味


と、
いうことでマム号が説明いたしましょう。

東京国立博物館の前には
大きな大きな「ユリノキ」別名チューリップツリーが
植えられています。
その立派さから東博は「ユリノキの博物館」といわれて
います。
         ↑実はいわれているのは聞いたことありません 笑




ユリノキ2013年02月24日_DSC_0652
                                         2月のユリノキ




ユリノキ
                                          5月のユリノキ


ユリノキに近づくと


ユリノキ



ユリノキ


5月に東博に行かれることがあったら是非みてくださいね。
マムはこのユリノキが大好きでいつもベンチに座って
おにぎりを頬張っています。




           明治8、9年頃渡来した30粒の種から育った一本の苗木から
           明治14年に現在地に植えられたといわれ、
           以来博物館の歴史を見守り続けている。
 ウィキペディア



 
26
 
円空展にはもちろん行ったわけで
100体の円空仏に
円空さんを堪能しました。

本当のことをいえば
出先で1体2体の円空仏にお会いすると
つい
「これ本物かなあ」という疑念のほうがわいて
感動をおいやってしまいます。

今回はお墨付きおよび圧倒的な数で
素直に円空さんを楽しめました。


円空展IMG_0005_NEW_0002



今回の円空展の肝は

歓喜天立像

でしょう。

ところが
歓喜天を知らない人だらけで
「なに この へんてこりな物」扱いで
殆どの人が
素通り。

これは
悲しいこと。
悲しいこと。

歓喜天は秘仏の場合が多いので
私自身も今回はじめてお会いしました。
歓喜天の像がどういう形状か知っていましたので
わかりましたが、
知らないときっとマム号も素通りだったと思います。

さて、
歓喜天のほかには宇賀神さんも
お会いしたかったので
じっくりお目通りして
その
ゆるキャラぶりにキャッホ~のマムです。



名付けて「ゆるキャラ三銃士」↓

円空展IMG_0006_NEW_0001
迦楼羅天(烏天狗)     八大龍王        宇賀神



このほかに
柿本人麻呂坐像もいいんだなあ。


ということで
つづきは「白マム印」に行ってください。
歓喜天さんも柿本人麻呂さんもおいでですから。
白マムでは宿題も出してますから。



 
24
 
今日は空気が澄んでいて青空で
円空日和です。

イカちゃんはスキーで
マ虫は土からポコリとでていそいそ上野行き。

先ずは東京国立博物館入ってすぐの11号室で
じっくり見仏です。

ここは写真撮影OKです。
但し三脚フラッシュ不可。

カメラ禁止マークの展示物はだめですよ。

で、
勿論撮りますよ!
で、ですよ。
いるんです。
こういうおばちゃんがっ。

薫号の背後で
ヒソヒソですが、しっかり聞こえるように
「写真撮ってる」と非難めいた声。

我思います。
ちゃんとマム号に聞くあるいは注意してくれないかなあと。
したらば
ワタクシは言いますよ。

「写真は撮っていいんですよ。ただしフラッシュ・・・」
と、
親切丁寧に。


でも
今まで一度も直接言われたことないなあ。

さて、今日のおばちゃんたちは
血気盛んであった。


学芸員さんに直接言いつけに行っちゃいました。

なんだか

「い~けないんだ
いけないんだ
せ~せんせにいうちゃろ」

みたいで
トホホ

東博第一歩であ~る。

まっ
マム的には
出足好調であるが。

                                でだあ。
                                マムはそのおばちゃんに言いたかった。
                                お仏像にまみえる場合は
                                その帽子をとりなさい と。 




不動明王

 
22
 
この季節は憂鬱である。

原発は野放し状態だし
寒いし
ほこりっぽいし
PM2.5は飛んでくるし
スギ花粉だし


それやこれやで

こんな人増殖中。

2013年02月22日_P2220198




で、
マム号
なにが憂鬱かというと
この格好で入店されるお客さんが多くて
おっかないということ。

このてのお客さんは往々にして無口。
だんまりやさんです。
まったく誰が誰やらわかりません。

店の者として本音をいえば
せめて入店したらマスクだけでも片耳を
はずしてもらえたらと思っています。


アメリカだったら
アメリカだったら

そんな
そんな

そんな
格好で入店した日には・・・。

大変なことになっちゃう。




                            でも
                            マスクはずしたららららら




                            口裂け女だったら
                            もっと
                            怖い。


                            2013年02月22日_P2220199

                            もっと
                            もっと大変なことに
                            なっちゃう。。。

 
22
 
                                         前回

アタクシだって
アタクシだって

大人買いします。



ホラ!




奈良かるた2013年02月06日_P2060174

2013年02月06日_P2060172 2013年02月06日_P2060170
                      奈良かるた
                    マスキングテープ 懐紙




先月の「見仏・東大寺ミュージアム」で
見仏グッズ同時3つ購入。


                                 でも、
                                 やっぱりお小遣い帳をつけながら
                                 無駄遣いしたことを反省するという
                                 ひとりホームルームなアタクシでした。

                                 結論  ちっさ~~~~

                                羊毛フェルトで作る手乗りワンコ


 
21
 
木曜日はセブンイレブンで




週刊文春を買います。


今日のこと。

私が1冊買ったあと、
後ろにいたおじさんが
カウンターに放るように

ドサ。


すご~い。

週刊文春。
週刊新潮。
スポーツ新聞。



なんて大人買い!!!


そう感心しながら

オイオイそんなことで
驚いてどうする?

ちっさいぞ。

と、

自転車をこぎながら
ひとりでホームルームをする

アタクシ

です。


2011年05月14日_P5140510


 
18
 
キャッシュカードのおかげで
銀行の出し入れの簡単なこと。

マム号学生時代は
仕送りは郵便書留でした。
 (おかげで空き巣にやられました!)

便利なんだけど、
暗証番号は時々変更してくださいって
いわれてもねえ・・・。


銀行預金のキャッシュカード、クレジットカード、
ネットバンキングカード、新幹線予約カード、
JAL、ANA

それらのうえに
アマゾンやら楽天やら、gooやらyahoo

ありとあらゆるものに
パスワード。

IDパスワード
ログインパスワード
お取引パスワード



パスワード大氾濫です。

2013年02月16日_P2160190



                           便利ですが
                           なにがなんだかわからなくなってきました。
         
                            笑

 
17
 
                                     <2月12日の日記はコチラ>

未だ



abさんご



を読了していません・・・。



なんだかすご~い敗北感。。。。。



黒ラブラドールレトリバー グレース





             ↑そうなんだよなあ・・・と、逃げる・・・マム。
                笑
 
16
 

     寒い朝 吉永小百合&マヒナスターズ


北風吹きぬく 寒い朝も
心ひとつで 暖かくなる
清らかに咲いた 可憐な花を
緑の髪に かざして今日も ああ
北風の中に 聞こうよ春を
北風の中に 聞こうよ春を♪


    今朝は青空のもと北風がビュ~ビュ~ふく
    寒い朝です。
    ふっと
    吉永小百合さんの「寒い朝」を
    思い出しました。
    動画をみながら口ずさんでみてください。

       とってもいい歌ですし
       若い吉永さんと浜田光夫さんを
       見ると、日活映画ってよかったなあ
       と思っちゃいますよ。

       置いてきぼりにした「力」もわいてきちゃう。





2010年03月21日_DSC_0452







寒い朝の原作者は石坂洋次郎。
この石坂洋次郎は完全に忘れ去られて
しまっていますが、戦後からの
流行作家で「青い山脈 (新潮文庫)」は映画化されて
一大ブームをまきおこしたものです。

多分、マム年代が最後の読者ではないでしょうか?
文庫で手に入るものは殆ど読んだ、、、と思います。
若い人の自然なふるまい、営みを素直に見つめて
書かれた小説は今も懐かしく思い出します。

個人的には石中先生行状記 (1958年)が好きでした。




 
14
 
ザムザは朝起きたら巨大な虫になっていたんだけど、、、


マム号は雪が降るととととと、

てんとう虫になっちゃいます。



今年は3回雪降り積む
したらば
律儀なアタクシは
そのつど
そのつど
てんとう虫。

それも
それも
おもいっきり
自転車で。


2013年02月13日_P2130185

                        注:↑これは七星ですから 笑。
                        注:この落書きはたらいまわしですぅ。
                               これからも利用!



おかげでいい年をして
膝っこぞうは
1月15日以来
ず~とずるむけです。



 
14
 
個人店はね、
個人店はね、

個人店は、
店主がよければ
なんでも出来ちゃう。




って
ことで、
手袋が濡れたので
よく乾くとこに干しました。





2013年02月13日_P2130184


                                    場所:入口の鉢植え


 
13
 

銀行のロビーで女性週刊誌を手にとる。
パラパラめくると

  男が嫌う女性芸能人は!?

   1位 和田あきこ
   2位 神田うの

なるほどなるほど、
腑に落ちます。

ページをめくると

  男が嫌う女の外見とは!?

   1位 年に似合わぬ格好

ちょっと汗かいたりして・・・
ページをめくると

  男が嫌う女の仕草・言動とは!?

   1位 大口を開けて笑う女

あ~~~~~、
年に似合わぬ格好をして
大口開けて笑う女!

それって、
それって、
それは、
もろ マム号です。




2013年02月13日_P2130185



 
12
 
abさんご2013年02月12日_P2120177
            第148回芥川賞受賞作 黒田夏子abさんご


いつも言っていることですが
とれとれの芥川賞受賞作は
単行本を購入するのではなくて
受賞作を掲載する文藝春秋を買って読むのが
10倍お得です。


勿論、マム号、買わせていただきました。
以上
おしまい。



としか、書けません。
だって
だって、

横書き、かな多用の
日本語の小説は、
それは
それは
読みにくく難儀なことです。

文字を追うのが大変で内容が頭に
入ってきません。
行をとばすので字面を手で追う始末。


選評で川上弘美さんは
「ここにある日本語はほんとうにうつくしいなあと、
うっとりしたことでした。」
と、
仰っています。

発売日の9日に購入して未だ3ページ、の私。

なんとか読みこまねば!


ちなみに
山田詠美さんと村上龍さんが
この作品にたして×
表明しておいでです。

146回を最後に審査委員をおやめになった
石原慎太郎大明神の選評をききたかったなあと
大いに思い
読了せねばとあせるマム号です。







 
12
 

キリンスタンド 2013年02月11日_DSC_0707
                                          キリンスタンド






これは我家の近所(東京)なのだけど
奈良はオレンジ色の鹿さんという情報を
得ていたので見仏のおりにキョロキョロ
したのだけど
残念ながらありませんでした。



                    さらに残念なのはせっかく可愛くしても
                    マム号のようなおばちゃんおばあさん
                    しか、
                    興味をもたないようで、足をとめている
                    おさなごなんぞついぞ見かけたことは
                    ありません。





 
11
 


ラビットスタンド 2013年02月11日_DSC_0705
                                         ラビットスタンド

 


                               昨日よりメガネが忽然と消えて
                               イカちゃんを巻き込んでの大騒動。
                                、、、出て来ません。
                               どうしたものか。
                               画像とは関係ないんデス。
                               フゥ


 
10
 
2013年01月14日_DSC_0596



朝から、奈良京都と歩きまわりクタクタ。
そのうえお腹ペコペコで京都駅につきました。

冗談抜きフラフラです。
で、京都駅のコインロッカーに入れていた荷物を取り出しに
歩いていたららららららららr r r r r r っらっ。
             ↑笑 でもこんな感じ。
マムにとって幻の551がこんなとこにあった!

もうず~~~~~っと
憧れていたんです。
この有名な551に。
でも探しても探してもマムの目にふれなんだ。

なんだ、いつも通るここにあったのね。
               あったのさ。

で、並んで購入。

豚まん
シュウマイ
ちまき

を。

ウシシ 幸せな気分。

はて、待てよ。
どこで
食べるん?????

うん、
大階段で。

というわけで
伊勢丹の4階(5階だっけ)で
いつものごとくお手洗いを借りて
大階段へのドアを開けるとととととと、

あらまあ~~~。

     ガッラ~ン






京都駅大階段2013年01月14日_DSC_0601

だ、誰も坐っていない。


当然といえば当然。
こんな寒い日にこんなところにわざわざ坐る人は
いないでしょう。

さてどこで食べる・・・。
と、最上階へとはじめてあがっていくマム号。


ヒエ~



2013年01月14日_DSC_0602


寒々。



って、
わけで、またも大階段へ赴き
端っこでホームレスまがいのマム号。


2013年01月14日_DSC_0599


鉄骨なんぞを眺めながら
551の豚まんを貪るのでした。

ホカホカの551の豚まんは皮があつくて
肉がしっかりはいっていておいしかったです。

こんな状況でも酢醤油が欲しいなんて
思うマム号でした。



551豚まん2013年01月14日_DSC_0597




551焼売 551ちまき2013年01月14日_DSC_0600


しかし
吹きっ晒しの大階段。
肉まんでお腹の中はあったまっても
頬うつ風の寒いこと。
半分は残して早々にひきあげるマム号です。


残りは、ゆっくりとビールを飲みながら新幹線の中で。




結果、
車内肉まんの匂い充満。

皆様、ご迷惑をおかけしました。
こっそりとここであやまりますの
2013年1月13日・14日の見仏紀行です。

                          そしてそして
                          我街の駅に降り立つとそこは雪国であった。
                          駅より自転車で10分もかからぬ我が家を
                          リュック背負って1時間テクテク歩いて
                          帰ったのであった、、、のさ。


                    完
   

en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ
 
09
 
東寺宝蔵のお堀のサギ 2013年01月14日_DSC_0516

1月14日2時48分。
東寺宝蔵のお堀のサギさんが作り物みたい
だなあと思いながら通過。


東寺 小子房勅使門 2013年01月14日_DSC_0525


美しい東寺小子房(しょうしぼうorこしぼう)の
勅使門に見とれ


贔屓 東寺大師堂2013年01月14日_DSC_0556


毘沙門堂隣のまるで「バカボンパパ」のような
贔屓さんのかわいらしさに
ムツゴローさん状態になり撫でまわす。



時間は小1時間経って
3時41分。
で、


2013年01月14日_DSC_0593


サギさんが作り物ではないことが判明!


深く感動す。




                                    *勅使門の詳細はコチラをご覧ください。
                                    *贔屓の詳細はコチラをご覧ください。


en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ


 
07
 
2013年02月06日_P2060166
                                   マムの愛車に雪降りつむ


   雪の降る日は
   楽しいペチカ~~~♪

   いえいえ違いますっ。


暖かい日が続くかと思うと
いきなり寒い雪の日。

おかげで
マム号の喉はイガイガで
すっきりしません。

のど飴を口にいれること多々。
ついつい
舌で飴玉を
追いまわす。
舐めまわる。



ということで、
舌先がただれて
痛いのなんの!

おまけに
上手にしゃべられない。

踏んだり蹴ったりのマム号です。


 
06
 
手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)は
由緒ある神社です。

東大寺建立のおりに大分の宇佐八幡宮より
守護神として勧請されました。
八幡宮として日本で分社された第一号社です。
時は749年のことです。


2手向山八幡宮013年01月14日_DSC_0496


厳かで静謐な神社です。







で、



当神社の干支の土鈴です。
おひとかた、笑えます。

西原理恵子画伯描くところの
漫画にこのお顔はよく出て来ます。


手向山八幡宮2013年01月14日_DSC_0494
                                                  001 




lm_08  lm_08  lm_08


<なぜか怒涛の西原理恵子祭>

  

  

  

  


その絵の汚さ、
その字の汚さ、
コマワリのいい加減さ、
内容のおどろしさ、

はじめて読む方は、
きっと頭が痛くなることうけあいの
西原本でっす!

初歩編としては「毎日かあさん」あたりから。


 


en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ


 
04
 
2010年03月03日_P3030064


「この方ははじめてのお客様だな」

だいたいわかります。



そういうお客様にかぎってというか、
そういうお客様のなかで
意外と多いのが、、、、、、!


「この店出来て何年になる?
僕(私)が住んでた時なかったなあ。」

とか、

「この頃できたの?
古くからいるけど全然気がつかなかった。」

などとのたまう。



フランスパンの成形

  この辺のことは詳しいんだよ。
  お宅、まだ新しいでしょ。
  
と言外に匂おってきます。

あ~、
来なすったなあ。
と、
思います。

内心、ク~~~ ですが、

恥をかかせても悪いしと、
つかう必要もないのに気をつかって

「ちょっと古いんですよ」と
お茶を濁します。 


某日のお客様は、
「5年前までここに住んでたけどさ、
その頃なかったよねえ。
久し振りにきたらさ、パン屋だよ」と。
  

断言しましょう。
    実は昭和60年よりここでやってますよ~。   笑


 

2010年03月03日_P3030050


 
03
 
ますかけ 東大寺二月堂石段の模様 ますかけ2013年01月14日_DSC_0447
                                    二月堂石段 ますかけ


これは誰にでも言えることだと思うのだけど
好きなものや得意だと思っているものに
知らないことがあるとわかったららららら

驚く、
悔しい、
気になる、
知りたい、

という
感情がわいてくると思う。

それが
「ますかけ」。

去年、よそさまのブログをみていたら
二月堂の石段の模様には

流水
亀甲
唐草
網代
青海波


他に
「ますかけ」
がある

という記述発見。
で、
その模様は
リボンシトロンちゃんの「リボン」
そっくり。
07.jpg

!?
知らなんだ。
しかし
なんでリボン模様が「ますかけ」という
名前なん???

MY寺東大寺に知らないことがあるなんて・・・。
そりゃあ
おおごとです。


ということで
川口浩探検隊はがしがし行動開始。
↑オーバー

ネットで「ますかけ」を調べる。
そんな模様はありゃしません。
釣れたのは

なんと
手相の「ますかけ」線。

  マスカケ線の人は、自分が目指すものがハッキリ定まったり、
  自分がどんな人間であるのか、しっくりくると、
  それはもう、すごい勢いで道が開けていきます。

  立派な人になるといわれている「マスカケ線」。


ち、違う!
模様なの。
ますかけという。

川口浩探検隊は悪天候の中、
東大寺二月堂の石の階段を舐めるように
見る
観る
視る。

お~~~
ありました。

ますかけ2013年01月14日_DSC_0480

そっかあ。
このリボンシトロン模様を
「ますかけ」というのか!?!?!?

釈然としないまま、
あきらめずにさがしていると、

ありました。

これが、
ますかけです。


ますかけ 二月堂石段002
                                      *トップ画像と同一


やっと「ますかけ」の意味がわかりました。

四角い舛(枡)に かけ(バツ)印で

「ますかけ」といわれていたのね。


う~ん、
これは、人為的な線刻模様じゃなくて
自然の産物ですね!


そっかそっか、納得。
ス~っとしました。


だからなんなのよと言われちゃいそうですが、
東大寺好きには
とても大切なことでして・・・。
ブツブツ

ルンルンルン♪


        ちなみにこの「ますかけ」を踏むと無病息災なんだそうです。
        同じ踏むならリボンシトロンじゃない「枡にかけ印」の方を踏みましょうね。
        場所は自分で探しましょう。すぐわかります。       ルンルン♪



                           *詳細は「白マム印」をご覧ください。
                            他の模様の写真もアップしています。 
        


en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ

 
01
 
2013年01月14日_DSC_0436


東大寺の鐘楼は大きい。
人呼んで、奈良太郎

で、
奈良出身の友達にしたり顔で
「ねえねえ、東大寺の鐘は 奈良太郎 っていうんでしょ」
と、
たずねたら、
「言わねえ!」
って、
憮然としていわれました。



2010年10月31日_DSC_0095奈良太郎
                      2010年10月撮影



            ふ~ん、そっか。
            「吉祥寺のことをジョージっていうんでしょ」って
            聞かれたら、
            「いわないよ!」
            って、
            いうみたいなぁ・・・。
            
            違う・・・か。
            笑



                              注・マム号の髪の毛 描き足してますぅ 笑





en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ


プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday