カバ屋印 マムの素 

 
31
 
京都タワー2013年01月13日_DSC_0312


京都駅に着いたのが17時すぎ。

さすがに疲れました。
なんだか歳を感じます。
グス

地図上はよく歩きました。
大津、湖北~京都ですからね。
でも、今回ほど計画通りにいかなかった
見仏はありません。

それでも竹生島で思いがけず
「贔屓」さんに会えたのはもっけの幸いです!


JR奈良駅


いつもは近鉄特急に乗り奈良にいくのですが、
昼食にお金を使った分、質素倹約JR利用ですが、
急行ですし、始発ですから快適です。


さてさて、お宿の話でっす。
マム号は、高野山以外は京都にいたとしても
奈良に出て、絶対に奈良のホテルに泊まります。
そういうわけで(どんなわけ!?)
奈良の三条通りからJR奈良駅界隈と大宮辺りの
いろんなホテルに泊まっています。

マムのホテル選びの条件は朝食付き。

で、早期予約とかではなくても
「安くて」、交通の便がよくて
そこそこ感じがよくて安心できるのはっ!


発表~~~~


ホテルフジタ奈良


です。


                          ↓これはなにかといいますと・・・
奈良三条通りの公衆電話2013年01月13日_DSC_0317
                                 答えは次の画像です




フジタホテルの
「5時以降チェックイン」プラン
はシングルで4900円です(朝食付き)。

5時前にでも荷物だけ預かってもらえますし
奈良駅のコインロッカーに荷物をいれて
観光すれば5時なんてすぐです。

これはとってもお得です。
場所も三条通りという近鉄奈良駅、JR奈良駅の
中間地点に位置します。

ホテルとしての対応が一番しっかりしていて
朝食もおいしいのは、
1位が日航で、
このフジタホテルは
2位ですかね。。。

でも日航は高い!
安くても8000円ですから。


奈良三条通りの公衆電話2013年01月13日_DSC_0318
                答え 三条通りの公衆電話


で、
今回は、フジタ
じゃなくて日航奈良に泊まったマム号です。


前回泊まった、日航奈良のすぐ近くの
大浴場つきのホテルは、ホテル内を
浴衣にスリッパで歩く老若男女で
あふれていて生理的にだめでした。
で、
やはり大浴場のある日航は、
そこはほら、日航です。
ホテル内の禁止事項にしっかり明記されており
そんなふとどき者はいません。

フロントの雰囲気も日航が一番いいです。

ただ、多分奈良で一番の客室を誇るのではないかと
思われ、建物が横に細長~くて、もしなにかあった時には
女性一人は心細いような・・・。
非常口確認は必須です!

女性ひとりだと、かえってコンパクトで
フジタがいいかなあと思います。


って、
ことでやはり安さと安心で
総合1位は

ホテルフジタ奈良です。



興福寺 夜の南円堂2013年01月13日_DSC_0335
                                     興福寺 夜の南円堂


面白いのが、フジタホテルは大浴場がない!
だからどうしているのかというと
近くの徒歩2分の銭湯「敷島温泉」を案内
してくれる。

この敷島温泉のウリは
「創業80年の歴史が詰まった、昭和の情緒あふれる昔ながらの銭湯」
でっす。

今度「敷島温泉」に行ってみようかなあと思うマム号です。



en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ


スポンサーサイト
 
30
 
八坂神社西楼門2013年01月13日_DSC_0308
                                       八坂神社西楼門

いもぼうを知らず恥をかき
申し訳ないけれど
食べ残して円山公園へ。

ほほ~、これが渡辺淳一先生の小説にでた
枝垂れ桜かあと、
桜咲くにはまだまだなのに
無数の枝を垂らす木は、からめ捕らわれたら最後!
のような妖艶さをもっていることにぞっと
しながら八坂神社へと歩を進めます。

成人式ということもあってか着物姿の娘さんが
多く、華やいでいる祇園さんです。


八坂神社2013年01月13日_DSC_0297



本殿の柱には、

あら面白や。
稲藁飾りの亀


八坂神社2013年01月13日_DSC_0296
2013年01月13日八坂神社本殿 柱の稲藁の亀飾り



なるほどなるほど、
お正月は、このようなお飾りをするのねえ・・・。

なんて、
マム号は、「白マム印の八坂神社編」に書いてしまいました。

     「縁起のよい「稲藁の亀飾り」です。
     神社の柱に飾られているのは
     はじめてみるのでとても新鮮です。
     いつもお正月には八坂神社の本殿に
     飾られるのでしょうね。」

            白マム印より


でへへへへ 
恥。

前回訪れた2009年11月8日の八坂神社の写真を
見たらららららら~~~~。

あ゛  
柱に亀さんがいる!

八坂神社
                    2009年11月8日八坂神社本殿 柱の稲藁の亀飾り


ってことは、、、いつもあるうううううううう。
逃~げよっと。
  タッタ~~



en1参考en1

*八坂神社の詳細は白マム印をご覧ください。
*2009年11月の八坂神社はコチラをご覧ください。

<2013年1月13日旅取り>
滋賀/三尾神社→三井寺→竹生島宝厳寺→京都/知恩院→八坂神社→奈良/興福寺
<1月14日旅取り>
奈良/東大寺→京都/東寺


en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ

 
29
 
お仏像をもっと身近に感じたい
あなた。


いかがですか!?

和の心 仏像コレクションは。







ガラガラポン2013年01月14日_DSC_0433





心安らぐ仏像を
いつも机の上に・・・。


1個 300円也。





ガチャガチャ 和の心仏像コレクション2013年01月14日_DSC_0434


                                        設置場所 東大寺中門回廊






en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ
 
28
 
 


2013年01月28日_P1280165






 
26
 
厳冬のこの時期行われる合気道の寒稽古。

18日金曜日より毎日お店をあがって道場通いです。
が、
あますところ、本日土曜日と明日日曜日の稽古
となりました。

早寝と、しっかり食べていることと、甘酒の
おかげでしょうか、
身も
心も
頭も
軽いマム号で、
帯状疱疹がよってくるすきはなさそうです。

が、

なんとなく甘酸っぱいものが食べたい!

やかり疲れがたまっているのでしょう。

ということで、
今日は、店で仕事をしているというのに
厨房でマム号ったら大根・人参の千切り
なんかしちゃって
お生酢を作っていました。

 コレデモパンヤデス 笑

塩ふって
水を切って
お酢と砂糖に漬けて
はい出来上がり!

そうそう、
彩り、おされに柚子・・・がないから
レモンの皮をスライスして上に
パラパラ。

さあ、食べましょう。

   いっただきま~~~す。


2013年01月26日_P1260164


う゛!


  まっず~~~~。


レモンの皮の苦いこと
      苦いこと。。。


とりのぞいても
味にのりうつっちゃってて
不味いこと。
不味いこと。


合気道の稽古10分の8日消化記念祭は
忘れ得ぬ日となりました。

                  イカちゃんも逃げる生酢かな


 
25
 
見仏旅行のマム号的掟

それは
「すべてを犠牲にして見仏に集中すべし」

ってことで
いつも貧相な食事をとっていました。
で、
今回はそれなりの食事をとろうじゃないか!
可愛い器にきれいな彩りのこじゃれた料理に
舌鼓を打つ!
うっとり。。。

掟破りなマム号です。

それなりの食事のためにそれなりに下調べも
しての見仏です。

しか~し
三尾神社、三井寺、竹生島、知恩院と
まわって、お腹ペコペコ。
辛抱できず
知恩院から八坂神社に行く途中で
フラフラになって某お食事処の暖簾を
くぐってしまいましたっ。

だって、前行く人が、
「ここは有名よ」と言いながら暖簾の人となったからぁ
そっか
有名かあって
つられてマム号も暖簾の人。

お品書きを見て・・・ヤバ!
だって
写真が茶色茶色薄茶色なんだもの。

京都らしい、彩りはいっさいなし。

で、
出てきたご膳は


いもぼう2013年01月13日_DSC_0280


げんこつくらいはある
炭水化物の塊り。



入ったお店は、
この海老芋で有名なお店・・・だったとは。

好きな人にはめっちゃおいしくて
ペロリとたいらげちゃうものなのだろうが・・・
ご飯茶わんと比べていただければおわかりになるだろうけど
とにかくでかい。
げんこつよりでかいかも。

食べる途中から胸やけ。
あ゛~


マム号、繊細で優美な京都のお料理にあこがれていたの。


掟を破ったマム号がいけないのねえ。
無知だったマム号がいけないのねえ。
シクシク


en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ

 
24
 
今回の見仏は
三尾神社、三井寺、竹生島行きのほかは
非常に迷いました。

本当は泉涌寺の塔頭のひとつである
悲田院に行きたかったのですが
拝観予約の電話をしたところ
お忙しいとのことで願いはかないませんでした。

  この悲田院には、2012年11月25日に訪れた
  大津市歴史博物館に展示されていた
  快慶作の宝冠阿弥陀如来さんが祀られています。
  お仏像様はやはりお堂でお会いしたい。

仕方なく予定を組み立てなおします。
久し振りにどっぷりお仏像さんにまみれたい
という気持があったので
広隆寺に行こうか
いや
千本釈迦堂に行こうか・・・。

よしっ、広隆寺に行って
そのあと
木嶋神社(蚕ノ社)に行こう!

決定。

ところが、
旅行前夜に
「京の冬の旅 特別拝観」を目にし
知恩院の、あのおっきな三門の楼の内部が
公開されているのを知り、気持グラグラ。

だって2009年11月のお話
青蓮院拝観後、知恩院三門公開に駆けつけたら
受付時間終了でまさに門前払いをくらったのでした!

いわゆるリベンジって奴でしょうか。

う~んんん、広隆寺も木嶋神社もいつでも見られるかっ。

結論を出して、軌道修正。


はい、行ってまいりました。
知恩院三門内部。

残念ながら写真不可。

そのかわりといってはなんですが、
こんなんいかがですかっ↓。


2013年01月13日_DSC_0265


三門の欄干なんですが、
確信的に「宝珠」だと思っていたのですが
なんの気なしに、係のおばちゃんに
「これは宝珠ですか?」って聞いたら

「蓮の花を逆さまにしたものです」


教えていただきました。


以上、知恩院はお終い。













こっそり披露しませう。

ジァ~ン


知恩院三門内2013年01月13日_DSC_0261





     境内に貼られていたポスターですぅ。
     笑
     知恩院詳細は「白マム」をごらんください。
      ↑結局宣伝かい?




en1参考en1

<2013年1月13日旅取り>
滋賀/三尾神社→三井寺→竹生島宝厳寺→京都/知恩院→八坂神社→奈良/興福寺
<1月14日旅取り>
奈良/東大寺→京都/東寺


en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ
                    
 
23
 
今津港2013年01月13日_DSC_0158 琵琶湖汽船2013年01月13日_DSC_0160
竹生島2013年01月13日_DSC_0166 竹生島2013年01月13日_DSC_0172

ワ~イワ~イ
竹生島上陸だあ!

用もそこそこ電車に飛び乗り(笑)
今津港から琵琶湖汽船に乗船してやってきたのは
琵琶湖にぷかり浮かぶ周囲2キロの神仏の島です。


急斜面には宝厳寺本堂(弁天堂)や
西国三十三ヵ所観音霊場の三十番札所の観音堂、
竹生島神社(都久夫須麻神社)に
小さなお社や宝物館が建っています。



竹生島宝厳寺2013年01月13日_DSC_0192

あちらに行こうとすれば石段。
こちらに行こうとすればまた石段。
と、
165段の石段があり、「祈りの階段」と
よばれています。

急な階段ですが恐れずにあらず。
同じ滋賀の長命寺の808段に比べれば、ああた!


宝厳寺2013年01月13日_DSC_0200
                                         宝厳寺 本堂


本堂の、御本尊の弁天様は60年に1度のご開扉です。
そのかわりといっては失礼ですが
本堂の両角には
宇賀神と鳥居を頭にいただき手を八つおもちの
弁才天さんが2坐ひかえておいでです。


宝厳寺弁才天2013年01月13日_DSC_0207


宝厳寺弁才天2013年01月13日_DSC_0204

どちらも500年以上前に造作されたお仏像様です。
とっても無造作におかれているように見受けられて
心配になってしまう。
でも
そのおかげで写真撮影も可能なのですが。

頭上の翁顔の宇賀神さんは、井の頭弁財天で
ご紹介した宇賀神さんです。



宝厳寺手水舎蛙股2013年01月13日_DSC_0190

本堂前の手水舎の蛙股は「巳」。
蛙さん、気の毒なぞと思ってみていると
嬉しいことに
「井の頭 黒門」の納札(おさめふだ)。

井の頭黒門といえばあの宇賀神さんが
おいでのあたりです。
ウキウキしちゃいます。

この歳になって年中喜々としている
マム号は幸せ者・・・に違いない・・・かな。



竹生島宝厳寺観音堂 唐門(国宝)2013年01月13日_DSC_0227
                             竹生島宝厳寺観音堂 唐門(国宝)


↑このアングル、とても有名です。
カメラを持っている人は必ずや撮る位置です。
屋根のラインがきれいにでますもの!

この唐門は
もとをただせば大坂城から豊国神社に移築されたもので、
豊臣秀吉の遺構です。

だから、意匠は細部にいたるまで装飾装飾装飾。



竹生島宝厳寺観音堂 蛙股2013年01月13日_DSC_0240

舟廊下を渡って国宝の竹生島神社(都久夫須麻神社)
へまいります。

まあ!
珍しいご神紋。
マム号。
このご神紋に気をとられっぱなしです。


竹生島神社神紋2013年01月13日_DSC_02481


このご神紋、教えたくないけど教えましょう。

入れ違い雨龍宝珠

イレチガイアマリュウホウジュ と読みます。

雨龍(龍になる前、あるいは水神)が宝珠を囲んで
いるところです。

またもウキウキ。

で、歩いていると



竹生島宝厳寺 白巳大神2013年01月13日_DSC_0252
                           白巳大神


よくできた一木造りの巳神様。
爬虫類嫌いのマム号もこれには感心です。
さすが弁天様の島です。


ウキウキ号のマムですが
本当に欣喜雀躍したのは宝物館に置かれた
木造の神獣「贔屓」さんです。
とってもいいものですが、
お気の毒に係員のかたは、
この贔屓さんのことをなにもご存知なくて
玄武か亀か、龍と亀の間に出来た子などと
仰ってマム号を悲しませます。

マム号、ここはっ と、
贔屓さんの説明をするしまつです。


だって教えておかないと
かわいそうでしょ。
こんな立派な「贔屓」さんが。


ってことで贔屓さんをご覧になりたい方は
ここをクリック
してくださいな。


この竹生島は琵琶湖汽船が連絡船を運航しています。
往復2520円。
上陸時間は70分でお迎えの船がまいります。

船は、今津港に京都行き快速にちょうど連絡するように
運行しています。

さあて京都にむかいますよ~。




                           お次は知恩院三門の楼上内部にはいります。


en1参考en1

私が利用した連絡船運航スケジュール
10:10今津港発→10:35竹生島着 70分間上陸 11:45竹生島発→12:10今津港着
   12時10分に今津につくと12時26分の湖西線京都行きに乗る事が可能です。
   13時32分には京都に着きます。

<2013年1月13日旅取り>
滋賀/三尾神社→三井寺→竹生島宝厳寺→京都/知恩院→八坂神社→奈良/興福寺
<1月14日旅取り>
奈良/東大寺→京都/東寺


竹生島の詳細や琵琶湖汽船に関してははこちらにアップしていますので
ご覧ください。

竹生島 宝厳寺  
竹生島 国宝唐門
竹生島 都久夫須麻神社のご神紋 入れ違い雨龍宝珠
竹生島 神獣贔屓 

滋賀 長命寺      

        

en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ

      
 
22
 
18日より27日までおこなわわれる
合気道のお稽古。

この期間は10時半には寝る! 
という決意がきいて
みてくれは痣だらけだけだし
あちこち痛いのだけど、
身体は軽い。

















影が薄いマム号!





2013年01月21日_P1210152


果たして
大丈夫い!
なのだろうか?

  心もとないマム号であ~る。

 
21
 
三井寺には左甚五郎の
「龍の蛙股」がある!

2008年11月にはじめて三井寺を訪れた時、
見落として地団太を踏み
3ヶ月前の2012年11月には
見忘れて卒倒しての
今回3度目の訪問です。


2013年01月13日_DSC_0130




前回の三尾神社で説明しましたように
この三井寺拝観には時間がありません。
隣の三尾神社から走って大門をくぐり
拝観料を納めます。
時計はちょうど8時。
開門と同時です。



と、

受付のおばちゃんが
「こんなに早くから御熱心ですね
今日は微妙寺の観音さんのご開帳ですよ」等と
気さくに話かけてきます。

にこやかに答えるもマム号の足は
スタートラインについてよ~いドンの体制であある。

おばちゃ~ん、長話しないでおくれおくれ遅れるよ~。

仕方なく言うマム号。
「8時40分の電車に乗って10時の竹生島行きにのるんです」と。

そしたらおばちゃんったらびっくりして
「そりゃあ無理やわあ」。

無理を押して生きてきた女!
それが
マム号である。

勇気がわいてきた。

それダッシュッ


三井寺金堂2013年01月13日_DSC_0150
                         金堂国宝 桃山時代(慶長四年 1599)


目指す左甚五郎の蛙股がある閼伽井屋(あかいや)が
この金堂の左脇の奥にひっそりと建っています。

閼伽井屋の中には井泉(せいせん)がわいています。
井泉を天智・天武・持統天皇の産湯に使われたことが
三井寺の名前の由来です。




2013年01月13日_DSC_0133
                                   金堂に隣接した閼伽井屋



2013年01月13日_DSC_0143


隣接しすぎて真正面から全体の写真が撮られない。
ク~


この間、マム号はこまねずみのように動き回り
シャッターを切っています。



蛙股 左甚五郎作2013年01月13日_DSC_0137


甚五郎作の、夜な夜なここから抜け出して
悪さをしたという龍は真ん中においでですよー。

わかりますか?

わからないですね。

ということで、

大写しを。






三井寺 左甚五郎の蛙股2013年01月13日_DSC_0136


い~い面構えです。
こりゃあ、抜け出して悪さしそうです。
困った甚五郎さんは目に5寸釘を打ち込んで
大人しくさせたそうです。


境内は人っ子ひとりいないわけで森閑としています。
そんななか


ポコ


ポコ


ポコ

と明快に井泉の湧く音が聞こえてきます。



2013年01月13日_DSC_0146
                                         閼伽井屋の中



閼伽井屋の裏手は、なんと日本最古の石庭です。


三井寺閼伽井石庭2013年01月13日_DSC_0147


中央が人をあらわしているのよ。
ホントですってばあ。


ホラ

三井寺閼伽井石庭2013年01月13日_DSC_0148



ということで、
念願かなってお腹いっぱいになりましたっ。
さあ~
奔りますよ~。

走れメロスに変身です。

8時40分までに駅に着かねば朋が殺される~

思いこめば
走れるものです。



が、
用が足したい。。。

駅につくこと38分。

大急ぎでお手洗いに入り
用を足していると
なんと


カンカンカン


ひえ~、電車がホームに入ってきました。

あちゃちゃと
用もそこそこ
手も洗わず

湖西線近江今津行きに飛び乗るマム号です。


よかったあ。
竹生島に渡れる!



大津マンホール2013年01月13日_DSC_0157
                                         大津マンホール

en1参考en1

2013年お初の見仏
<1月13日旅取り>
滋賀/三尾神社→三井寺→竹生島宝厳寺→京都/知恩院→八坂神社→奈良/興福寺
<1月14日旅取り>
奈良/東大寺→京都/東寺


白マム印の方にもアップしていますのでごらんください。



en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ

 
18
 
今夜から10日間連続合気道の稽古がはじまるのを
今頃おもいだしました~。


今夜から体調管理に努めますゆえに10時半にはおねむです。
ということはっ、
ブログのアップが・・・・・・で、できん。


竹生島宝厳寺 白巳大神2013年01月13日_DSC_0251
                                竹生島宝厳寺 白巳大神



もしよろしければ白マム印に行ってください。
真面目に
三井寺
竹生島

アップしております。

ペコリ

IMG_0001_NEW_0001
 
16
 
三尾神社 見返り兎2013年01月13日_DSC_0115
                                      三尾神社 見返り兎



3度目の三尾神社です。
2カ月前の11月に拝観したばかりですが
本殿の随神(身)さんや狛犬さんの
風情の良さが忘れられず
本のちょっと立ち寄りました、、、がっ!

当日の計画を披露しますと
メインは、近江今津港より10時10分発の
フェリーに乗って琵琶湖竹生島にわたることです。

と、
その途中で下車して三尾神社、三井寺を参拝、です。


早朝6時40分に京都駅に着いたマム号は
京都タワーの朝湯にもはいらず(笑)
JR湖西線に飛び乗り大津乗り換え
京阪石山坂本線三井寺駅で7時18分降車。

10時10分に今津港出発のフェリーに乗るには
この三井寺駅8時40分発の電車に乗らなければ
絶体絶命です。

それなのになぜ無謀にも三井寺駅で降車したかというと
先に記載しましたように三尾神社に立ち寄る事。
もうひとつ、
三井寺の境内にある閼伽井屋(あかいや)の
蛙股、左甚五郎作の龍を見る、
というわけなのです。

1時間20分しかありません。
駅とお寺の往復に20分。
ということは
残された時間は1時間!

走れメロス状態です。

走れ
奔れ
駆けよ!

と、
三尾神社につきました。



2013年01月13日_DSC_0091
                                                三尾神社本殿



やっぱりいいですねえ。
走ってでも来た甲斐がありました。

誰もいない境内に5分ほど佇み
三井寺に走りだそうかと思った頃ろろろろ、
ジャージ姿のおじさまがにこやかにあらわれました。

ふたことみこと、当たり障りのないことを話し
さあ、行かねばと去ろうとしたところ、
「いい兎がいますから、ご案内します。
気がつく人が殆どいなくてね」
と、
本殿脇に入ったところに案内してくれました。
「あなた、いい望遠をつけてるからいい写真が
撮れますよ」と。

そして撮らせていただいたのが、
トップ画像の
「見返り兎」です。

案内してもらわなければ先ずは撮れなかった
いい写真です。可愛いステキな兎です。
感謝感謝。

でも時間が・・・ない!
でも、実はこのジャージ姿のおじさまが
この三尾神社の宮司さんとわかり・・・!

 「こんなジャージ姿ですけど、実はここの宮司です」

という
わけで、境内をくまなく案内してくださいました。
けど時間がない。
けど感謝感謝。

もう、これは琵琶湖の竹生島行きはあきらめよっと
腹をくくるマム号です。



2013年01月13日_DSC_0119


ご親切な宮司さんと境内を歩き
感謝しながらお別れし、
時計の針を瞬時睨み、
はじめゆっくり中小走り
最後はまさに脱兎のごとく
左甚五郎の龍を観に
三井寺へ進むマム号です。


                          三尾寺の宮司さんには本当にご親切に
                          していただきました。
                          ジャージではなく宮司姿でしたら
                          写真をお撮りしたのですが・・・。




                          *三尾神社の13日の詳細はコチラをご覧ください。
                             合わせてみていただくとよくわかります。



en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ


 
15
 
三尾神社 拝殿2013年01月13日_DSC_0109


毎年、見仏はじめは成人式の連休です。
去年は奈良の長岳寺を満喫しました。

さて今年は・・・。

あそこにもここにも行きたい。
行きたいだらけのマム号。

まずは宇賀神つながりで竹生島の弁財天さん決定。

2カ月前に行ったばかりの三尾寺に再度いきたいし
お隣の三井寺の左甚五郎の蛙股を見忘れていたから
こちらにも行きたいし行かねば・・・。



って、
ことで欲望と希望の見仏のはじまりです。



竹生島弁才天2013年01月13日_DSC_0208 知恩院三門楼閣内2013年01月13日_DSC_0261

興福寺三重塔2013年01月13日_DSC_0322 東大寺大仏殿 蛙股2013年01月14日_DSC_0421

東寺 小子房 勅使門2013年01月14日_DSC_0523 東寺 贔屓 2013年01月14日_DSC_0557



トップ画像を含めて「どこの、なに」とわかる人って
どのくらいいらっしゃるのかなあ・・・。
7枚中4枚はすぐわかるか、と、思う。

さあて、発車オ~ライ♪


en1 en1
                                
2013年お初の見仏
<1月13日旅取り>
滋賀/三尾神社→三井寺→竹生島宝厳寺→京都/知恩院→八坂神社→奈良/興福寺
<1月14日旅取り>
奈良/東大寺→京都/東寺

*三尾神社の見返り兎に関しては「白マム」にアップしました。

en1 en1

画像の答え

トップ画像
滋賀三尾神社拝殿の蛙股

上段左 竹生島宝厳寺弁才天
  右 知恩院三門楼閣内
中段左 興福寺三重塔
  右 東大寺大仏殿蛙股
下段左 東寺小子房 勅使門
  右 東寺毘沙門堂 贔屓


en12013年1月13日14日旅取りen1

曇りのち雨のち東京大雪の見仏記(1/13.14)
1 はじまりはじまり
2 三尾神社のみかえり兎
3 三井寺の龍
4 竹生島神社のご神紋
5 知恩院三門内部
6 いもぼう
* 和の心仏像コレクション
7 八坂神社 恥の上塗り
8 奈良のホテル事情とか
9 奈良太郎の足もとでパチリ
10二月堂ますかけの謎
11手向山八幡で笑
12京都東寺のサギ
13京都駅で551を貪り食らふ

 
11
 

若いころからの友人H君と話していて
驚き、、、ました。

なんと
なんと

「そうですなあ

って
言ったの。


語尾に「な」がついたの。


あ゛~~~ 汗。


いつから?
きっかけはなに?
境目はどこ?


部長さんになった頃かしら?
孫が生まれた頃かしら?
退職してからかしら?


ひとり おたおたする マム号。



          なにが問題ですかな?



千本釈迦堂 布袋様



                            ガハハハハ


 
10
 
ナチュラルハウス2013年01月01日_DSC_0668








                              2010年06月07日大草原の小さな家_DSC_2005
                                                  6月のお姿




 
08
 
2013年01月06日_DSC_0030


とても愛らしい端布が手に入ったので
ピカッ!

我スマホの須磨子ちゃんにお洋服を
つくることに!

勿論フェルトと合体。
フェルトの色はもちろん

緋色!

思い立ったら即開始。




フェルトで作るスマートフォンいれ4



フェルトで作るスマートフォンバッグ14



フェルトで作るスマートフォンいれ15



フェルトで作るスマートフォンバッグ16




これってメガネケースにもいいねえ。。。



おかげで部屋はめっちゃ散らかっています。



                        携帯からスマホに変えてまず驚いたのはその華奢さです。
                        携帯みたいにバッグにポンなんて放りこんだり出来ない!
                        これで大丈夫!


                           過保護なマムの須磨子です。


 
07
 

2013年01月06日_DSC_0026




山ガールに間違えれるのも
困るけど

さりとて

仏像ガールといわれるのは
スンゴイ恥ずかしい。


                          けどどどどど、

                          探しまわって
                          年末から
                          ずっと目をつけてやっと購入した
                          30リットルのリュックが
                          送料無料で同じ価格で
                          売られている
                          しかも楽天で
                          ってことがわかって
                          超怒号級はずかしい。


                    
                    【送料無料】【代引手数料無料】別途、
            北海道400円 沖縄・離島500円コールマン デイパック リ...6,980円





 
06
 
2013年01月05日_DSC_0001
                                        いせ辰千駄木店



いせ辰といえば
江戸千代紙の老舗です。
本店の谷中いせ辰もこの
すぐ近くにあります。

いせ辰の千代紙をみていると
千利休以来のわびさびから遠い
鮮やかな彩りに
これぞ日本の色とうなります。



                              千代紙 国芳の亀は白マム印
                               をご覧ください

 
05
 
なんて
いうと、
年がしれるね。

  ↑今更なにを 笑









2013年01月05日_DSC_0003




                    な、ことより
                    うしろの方々(猫々)が気になる
                    じ、自由がほしい~


                                   場所は千駄木団子坂。



 
03
 


井の頭弁財天 宇賀神2013年01月01日_DSC_0615



Oちゃんが、前々回の「井の頭弁天の宇賀神」
にコメントをくれました。



いわく


         子供の頃、いつも見てました。
         何か悪いことをして、
         とぐろ巻きの刑にあって、
         見せしめに石像になった人だと思っていました。

                                     だとさ。 笑




気の毒な神様 宇賀神。




 
03
 

我家のお節2013年01月03日_DSC_0683




毎年ほとんどお節は同じ物を作りますが
今年は、
クワイ
ホタテの茶碗蒸し
ゴルゴンゾーラのニョッキが加わりました。

  クワイ
  鳥もも肉巻き
  数の子
  栗きんとん
  牛タンの味噌漬け
  お生酢
  黒豆

  鳥ガラの雑煮
  茶碗蒸し
  ニョッキ

食べ終わったら
お正月が終わった。

一息つきます。

 
02
 
2013年01月01日_DSC_0574
                                         井の頭弁財天





井の頭弁財天 手水2013年01月01日_DSC_0653
                                        銭洗弁天手水



井の頭弁財天は井の頭公園の中にある。

小さいけれどきれいな彩りと
手水舎が3つもあるのが特徴です。


井の頭弁財天 寺紋2013年01月01日_DSC_0648
                                       波に三つ鱗の寺紋



がっ、、、、、


マム号的に一番のみどころは
だれひとり
参拝することない
参道の脇にポツンとおわす
身体はとぐろを巻いた蛇、
頭は翁の


宇賀神であ~る。


宇賀神2013年01月01日_DSC_0623
                                 井の頭弁財天の本来の参道





井の頭弁財天 宇賀神2013年01月01日_DSC_0664






宇賀神 井の頭弁財天2013年01月01日_DSC_0659


宇賀神です。

せっかく井の頭弁財天に参られるのなら
石段をのぼりつめた参道から
お参りされることをおすすめします。



                            宇賀神の詳細は
                            白マム印 をご覧ください。



en1参考en1

三つ鱗の紋は弁財天さんによくつけられているように
思います。
蛇の鱗からくるのでしょうか?
  ↑私見です。 確認してみます~。

 
01
 
張子 宝珠蛇2012年12月14日_PC140073
                                 張子 宝珠蛇 大野博之 作



スマホに変えて四苦八苦の年の瀬は
あっという間に過ぎ去り
時は

2013年 元旦 


今年も愚駄愚駄と迷走マム号はゆく!
かな?


そんなマム号とイカちゃんですが
今年もおおめに見ていただいて
笑っていただければ幸いです。
                     2013.1.1




プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday