カバ屋印 マムの素 

 
21
 
DSC_2446
浄瑠璃寺 阿弥陀堂


真言律宗 小田原山

浄瑠璃寺


lb_s04.gif


京都府木津川市加茂町西小札場40
電話:0774-76-2390 

近鉄奈良駅バス13乗場 浄瑠璃寺行
30分終点下車、徒歩5分


lb_s04.gif



浄瑠璃寺といえば秘仏吉祥天立像と

九体阿弥陀如来像です。

細長い阿弥陀堂(本堂)には

これらの尊像が安置されています。



DSC_2456



長い阿弥陀堂は暗く

その中で九体の阿弥陀如来さまは

金色に輝かれ静かにおわします。


20070528092446129.jpg



吉祥天は中央の中尊のお隣の

厨子の中で妖艶にして高貴な

お姿をあらわしておいでです。



IMG


吉祥天拝観可能日
正月元日~15日
春 3月21日~5月20日
秋 10月1日~11月30日



この吉祥天さんはみうらじゅんが

クレオパトラと称され恋をされて

いるんですよ。

マムはあまり感応しませんでした。
薬師寺の吉祥天さんがすきです。



この薄暗い阿弥陀堂にマムはひとり

20分ほど座していたでしょうか。

静寂な安心感でしょうか。

いつまでもいていいなあと

思いました。


九体の阿弥陀様は本の少し寄り目ですが

どのお顔も少しずつ違います。

この阿弥陀堂は本来は

外より拝顔するように

造られているとのことです。

お像の1体づつに格子戸があるのは

そのため。この建物全体は厨子を

意味するそうです。

もしや三十三間堂も!
そうなのかしら




DSC_2465




DSC_2434





DSC_2444




DSC_2484




DSC_2431




DSC_2468




国宝の阿弥陀堂でくつろぐ

ニャンコは浄瑠璃寺さんの

飼い猫でした。

どうりで偉そうです!




さてさて、有名な

吉祥天さんも

お土産物やさんの手にかかると、

こうなって


DSC_2420



みうらじゅん氏のマドンナも

こうなっちゃうわけです。












DSC_2422




スポンサーサイト
 
20
 

DSC_2424



真言律宗 小田原山

浄瑠璃寺


lb_s04.gif


京都府木津川市加茂町西小札場40
電話:0774-76-2390 

近鉄奈良駅バス13乗場 浄瑠璃寺行
30分終点下車、徒歩5分


lb_s04.gif


近鉄奈良駅よりバスに揺られて

奈良坂をこえ京都府へと行くのですが、

誰も乗らず誰も降りない、マムたった

ひとりのまさにワンマンバス状態です。

山里には人家もなく1軒のお土産物やさんと

拝観客をみこした食堂のみ。


DSC_2417



小雨の降る中、侘しいこと

このうえなしっ ですが、

だからこそ、極楽浄土を模した

浄瑠璃寺に期待がたかまり

嬉しさいっぱい期待に

胸の振り子がブンブン揺れる

マムでっす。


DSC_2466
国宝・本堂にてくつろぐ





DSC_2461



癒し系ブログですか!?

いえいえ、あくまで浄瑠璃寺!

ちょっと撮ってみましたっ。


DSC_2469
庫裏の裏手 じんべいの墓標


次回こそ、ご案内いたします。

果報は寝て待て・・・?
 
19
 
DSC03388



実家の倉庫に眠っていた

マムと妹ちゃんのバービー人形です。

永い永い間、埋もれていて

可哀想なことをしましたが、

秘仏並の扱いで保存状態は良好!


バービーは1960年代、マムがまだ

小学生だった頃にアメリカより

日本にやってきました。

5体くらいは持っていたのですが、

今は2体と、この画像にはありません

がなぜだか首から上の頭が2つ。

マムのお気に入りは

膝がカクカク曲がるバービーですが

40年以上ほったらかしていたのですから

どこかへいっちゃいました。


タミーちゃんというお人形さんもありました。

ちょっと頭が大きくて可愛いお顔で

妹が集めていました。



DSC03382




このバービーがはおっている

コートと帽子は、母の手作りです。

内に着ている緑のドレスと

右下の縦じまにトルコアーズブルーの

パンツの水着はバービー上陸初期の

頃のものです。


日本の女の子にはあまりなじまなかった

らしく、タミーちゃんの次のリカちゃんの

登場でいつのまにやら姿を消したのですが

マムはバービーちゃん派でした。

デパートいってはバービーのお洋服を

買ってもらったものです。
 
18
 


これってフィギュアかなあ?

これお土産に貰ってもなあ・・・。

みうらじゅんサンなら大喜び

だろうけれど。







もし貰ったら、物がものだけに

むげにはできないから飾るか~。

でも友達がきたらこっそり隠すかなあ・・・。


と、

揺れるマム。


DSC_2418



近鉄奈良駅から30分の

浄瑠璃寺の参道には

お土産やさんが1軒だけ。


DSC_2419




お客さんは、、、マムだけでした。
 
15
 
五却
思惟山五劫院蔵 五劫思惟阿弥陀菩薩


わたくしは、東大寺裏手にある

思惟山五劫院蔵 

五劫思惟阿弥陀菩薩です。

永い永い永いなが~い間

悩める人々を救うために

修行しておりましたら、ホラッ

こおんなに髪が伸びちゃって

マムさんにアフロな菩薩さん

なんて言われています!

で、

東大寺勧進所の阿弥陀堂に

わたくしの同胞が

安置されている・・・わけですっ。



lb_s04.gif


10月5日のみ出入りをゆるされる

東大寺勧進所には八幡殿のほかに

堂宇が2つあります。

その一つが阿弥陀堂です。

このお堂には

アフロヘアーな阿弥陀さま。

五刧思惟阿弥陀如来坐像

が安置されています。

そのお姿は思惟山五劫院蔵

の阿弥陀さまによく似て

おられます。

お顔は童顔で金太郎さん

のようです。

なんとも微笑ましい

大陸的なお仏像さんです。


東大寺五刧思惟阿弥陀如来坐像はコチラをご覧下さい


東大寺蔵は胸元にて合掌されています。


DSC_2390
阿弥陀堂



さて、もうひとつの堂宇は

なんと、憧れの公慶堂


DSC_2403
公慶堂


ぐぐっと近寄ると、


DSC_2402



なわけね。

この公慶堂には

公慶上人坐像

と共にマムの大好きな

地蔵菩薩立蔵(快慶作)

おいでなんですよ。

ただし非公開!



東大寺公慶堂像 地蔵菩薩立蔵 快慶作



あ~、この勧進所は

東大寺のなかでは知名度が

低いのですが、宝のお山です。


lb_s04.gif


東大寺勧進所1 僧形八幡神坐像1
東大寺勧進所2 僧形八幡神坐像2
□東大寺勧進所3 阿弥陀堂・公慶堂

思惟山五劫院五劫思惟阿弥陀菩薩
 
14
 
僧形八幡神坐像


東大寺勧進所八幡殿蔵の

快慶作、僧形八幡神坐像は1年に1日。

10月5日午前9時より午後4時迄

拝顔がゆるされる秘仏です。


lb_s04.gif



前回のブログをご覧になった方々から

下記のような感想をいただきました。

どの感想も素直で正しいなあと思っています。


いわく


mmi292.gif 色っぽい?唇も赤いしね~。


mmi292.gif この方が神様ですか?
艶っぽいですね。
唇のせいでしょうか


mmi292.gif いや~あの小指は色っぽいですね。
唇も・・・同感です。


mmi292.gif 確かにつやっぽいですねー。袈裟も、
繊細で近頃にはない模様ですね!!


mmi292.gif プリンプリンの唇とか、色白だのぉ~


mmi292.gif 写真を見ていると目があったような
気がして、恥ずかしくて目をそらして
しまいました…。



たしかに色っぽい坐像です。



DSC_2395
勧進所より雨の大仏殿をのぞむ



マムはこの快慶の坐像は

傑作のひとつだと思っています。

一度拝顔したならば脳裏から

離れない人のものではないもの

を感じます。

この坐像はとってもシンプルなんです。

のみの動きがとても抑えられている。

といいますか、普通の仏師が10

のみを動かす(彫る)ならば

快慶は3ほど動かす。

あるいは、快慶はのみを

10動かしているにもかかわらず

3ほどしか動かしていないような

技の凄さを感じます。


lb_s04.gif



このことを

東大寺聖武天皇殿に安置されている

菩提僊那上人坐像(ぼだいせんなしょうにん)

を新造された

三輪途道(上原三千代)先生

にお話したところ

とってもうれしいことに

下記のようなお返事をいただき

ました。


この像は神であるということで、快慶は彫りをかなり意識
して彫ったと思います。シンプルですばらしい像です。



神であることを意識して彫る・・・

なるほどなあと思います。



DSC_2399
勧進所内手水舎



この僧形八幡神坐像はあまり評価が

高くないように思います。

たぶん一見ミステリアスではない

とか、

侘び寂びがない

とか、

色がきれい

とかで、

ありがたみがないということなのだ

と思います。

もしマムがお仏像さんを拝顔しだした

初めの頃、この坐像を拝顔したならば

つまらないなあと思ったでしょう。

今現在のマムは


神々しいなあと思います。



マムはこの坐像が大好きです。



DSC_2387
八幡殿



lb_s04.gif


東大寺勧進所1 僧形八幡神坐像1
東大寺勧進所2 僧形八幡神坐像2
東大寺勧進所3 阿弥陀堂・公慶堂

思惟山五劫院五劫思惟阿弥陀菩薩
 
09
 
僧形八幡神坐像 東大寺八幡殿蔵


快慶作の僧形八幡神坐像です。

東大寺の勧進所八幡殿においでです。

僧の形をかりられた神様でいらっしゃいます。



年に一度だけ拝顔することがゆるされます。




このソウギョウハチマンシンザゾウ

皆様はどう思われます?





DSC_2397
東大寺勧進所



lb_s04.gif


東大寺勧進所1 僧形八幡神坐像1
東大寺勧進所2 僧形八幡神坐像2
東大寺勧進所3 阿弥陀堂・公慶堂

思惟山五劫院五劫思惟阿弥陀菩薩
 
08
 
おいでちゃん
おいでちゃん


我家の庭にひょっこり居ついた

黒猫「おいでちゃん」。

なんとかなつかせようと

「おいでおいで」と呼んでたら

いつのまにやらおいでちゃんという

名前に!

そのおいでちゃんは今では






DSC_2384






すっかりイカバになつき

家猫です。

名前も

「グーグー」と改名!




DSC_2383




とっても悪戯っこです。
 
06
 

よく飛行機に乗ります。

といっても国内線。

それも羽田発九州行きのみ。

とっても偏見に満ち満ちた

マムの発見は、客室乗務員の違い。


JALは正直言っておばさん度が高いです。

体形もいかにもおばさんで

髪型も簡単便利なショートカットです。

かたやANAは・・・

あまり変わらないといえばかわりませんが、

平均年齢が5才は若い!

つまりJALが40代だと

ANAは30代。

これって実はとっても違います。

ANAは動作がきびきびして明るいです。

JALはいかにもお母さんって感じです。



あっ、これってマムが乗る地域限定路線

のみかも・・・です。


とるに足らないお話でした。




DSC_2335
清水寺にて

 
02
 
DSC_2361
三十三間堂

9月23日 4時15分

lb_s04.gif


蓮華王院

三十三間堂



lb_s04.gif

京都市東山区三十三間堂廻町
TEL075-561-0467


JR京都駅より市営バス206系統
博物館三十三間堂前下車すぐ




蓮華王院 南門
蓮華王院 南門

三十三間堂の本来の門は↑の

奥に見える門です。

南門(正門)が車が通る生活道路と

なっているのは、マムの記憶

違いでなければここだけです。


DSC_2355
お手水舎


さて、拝観者の出入り口には、

事務員服をきた

整理のおばちゃんたちが待っています。

いかにも手慣れた切符もぎりという

感じです。

で、

ピンクの洗濯バサミを渡されました。

下駄箱に入れた靴を間違えないように

するためとのことなんだけれど・・・。

ピンクとブルーとわすれたけれど

もう1色の計3色。

同じ色だらけ!

だったら番号札をくれたほうが

いいと思うんだけれどなぁ。

と、思いながらピンクハサミを

靴のかかとにくっつけるマム。



DSC_2358




観音様の33身変化をあらわしている

お堂の内陣の柱33本。

慶派、院派、円派の仏師が

作造したお仏像、

長い長いお堂の中心の中尊、

2


千手観音の左右にお立ちの計1,000体の

三十三間堂1


千手観音立像は壮麗壮観です。


3




DSC_2357




が、

修学旅行の学生さんで三十三間堂は

満員電車並み。

暗いお堂に浮かぶ

1,000の千手観音さまはそれは見事で、

どのお顔も違います。

ゆっくりとみたくとも

流れに押されて椰子の実状態。

これって上野にパンダを見にいった時、

あるいはやはり上野にモナリザがきた時

と同じで、立ち止まれない・・・わけ。

それでも二十八部衆が目に飛び込み、

やりてババアのような婆藪仙人(ばすせんにん)

笑うマムがいます!

お堂の廊下は長く、前後10列に並ぶ

階段状のひな壇は圧巻です。

1,000体のうち500体には作者名が

記されているのですよ。

これはとっても凄いこと。



DSC_2360
テンプルカーテン


マムは三十三間堂が大好きなのですが、

いつも修学旅行の学生さんとぶつかっちゃい

ます。



願わくば、夕暮れ時にひとり佇んで

この三十三間堂を静かに拝観

したいものです。


lb_s04.gif


もし三十三間堂が奈良にあったら

雰囲気変わるだろうな~。

ちょっと差別的発言になるかもしれない

けれど、京都にあるとなんかすっれからし

さんな感じ。

奈良にあったら静寂感あふるる

いいお寺さんだろうなあ、

なんてね。



lb_s04.gif


三十三間堂の拝観時間15分!

今まででもっとも短かったかしら(笑)。

まっ、

帰りの新幹線は5時2分。

急がねばね。

ということで、

お土産もかわず、

もとい、

京雑貨ものぞかぬ

女性失格の

奈良・京都1dayぶらりマム旅

いかがでしたか?



マムは新幹線に乗るや否や

女は黙って缶ビールなのでした。




DSC_2305
清水寺子安の塔



奈良京都1day  その1 奈良国立博物館特別展
奈良京都1day その2 春日大社の杜
奈良京都1day その3 清水寺本堂編
奈良京都1day その4 京都奥の院編
奈良京都1day その5 三十三間堂

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday