カバ屋印 マムの素 

 
29
 
海龍王寺境内 夏のクスノキ


lb_s04.gif




春に娘と訪れたばかりの

海龍王寺さんへまたやって

きてしまいました。


Dsc_17741.jpg
春のクスノキ


lb_s04.gif


眞言律宗 海龍王寺


住所:〒630-8001
奈良市法華寺町897
アクセス:大和西大寺駅より
奈良行きバス10分弱
法華寺前下車すぐ


lb_s04.gif


DSC_2098.JPG


マムは佐紀・佐保路のお寺さんが

大好きです。

西大寺、秋篠寺、海龍王寺、

法華寺、不退寺、興福院、

般若寺。どのお寺さんも

派手派手しさはありませんが、

静かな古刹で、とてもよい

寺宝をおもちです。

さてこの海龍王寺さんは

堀辰雄が「小さな廃寺」

いって好んでたずねたと

いわれています。

勿論、現在はきちんと手入れされ、

端正な佇まいをみせています。

ご住職は、よりよい仏教環境を

めざされて日夜努力されています。



DSC_2096(2).JPG
石川重元ご住職


この日(7月20日)海龍王寺さんへ

たどり着いた時はマムは

疲労困憊で、もうヘロヘロ。



海龍王寺
参道から中門へ


再会を果たしたご住職にも

碌な挨拶もできない状態でした。


DSC_2087(1).JPG
五重の小塔が安置された西金堂



五重小塔
国宝 五重小塔(天平時代)


本堂 本堂


本堂には昭和28年まで秘仏とされていた

ために、とても保存状態のよい

鎌倉時代作の重文・十一面観音立像

安置されています。

彩色、きり金、精緻な装身具と

それはみごとなご仏像さんです。

それがうれしいことに間近で

拝顔できるのですよ!

コチラでご覧になれます。


lb_s04.gif


下記の写真は左より

不退寺 聖観世音

法華寺 十一面観音

海龍王寺 十一面観音

で、佐保路三観音

いわれているのですよ。



不退寺 法華寺 海龍王寺



お三方、それはそれはお美しいです。



DSC_2081(2).JPG


春は雪柳で覆われる海流王寺さんは

足元にポツリポツリと

キツネアザミが咲いていました。




海龍王寺





帰りしなにご住職が

冷たいジュースを下さいました。

まるで寒露水のようでした。



lb_s04.gif


海龍王寺公式サイト

ご住職ブログ

*マムの春の海流王寺


lb_s04.gif


海龍王寺 本堂



次は不退寺さんへ!
スポンサーサイト
 
28
 
秋篠寺 東塔跡は緑の木立、苔の絨毯の中


lb_s04.gif


秋篠寺


奈良市秋篠町757
近鉄奈良線 大和西大寺駅より 
バス押熊行き 5分
秋篠寺前下車 


lb_s04.gif


作家の堀辰雄が

「東洋のミューズ」といった

伎芸天で有名な、あるいは

秋篠宮創設で有名な秋篠寺は

静かな住宅地にたたずむお寺さん

です。



秋篠寺南大門
秋篠寺 南大門



八所御霊神社 元秋篠寺鎮守社
八所御霊神社


南大門手前には元秋篠寺鎮守社、

八所御霊神社があります。

さあ、南大門をくぐりましょう。


秋篠寺 南門より


一歩足を踏み入れると

夏の暑さをわすれます。


DSC_2049.JPG


苔むした雑木林をぬけ

拝観受付を通ると本堂が

あらわれます。


秋篠寺 本堂



本堂


ゆるやかな屋根と装飾のない

静かな佇まいのお堂には

シバ神が天界にて伎芸を楽しまれた

ときの天女といわれた伎芸天

がおいでです。


ぎ芸天
伎芸天


少しひねったお体と

語りかけるようなお顔は

たしかにミューズです。


ぎ芸天


この本堂には薬師三尊をはじめ多数の

諸仏がおいでで、マムはボ~ッと

しばし長椅子にてながめます。

筋の通ったお鼻。

ぽってりとした唇。

丸いあご。

肉感的でいて清潔です。

たしかにお美しく

慈悲にあふれておいでです!

本来は、お肌は緑色で

衣は緋色ときいています。

そのお姿にもお会いしたいものです。




外はかんかん照りです。


DSC_2058.JPG
大元堂


このお堂は5月5日と

6月6日のみ開扉され、

大元師明王を拝顔することが

できます。




akisino-018.jpg
秘仏 大元師明王


開山堂
開山堂


開山堂とは、寺院を開いた僧の

お像を安置するお堂をさします。

御影堂(みえいどう)とよばれる

こともあります。

こちらには善珠の図像が安置されて

います。



DSC_2062.JPG



秋篠寺の全体イメージは清楚!

この一語につきるのでは・・・。

秋篠宮紀子さまにはぴったりだなぁ。

っと、頭のお皿が乾いてしまった

マムは思考能力ゼロ状態で、

海龍王寺、不退寺へと足をのばす

のでしたっ。

ゼェゼェ
 
27
 
興福寺南円堂横 一言観音堂




奈良博物館を堪能したマムは

海龍王寺のご住職に教わった

飛鳥園ギャラリーで一息ついて

興福寺へ顔をだします。


飛鳥園ギャラリー
はおすすめです。
奈良博の前にあります。
ステキなポスターカード
やカフェがあります。



lb_s04.gif



興福寺国宝館にて山田寺仏頭、

名づけて山田ピン子さんに

ご挨拶。


銅造仏頭(旧山田寺講堂本尊



この国宝館に入ると、

「マムさんが来た来た、ほうやって来たか」

なる声がワサワサと館内のお仏像さんから

あがるような錯覚にいつもとらわれるマム。

マムにとって居間のような場所。

それほど通い慣れた空間ですっ。


lb_s04.gif


トップの画像は、南円堂の右横のお堂で、

一言観音堂といいます。

マムはここが大好きです。

地元の方が朝から夜までおまいりに

おいでの素直な信仰をみることが

できる場所です。




興福寺 三重の塔


興福寺というと五重塔なのですが、

南円堂の裏手には、小ぶりですが

リズミカルでいてますらお的な

三重塔が建っています。

マムのお気に入りです。




興福寺 境内


DSC_2033.JPG  DSC_2033.JPG



この頃にはマムは暑さでヨレヨレ。

それでも鹿と遊んじゃいます。

さてさて・・・よろめきながら

たちあがり、っと。

マムが歩いて気がついた奈良なものを

一挙公開して秋篠寺へ。


lb_s04.gif


ジャ~ン♪

ちまたを騒がせた



せんとくん&まんとくん

せんとくん、まんとくんになーむくんね。

DSC_2200.JPG



DSC_2201.JPG



DSC_0731.JPG



東向アーケード



DSC_2046.JPG



DSC_2102.JPG



DSC_2118.JPG



三輪明神
三輪明神とかかれています


アレ~、2時になっちゃいました。

いそいで近鉄奈良駅にもどり

秋篠寺へ。


DSC_0739(1).JPG
 
26
 



lb_s04.gif


奈良国立博物館 
国宝法隆寺金堂展

会期終了

lb_s04.gif



法隆寺金堂再現壁画あみだじょうどず


法隆寺金堂再現壁画
第6号壁 阿弥陀浄土図 1面
(あみだじょうどず)


縦309.0cm 横255.0~262.6cm
安田靫彦(やすだゆきひこ)
羽石光志(はねいしこうじ)
吉田善彦(よしだよしひこ)
昭和43年(1968)
奈良・法隆寺



lb_s04.gif


持国天像(じこくてんぞう)
国宝持国天像 飛鳥時代(7世紀) 


マムはこの持国天さんの足元の

邪鬼さんを間近に見たく奈良博物館

にやって来ました。

おちゃめでカワイイでしょっ。

アレッ!

これってまさに件(くだん)


内田百間著 冥途

と、発見して一人悦に入るマム。

件(くだん)ってなにか知りたい方は
コチラを参照



ウシウシとにやつきながら

四天王さんのまわりをぐるりと

見回します。

おしゃれ!



DSC_0754.JPG



DSC_0752.JPG


ドレープたっぷりで、エレガント。

そして驚いたことに邪鬼さんたちも

実はドレープたっぷりのお洋服を

着ておいでなのですよ!


後ろにまわるとわかるのですが、

背中からお尻にかけてきれいな

ひだが見てとれます。

写真がなくてお見せできなくて

とっても残念です。

いや~来た甲斐がありました。

ちなみに↓は、東大寺戒壇院の

四天王・持国天さんと邪鬼さん

です。すんごい強そう。




持国天


lb_s04.gif


↓これはマムの手水舎コレクション

の一つ。マム名づけて

法隆寺のペタシ


法隆寺 手水


申し訳ありません!!!

ペタシだなんて。

金堂西の間天蓋


金堂西の間天蓋におわす鳳凰

いらっしゃいました。

lb_s04.gif


あ~、とっても稔り多き

法隆寺金堂展でした!


lb_s04.gif


お次は興福寺をサラリと通り

秋篠寺へとまいりましょう。


関係ないんですが、奥歯が
痛い!痛いよ~。




 
24
 


忍辱山 円成寺

lli05.gif


〒630-1244 奈良市忍辱山町1273
電話 : 0742-93-0353
JR・近鉄奈良駅より奈良交通バス柳生方面行
40分「忍辱山バス停」下車、徒歩2分



lli05.gif



近鉄奈良駅バス停より発車したバスは

国道369号奈良坂を登っていきます。

東大寺転害門やら奈良少年刑務所

般若寺を通過し緑の中に入っていきます。

忍辱山バス停の手前、

大慈山(だいじせん)という停留所名に

マムは心ときめきます。

奈良は仏教の聖地なのです。

奈良にはこのほかに

菩提山(ぼだいせん)やら

鹿野園(ろくやおん)

誓多林(せたりん)などの

仏教にちなんだ地名があります。

勿論、忍辱山(にんいくせん)も

そうです。これらを

北大和五山といいます。

ちなみに忍辱とは六波羅蜜の
一つで、如何なる困難をも
耐え忍ぶことを意味します。



lli05.gif


わくわくドキドキ

胸の振り子がブンブン。

というわけで、

バスは忍辱山バス停に到着しました。

が、すぐ近くとやらの

円成寺がありません。

国道をずずいと見渡すと

遠めに、木に縄がひっかかっています。



勧請縄 円成寺入り口
勧請縄


えっ!

そうなんです。

これが円成寺さんへの入り口だったのです。

お寺さんでいえば、南大門。神社なら

鳥居をあらわしています。

勧請縄(かんじょうなわ)

シメナワのひとつで、結界をあらわし

神聖なる場をしめし、里の人々が

五穀豊穣を願って奉納したものです。

その勧請縄をくぐると


浄土庭園より楼門


蓮池を配した浄土式庭園がひろがり

石段のうえに荘重な楼門があります。




さあ、入りましょう。


楼門よりの本堂




向拝左右に舞台をようする本堂


舞台付神殿造りの本堂はわが国

唯一のものなんですよ。


本堂より


本堂よりの眺め。


円成寺本堂よりの楼門


本堂の中には


本堂


阿弥陀如来坐像や、慶派の四天王が安置

されていますが、内陣を囲む天柱には

極彩色の菩薩が描かれているのが

目を奪います。



200807242100000.jpg



が、マムがここへ来た理由は

このお寺さんの多宝塔に安置されている

運慶20代の作と銘のはいった

国宝大日如来坐像を拝観するため

だったのです。



H2落慶 大日如来坐像安置の多宝塔
大日如来坐像安置の多宝塔



うわさには聞いていたのですが

大日如来さんはなんとガラスの向こうで、

反射してみにくいこと!



H2落慶 大日如来坐像安置の多宝塔



で、やはりうわさに聞いていたとおり

こんなものが置いてあります。



のぞきめがね



のぞきめがねね!



20代の運慶作大日如来



いかがですかな。

わかります?



運慶作 円成寺蔵 大日如来



これ、現在公開されている

東京国立博物館の真如苑蔵の

大日如来坐像
に連なるお作なのね。

↓は真如苑蔵の如来様です。



真如苑蔵 大日如来坐像 運慶作



真如苑蔵の如来様の方が技は円熟していて

丸みをおびていて慈悲深いですね。

円成寺さんのはまだ若い、硬さが

ありました。

国立博物館では光得寺さんの如来様も

拝観できて、まさに

まさに

大日如来をめぐる冒険なマムです。




さてさて境内を案内いたしましょう。



楼門



多宝塔



日本最小国宝建築 春日堂・白山堂
日本最小国宝建築の春日造り  春日堂・白山堂


↑この春日堂・白山堂はとてもちいさなものですが

とてもきれいな形のものでした。

このお堂の隣には鎌倉時代の建築物の

宇賀神本殿(うがじんほんでん)が

覆い屋をかけられて奉られています。



宇賀神本殿
宇賀神本殿(うがじんほんでん)

ちいさなお寺さんなのにすごいなあと

感嘆しきりのマムがいますっ。


護摩堂
護摩堂



宇賀神本殿(うがじんほんでん)不動明王 僧形文殊坐像とその体内仏


暑い中、護摩をいっしんにたいて

おられました。


十三重の塔



お手洗いを請うて教えられた場所にいくと

そのまん前になんと藤原時代の十三重の石塔

塔身に四方仏の種字が彫られていました。


DSC_2030.JPG



古刹とはこのようなお寺さんをいうのではと

マムはしみじみとおもいました。


lli05.gif


奈良には廃仏毀釈の嵐くぐり

お寺さんが一生懸命

仏さんを守ってくださったという

ありがたさが本当にあるのですよ。


あ~、楽しかった!

腹へったということで、

境内脇の茶店で、

ミルク金時と山菜うどんを

かきこむマムでした。



lli05.gif



さてお次は奈良国立博物館の

法隆寺展をご案内いたしましょう。




 
23
 



マムちゃん、この暑い中

2メートル近い大男と合気道を

バンバンやってとってもお疲れ

モードです・・・といいますか、

今日は討ち死にです。

トップの画像はなんでしょうね。

答えは明日。

忍辱山円成寺にて



では ごきげんよう
 
22
 
7月20日早朝 東大寺中門



奈良を訪れるとなにはともあれ

東大寺へご挨拶へまいります。

なにせ東大寺友の会会員ですからねっ。



早朝 東大寺鐘楼、奈良太郎
東大寺鐘楼、奈良太郎



マムは東大寺の朝が大好きです。

犬を散歩する人、敬けんに声明をあげる人。

マムは静かに歩きます。



早朝 東大寺二月堂への階段
東大寺法華堂への階段




三昧堂
三昧堂


三昧堂は小さなお堂ですが

マムのお気にいりです。

厨子にお入りの普賢菩薩さまが

お目当てです。堂守さんはとても

人懐こい方です。



法華堂
法華堂



向かいの法華堂は国宝の宝庫です。

日光月光菩薩さまがマムの

お仏像さん好きの原点です。



二月堂への階段の模様



二月堂への石段には模様が。

これいいですよねぇ。



二月堂よりの眺め
二月堂よりの眺め



毎度おなじみの二月堂よりの眺めです。



早朝の二月堂




二月堂裏
二月堂裏




マムの隠れ家
マムの隠れ家


ここでいつもおにぎりを食べているんですよ。

さて、おなかもいっぱいになったので・・・。

↓の写真は珍しいじゃないかな~。


東大寺ブランド。

大事にお使いあれ!














東大寺ブランド



lli05.gif  lli05.gif lli05.gif


上記の日記をアップしたらたびささん
かようなコメントをくださいました。
さすがたびささんです!



あああああ~っ。マムさん、おそろいです!!

私も写真撮りましたっ!! 東大寺ブランド~。 笑
惑星の過去の日記のどこかにひっそりこっそり載ってるはずです…。 笑
(2008.07.23 00:06:30)


*たびささんの東大寺ブランドはコチラです!


lli05.gif



東大寺の春



さて次回は忍辱山(にんにくせん)円成寺

ご案内しましょう。
 
22
 
東京で~す。
当然ながら朝6時から店に入って
仕事です。

昨夜8時のスカイマークエアラインに乗りました。

いつもことですが、スカイマークったら
時間通りに飛ばない着かないの低料金仕様!

12時近くに我が駅に到着。

駐輪場に行き愛車のチェーンを外し、いざ我家へ。

が、

なんというこてでしよう。
誰かが、イタズラをして愛車、本体についている
カギをかけているではあ~りませんか!

マムはカギを持っていません。

にっちもさっちもいきません。

疲れと暑さで涙が出てきちゃいました。

で、どうしたかって。

お巡りさんに泣きついて
カギを壊してもらいました。

家についたのは当然今日。
午前さま。

よい子のみなさん、絶対にこのよいな
イタズラをしないようにね!
 
21
 
今日も暑いですっ!
京都に行くはずが野暮用で九州にいます。

神出鬼没のマムです。
 
20
 
わかりきったことですが
暑いったらありゃしません。
さて、今日のマムは、
東大寺法華堂と三昧堂、
忍辱山(にんにくせん )円成寺、
奈良博物館、
興福寺、
秋篠寺、
海龍王寺、
不退寺
に行ってまいりました。

ハッキリ言ってボロ雑巾。クタクタです。



ちょっと栄養補給に、夜の街に行ってきまーす!
 
19
 
東大寺 二月堂よりの眺め 2008.3


大好きな奈良に行ってまいりま~すっ!
 
13
 
ただ今、気温32度でっす


対決-巨匠たちの日本美術
2008年7月8日(火)~8月17日(日)
東京国立博物館



A01-20080708kokka.jpg


lb_s04.gif


東京国立博物館本館11号室

展示に心豊かになったマムは

このまま立ち去りたいのを

我慢して「巨匠たちの日本美術」が

開催されている平成館へと向かいます。


11号室の密度の濃さに眼福を感じたマムは

けちがつかなければいいけどなあと

思ったわけです。


lb_s04.gif


ところが、ところがです。



もうふっとびました。

なにもかも。



展示室にはいってすぐに

運慶作の地蔵菩薩坐像が安置

されており「運慶はほんとうにいいわ~」と

うっとりのマムです。

しっかりとした体なのになめらかでふくよか。

お顔もすがるに値するしかっりとしていて

お優しいものです。

あ~、いいものを拝観できたと隣に目を

移して仰天しました。



東大寺公慶堂像 地蔵菩薩立蔵 快慶作
東大寺公慶堂像 地蔵菩薩立蔵 快慶作


図録でしか観たことがなかった

幻の快慶作・地蔵菩薩立像がおられる

ではないですか。

マムがこの地蔵菩薩さまにどれだけ

恋焦がれたか!

この快慶作の地蔵菩薩立蔵は

東大寺・公慶堂に安置されている

ということはわかっていたのですが、

公慶堂は非公開なのです。

ということは絶対秘仏に近いわけです。


図録で観る地蔵菩薩さまのお顔は

冷徹なほど美しく

衣装のきり金模様の緻密なこと。

お会いしたいとずっと願っていたのです。

その菩薩様が思いがけずして

目の前にいらっしゃるではありませんか。

ハァ~。

lb_s04.gif



運慶のおおらかでいて力強い作風に

たいして快慶は丹精にして優美。

目の前の快慶作・地蔵菩薩さまの

美しさは天上の美しさ。

民草の身近な信仰であった地蔵さまの

このような美しさを拝顔できたならば

「極楽というものはこのように美しい

地蔵様がおいでなのだ」と悩める衆生は

往生できたでしょう。


お顔だちは整い、怜悧な美しさと

言って過言ではありません。

お体は運慶のしっかりした体躯に対し

丸みを帯びてふくよかだけれでども、ふっと

お消えになりそうなものを感じます。

横から拝観すると、何とはなしに

法隆寺の百済観音さまを思わせます。


その衣はひだひとつどれをとっても

薄く、軽く、丁寧で美しいものです。

そして、衣装に隙間なくあらわされた

模様、きり金。


地蔵菩薩さまは白に薄緑の蓮の花に

本の少し右足に重心をかけてお立ちに

なっています。

そしてそれらは白い雲に乗っているのです。




まるでふわりと宙を浮くようです。


 
13
 


上野のお山の暑いこと!

が、

マムはなんのその。

いつものことですが、

胸の振り子がビュンビュンなって

足取りの軽いこと。

今日は、13億円で落札された

真如苑蔵の大日如来坐像を拝観に

やってきました。

写真で見ても気高く美しいお姿。

実際にお目もじしたらどんなに

尊いお姿か。この日を待って

いました。


lb_s04.gif



東京国立博物館 特集陳列 
二体の大日如来像と運慶様(うんけいよう)の彫刻
本館12室 2008年7月10日(木)~9月21(日)



lb_s04.gif



六波羅蜜寺の平安・鎌倉の仏像がまとまって

展示されている11号室に満足しながら

第一目的の12号室へと入室しました。



真如苑蔵 大日如来坐像 運慶作
真如苑蔵 大日如来坐像 運慶作


おいでの大日如来さまは

思い通りのおきれいなお姿でした。

ふくよかなお体と毅然としたお顔。

身をかがめて仰ぐとお顔のお優しいこと。

悩める者がそのお姿を拝したならば、

安定打坐(あんじょうざだ)の心持に

なれるだろうなあと思います。



真如苑蔵 大日如来坐像 運慶作


安定打坐
雑念や妄念にとり囲まれている心から
これらを取り除き心の元にある
「本心、良心」を発現させることです



海外流出せずに本当に良かったと

思います。





この、「二体の大日如来像と運慶様(うんけいよう)の彫刻」

は、二体とかざしてあるとおりもう一体の大日如来像が

展示されています。栃木・光得寺所蔵の大日如来坐像です。


光得寺 大日如来坐像
光得寺 大日如来坐像

この大日如来さまも運慶作といわれています。

光得寺より東京博物館に寄託されているのですが

めったなことでは拝観は出来ないもので、今回の

二体同時展示はとても貴重なことです。

この光得寺さんの如来さまの厨子が

また見事でした。

おびただしい獅子にささえられた蓮華。

厨子ないを飛翔する仏様の数々。

伝来の確かさをあらわすものですね。


*真如苑蔵の大日如来についての学術的な
詳細はコチラをご覧下さい



伝浄瑠璃寺伝来 十二神像 巳神 慶派作
伝浄瑠璃寺伝来 十二神像 巳神 慶派作


さて、この12号室の展示のレベルの高いこと!

密度の濃いいこと!


伝浄瑠璃寺伝来 十二神像 巳神 慶派作 の

すばらしいこと。

こぶりながら圧倒的な力強さです。

衣装のこまかな模様と脈打つ体躯。

しっかりと見開いたまなじり。

まさに慶派そのものです。


lb_s04.gif


今、東京国立博物館12号室を

見ずしてなんとする・・・ですっ。


lb_s04.gif


フ~ッ、、、。




が、


ですよ!

もっとマムをノックアウトする

ものが平成館で待っていたのです。




とにかく、この夏、東京国立博物間は必見です!


つづく

 
11
 





あぢ~よ~



みなさま

ご自愛のほどを。。。

スケジュールぎっしりの

夏が大嫌いなマムより




 
07
 
四天王像・持国天像木造 

彩色・切金
像高133.3cm
飛鳥時代(7世紀)
奈良・法隆寺



lb_s04.gif


マムの心の振り子は日に日にブンブン

大きく揺れて「心ここにあらず」状態です。

奈良国立博物館、国宝法隆寺金堂展

いく計画をたてているわけね。

マムは法隆寺さんの四天王が大好き

なのです。飛鳥時代の特徴である

とってもお優しいお顔なんですよ。

装いもとっても優美です。

そして、四天王が踏みしだいて

いる邪鬼たちのユニークなこと。

特にトップ画像の持国天の足元の

邪鬼は間延びしたお顔で

大大好きなんです。

まるで我が家の愛犬グレみたい!


恵比寿さん


東大寺戒壇院のこわおもてでイケメンの

四天王もいいですが、

東大寺戒壇院四天王・広目天立像



飛鳥時代のシルクロード

の面影を残す法隆寺四天王はお勧めです!


その四天王が間近で拝観できる・・・

そう思うと、気もそぞろなわけです。

それにですよっ!

金堂西の間の天蓋も観ることが

できる!!!



金堂西の間天蓋

ア~、今にも駆け出したい

マムでっす。
 
05
 
Pitigliano


トップの写真はマムの大切な友人、

イタリア人のダニエラの住む街です。

「こんなステキなところにすんでるんだ」と、

感激するマムにダニエラは苦笑しながら

言いました。

「う~ん、住むのはなんだかんだ大変なのよ」。

lli05.gif


前回は、イタリアの世界遺産落書きに

ついて記載したのですが、幸達さん

がくださったコメントに思わず膝を打った

マムです。

幸達さんのコメントを前文掲載しますね。


lli05.gif   lli05.gif


確かに落書きはいけない事。
でも、イタリア的大らかさも、いいものに思える。
ダッテ、遺産にウモレテ住み着いており、腫れ物に
触れる感覚では、生活出来んよ。みたいかなー。



lli05.gif


「う~ん、住むのはなんだかんだ大変なのよ」


ダニエラ・マラスコ合気道三段は2006年
病のため、彼の地で没したことを明記します。



lli05.gif


幸達さんのコメントに思いがけず

ダニエラの言葉を思い出してしまい

ました。


 
03
 
吉祥寺 東急デパート裏手



このところ、イタリアの世界遺産への

落書きの件でかまびすしい日本です。

まず、断言しておきます。

落書きは絶対にしてはいけない!

と、

いうことを。


lli05.gif  lli05.gif


イタリアからは

「日本人はなんて礼儀ただしいんだ」

なんて誉められちゃったり、

「日本人はなんて厳しいんだ」と

驚かれたりしちゃっています。


「礼儀ただしい」といわれたのは

落書きをした学生より

謝罪状がとどいたからなのね(笑)。


近しい子がマムに教えてくれたのですが

「あそこは書いてもいいんじゃないかと

錯覚おこすくらいみんな落書きしてるよ」

とのこと。


もしマムが新婚旅行で行ったとして

現地の人が、サインペンを片手に

「ここにサインしたら幸せになるよ」と

近づいてきたら「そうなんだあ♪」と

ルンルン気分でお金を払ってペンを

うけとりマム&イカってしるしちゃうと

思います!

だって、その聖堂の認可をうけた業者さん

と思うでしょ。

そこには悪意も悪戯気分もなくて

素直にその言葉を信じる恋人たち

がいるわけね。


基本的に落書きはダメです。

まして世界遺産に!

ただ、

戦争でも勃発したかのような

マスコミ報道や

退学処分やら失職しかねないというのは

ちょっとやりすぎと思うのです。


lli05.gif


マムの喉には小骨がささっているのね。

この日本人のサインを撮ってメールで

大学やマスコミにまで知らせた人は

なにを思って知らせたのかなあと。

どうしろと意図しておくったのかなあ。

と。

単なる義憤かなあ。

結果として退学やら失職の憂き目あうことを

まで予期しておくったのかなあと。

一報のあと次々に

明るみにでたのはどうしてかなあ。

まだあるよ、ホレ、ホラっていろんな

人たちが知らせたのかなあ。それとも、

同一人物がおくったのかなあ。


この人あるいはこの人たちの

気持ちがマムは知りたいなあ。


lli05.gif


それと、すっごく面白いなあと

思ったのは、この槍玉にあがった

人たちって、名前だけじゃなくて

所属まで書いちゃってるでしょ。

名前だけにしておけばよいものを、

外国に来てまで所属意識があるのねえ。

これってすっごく日本人的ね!


これで、落書きが減ると思うので、

寛大なる処置をとマムは思っています。lli05.gif


Dsc_00871.jpg

↑コレは奈良・室生寺奥の院の落書き
たしかにひどいなあと義憤を感じました!



 
01
 
●ここで生きるのではない、ここで死んでいくんだ。●


青年団第56回公演
『眠れない夜なんてない』作・演出:平田オリザ
【東京公演】 2008年6月27日-7月6日
●吉祥寺シアター


lb_s04.gif


マムの友人が平田オリザさん主宰の

「青年団」の団員ということで

6月29日(日曜日)に

マムはいそいそと吉祥寺シアターへ

出かけたわけです。

前回「青年団」として観たのは
「ソウル市民昭和望郷編」でした。


当日は演劇終了後に

平田オリザさんのトークが

ありました。

マムはこの平田オリザさんにとっても

興味があるのです。彼個人というより

彼のご両親や母方のおじさんを含めた

平田オリザさんに。


hi_b07.gif


平田さんは文化人といっていいと思います。

ただし平田さん自身はそうくくられることに

対してどう思いかはわかりません。


hi_b07.gif


平田さんの経歴は特異といっていいと思います。

都立駒場高校定時制2年16才時に高校を休学し、

自転車による世界一周旅行を成しえるわけです。

その後、大検 に合格し、難関の

国際基督教大学に入り演劇活動に入り

現在にいたるわけね。


hi_b07.gif


平田さんのご両親は、

お父様はシナリオライター。

お母様は心理カウンセラー。

教育レベルの高いご両親は

息子が定時制に進むこと、

休学することをどうお思いに

なったのかなあ。

自転車で世界を駆ける16才の

息子に何を思われたのかなあ。

と、考えちゃいます。


hi_b07.gif


トークショウでオリザさんは

きっぱり仰いました。

「僕は貧しい家の子ではなくて

中産階級の上の出です」
と。


hi_b07.gif


これってなかなか言えないことですよ。

人は得てして「人前では下手(したて)にでる」

ものです。下手に出たほうが、波風たたずに

渡れるでしょ。この言葉を聞いたとき

マムはオリザさんの裏表のなさと

強さを感じました。


hi_b07.gif


さて、文化人にもどりましょう。

マムからみると、文化人って

脆弱なのねぇ。脆いの。

時流に乗ると、守り一方ですしねっ。


hi_b07.gif


オリザさんにはそういうものが

ないように思うんです。

文化人にしては強い!


hi_b07.gif


でもね、見てくれは

すごい弱っちいの。

マムがちょっとつっつけば

すぐ倒れそう。その上、

どう見てもマムより年上にみえるの。

10才近く年下なのに座った姿は

おじいさんじゃなくておばあさん(笑)。

オリザばあさんって感じ。


hi_b07.gif


16才で自転車による世界1周を

果たした小さな巨人です。


hi_b07.gif


こういう胆が据わった文化人が

たくさんでてくれば日本が

戦前の暗い時代に戻ることは

ないのですが・・・。




lb_s04.gif



オリザさんのお叔父さんは

映画監督の大林宣彦さんです。



lb_s04.gif


youtubeにてインタビューがご覧になれます。


団員の友人は女優・渡辺香奈です。
マムは勝手応援団です!
宜しくお願いしますね。


プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday