カバ屋印 マムの素 

 
25
 
ル・パルク 第3幕「解放」
シアターガイドより


ル・パルク
ル・パルク 第1幕「異性間の視察」
シアターガイドより



パリオペラ座エトワール

マニュエル・ルグリ主演

「ル・パルク」

mn12_l05.gif


観てきましたよっ!

2時間休憩無しがあっという間に

終わってしまいました。

それほど見ごたえあるものでした。

mn12_l05.gif

ル・パルクは男と女の

駆け引き、情愛をあらわした

コンテンポラリー作品です。

音楽は現代音楽と新日本フィルの

モーツァルトの生演奏という豪華さ。

mn12_l05.gif


さて、ルグリのことだけに的を

絞りましょう。

まさにエトワールのなかのエトワール。

大エトワールといわれることに

偽りなし!・・・です。


ジゼルを指導するルグリよオーバーヌ
スーパーレッスン 指導中のルグリ


彼はNHKのスーパーレッスンの中でも

音楽を常に念頭におくことを説いて

いたのですが、彼の踊りはまさに

音楽を奏でるように、流れあふれだします。

軽やかで、そしてこれが重要なのですが、

一寸のブレ(狂いのない)演技なのです。

彼と一緒に空気が動いていきます。


全3幕どのシーンも「正確な技術」と「演技の解釈」と

纏わりつく空気の「軽やかさ緊張感」は途切れません。

体の隅々までが統一されいて自由です。


マムの口からため息がもれます。


他の団員も一流というのに、まったく

一線を画しているのです。遠目にもルグリは

すぐにわかります。これはもう、天才と一流の

違いなのでしょうか。


mn12_l05.gif


特に第3幕のレティシア・プジョルとの

情交を示唆するシーンは

美しさと優しさに満ち溢れた

芸術作品でした。

エレガンスに満ちた圧巻です。


mn12_l05.gif


実はA席で22,000円もするのですが、

この額に値する作品でした。

ルグリは引退するのではないかと

言われています。

彼の作品を生で観る事ができて

本当によかったです。


mn12_l05.gif


ルグリ以外では、第3幕の夢のシーンの

レティシア・プジョルらの踊りは、

近未来的でシュールで振付師の

技の見せ所でした。

空をくるくる舞うプジョルは

まるで異性人のようでした。


あっという間の2時間。

拍手の嵐嵐嵐でブラボーの声も。

マムも声をかけたかったです。

シアワセ。


mn12_l05.gif


ルグリのすごいところは

「解釈と技術と精神と肉体」が

すべてトップクラスにあり

それらがバランスをとって

輪になっているということです。

ひとつも欠けていないし、

ひとつだけ突出してるわけではない。


mn12_l05.gif


わかりやすいたとえで熊川くんをだしますね。

熊川くんが15歳(14かしら?)のときの

ローザンヌコンテストの映像を見たこと

があります。

驚きました。堂々としていて、その跳躍の

見事なこと。

でもね、彼ってあのときから、ちっとも

変わっていないように思うのです。

相変わらず、ピョンピョン跳んで

「僕はうまいでしょ」という内面が

こちらにビシビシ伝わってきます。

ルグリはうまいです。

が、

踊ることが本当に好きなんだなあという

気持ちは伝わっても、「我が技術」の

押し売り感はまったくありません。

これは先にいったすべてのバランスが

とれて輪になっているからです。

熊川くんはスゴイなあとマムも尊敬して

いるのですが、彼のバレエはバレエというより

ミュージカルのように見えるのです。


生意気いってごめんなさい。

*熊川くんはマムの好きなダンサーの一人です!


mn12_l05.gif


ルグリの「ル・パルク」を観る事が

出来たということは、生涯の思い出と

なるでしょう。


shinoyama_1.jpg
篠山紀信 ルグリ・イン・オペラより



*トップの作品は、無断で借用しています。
あまりにきれいなシーンなので皆さん
にお見せしたくて。
近いうちに削除することを明記します。



パリオペラ座 永遠のエレガンス
パリオペラ座 エトワールガラ 2008


mn12_l05.gif


番外編

ロビーにて岸谷五朗ちゃん発見!

化粧室長蛇の列は、草刈民代さんと一緒なる光栄!

デヘッ
スポンサーサイト
 
23
 
フェルトバッグ 水色の思い出
横20cm 高さ16cm 幅7cm


mmi333.gif  mmi333.gif


子供のころから好きな

ものが変わっていません。

たとえば、水玉模様。

たとえば、ギンガムチェック。

たとえば、リボン。

たとえば、サッカー生地。

たとえば、2月の水色の空。


その空に心をすわれ

仰ぎ見ながら自転車をこぎ続けました。

と、

突然視界がとぎれ、

土手をころがり落ちた

幼いマム、、、でした。


フェルトバッグ 水色の思い出


フェルト講習会3回目(5.12)も楽しいうちに

終了。あますところ2回です。

が、

継続決定。

6月23日(月)より第2期のフェルト講座が

はじまります。

興味のある方は、サンケイリビング

直接お問い合わせください。

mmi333.gif


とっても忙しくて

パソ子の前に座る時間が

とれない毎日です。

けど、

享楽的生活!

明日(土)は

渋谷 Bunkanuraに

パリオペラ座エトワール

マニュエル・ルグリの

バレエ公演に行ってまいりますぅ。

舞姫のおごりですっ。
 
15
 

第46回全日本合気道演武会

5月24日 11:00より
日本武道館


またもこの季節到来。

マムの1坪ショップのガラスは

このポスターで占領されちゃいます。


マムが所属する合気道月窓寺道場も

もちろんでます!  

けどマムはでませんっ。

だってお仕事がありますもの。

この演武会の見所は

わが師範多田宏九段の演武。

最後から2番目の登場。

(1番最後は道主)

場内は水をうったように静かに

なります!

ウフッ♪


道主はポスターの方です。
時々、イカちゃんと間違え
られますデス。
 
12
 
お母さんへのプレゼント


マムは母が大好きです。

いい年をして

臆面もなく言い切れます。

妹とふたりして母のことをこう言って

は笑ったものです。

大日本母さん連盟会長、と。

とにかく子供命

母親の鏡のようなひとです。


兄ふたりも母のことが大好きです。

これほど子供に慕われている

母親はそういないだろうと思います。

大日本母さん連盟会長さん。


お母さんへのプレゼント


母が使うバッグは明るい色に決めました。

クラシカルなレースに内張りは

アーリーアメリカンな布をえらびました。

内ポケットは物を入れやすいように

口を広めに。



フェルト お母さんへのプレゼント


大好きなお母さんへの

マムからの母の日のプレゼントは

フェルトバッグ。

その名もずばり、

「お母さんへのプレゼント」





やさしい風合いのフェルトバッグたち
パステルカラーのバッグたちより
 
11
 


母の日は平常心を心がけても

なんとはなしに落ち着かないものです。


有償の愛しか信じないリア王的黒マム

にとっては一大イベント!!!

いただくまでは気もそぞろですっ。

が、

今年は若い友人のフーちゃんが

わざわざ仕事場にカーネーションと

マムの好きなコーヒーを持ってきて

くれました。

マムは瞬時に白天使になってしまいました。

ありがとう蕗ちゃん。


さて、わが舞姫はなにをくれるかっ。

あっというまに黒マムに早替わり。

朝寝坊の舞姫は眠気まなこでも

ちゃあぁんと、仔猫のピッチの

コーヒーカップとレターセットを

くれました。

姫のくれたカップにフーちゃんからの

プレゼントのブルーマウンテンを入れて

白天使に再び戻ったマムは優雅に

飲むの母の日でした。

この白天使状態はいつまで続くやら。


母の日
舞姫よりのカーネーション
 
09
 
大英博物館の青カバ

マムが欲しい大英博物館の青カバは↑コレね。
たびささん情報)

欲しいよ~。
 
08
 
大英博物館土産の青カバくん


お友達のF男くんはとっても

優しくて律儀な欧州人。

頭がよくて、4ヶ国か5ヶ国の

言葉が堪能。大英博物館の隣で

お仕事をしています。

で、マムは請う!

「大英博物館から青カバを買ってきてね」と。

首を長く長くして待った甲斐がありました。

トップ画像の青カバのぬいぐるみをマムに

買ってきてくれました。

これで、メトロポリタン、大英、

ルーブル、日本

の青カバが揃う・・・ウフフ。









でも、

これって、

模様が・・・!

メトの青カバウィリアムと同じ。




タグにはしっかり

これはニューヨークのメトロポリタン製の

青カバ・ウィリアムであるぞよ と、

明記されています。

もう一度言っておきます。

外国語堪能。

そして律儀!



律儀のなせる技。



大英のではないけれど

とってもかわいい

F男的大英博物館の

青カバくんですっ。


青カバくん全員集合

注:F男には実はメト製であるぞよって
ことは内緒ですからね。秘密。
 
07
 
フェルトの小物入れ・・・大切なもの



マムの大切なもの。

その大切なものをいれる小物入れを

作らねば。

作ったらいつも枕元において

一緒に眠りましょう。


フェルト小物入れ 大切なもの


どんな色にしましょうか。

やはり淡い色。

中袋は優しい風合いの二重ガーゼでしょう。

あれこれ思いをはせて出来上がった

‘大切なものいれ’。


かいこのおうち、のおうち


この‘大切なものいれ’の、本当の名前は

「かいこのおうち、のおうち」。


かいこのおうち、のおうち
↑白い球体がのぞいてますが、三輪途道先生のお作 かいこのおうち です


この「かいこのおうち、のおうち」に

すむのは三輪途道先生の作品。

かいこのおうち



触ってみたくて仕方のなかった

三輪途道(上原三千代)先生

の木心乾漆。


マムの元に届いた日、

掌にのせてくるんでみました。

撫でてみました。

ひんやりとした木心乾漆の

肌はすぐにマムの手になじんで

温かみを帯びてきます。

その肌は透き通って脈打つのが

見えてきそうです。


古くから伝わる仏像の技法。

木心乾漆造。


夜毎、眠りにつくまえに

とりだしては掌にのせ、

愛で、そして

深く空法にはいり・・・たいものです。


マムの大切なのも。

かいこのおうち。

かいこのおうちのおうち。




やさしい風合いのフェルトバッグたち
パステルカラーのバッグたち より


 
06
 
パステルカラーのフェルトバッグたち


初夏というのにピクニックの誘いも

ことわり、ひとり楽しくフェルトバッグを

作っていました。

形が出来上がると、着物の八掛けを選ぶように

中張りの布を選びます。これがとっても楽しくて

子供のころ、母と呉服商にでかけて

「ああでもないコウデモナイ」とウキウキとした

気分がよみがえってきます。


mmi332.gif大切なもの

mmi328.gif水色の思い出

mmi333.gifお母さんへのプレゼント

mmi331.gif若草の香り


それぞれに名前をつけてみました。

さてどれがどれだかわかります?

ウフ、、、。
 
06
 
多田宏九段


5月5日(こどもの日)

マムが所属する合気道月窓寺道場にて

武蔵野市合気道連盟の合同稽古がおこ

なわれました。

100名以上の参加者があり、OP道場生に

いわせると「蟻の巣みたい」。

いえ、本当は「蟻の巣に水をいれたみたい」。

と言ってました。それくらい参加者が多くて

右往左往の稽古でした。

この合同稽古の見所は

「多田宏九段の説明演武」です。

もう、これは合気道をおやりのかたは

必見です。

在りし日の翁先生を語りながら、

あるいはご自分の合気道修行の中から

学ばれたことをときながら

演武をなさいます。

多田塾生でよかったとしみじみ思う

一日でした。



合気道別館に多数の写真がおさめられて
います。よろしければご覧ください。
 
04
 
ナガミヒナゲシ

なんとか、無事着地!

新しいパソ子にての登場ですっ。


he_s01.gif


必死になって格闘しているマムを

余所目にイカはがんがんジャズかけまくって

ゴールデンウィークを謳歌していますし、

舞姫はお顔をのお手入れなんかをなさって

いるしで、マムの血圧はぐんぐん上昇。


けど、ヒステリーをおこすこともなく

無事終了です~♪


しっかし、

足元の配線、なんとかならないでしょうか?

たこ足があっちにもこっちにも!

それでなくても散らかっているマム家。

収拾つかない状態です。

これで、マムはヒステリーを

おこしそうです・・・。
 
03
 
 興福寺 五部浄像(ごぶじょうぞう)


今日のマムちゃんは憂鬱顔。

なんと、妹ちゃんから98をいまだに愛用している

マムにパソコンがおくられてくる!  

じゃあ、

喜べよ~

歌えよ~

一人ウェーブしろよ~



やっとiPodが使えるんだよ~



が、

とんでもない。。。

どうやって98の中にある

ホームページを移せばよいのやら

だいたいセットアップってどうすんのよ

とか、頭の痛いことこのうえなし!

と、

ステキなゴールデンウィークの

はじまりですぅ。

銅造仏頭(旧山田寺講堂本尊

久し振りの山田ピンコ登場!

「四の五の言わずがんばんしゃい!」。


he_s01.gif


はじめて作った懐かしのホームページ紹介

「おいしいパンの物語」
 
02
 
東京国際フォーラム



長年、合気道をやっているとたくさんの

出会いがあります。

イタリア人のポリの話をしましょう。

he_s01.gif


初めて会ったのは何年前だったかしら?

6、7年くらい前かな・・・。

まだ子供子供していて、日本語がまったく

だめなうえ白帯でした。

生活費をきりつめて合気道の稽古をして

いました。

マムは少しでも生活が楽になればと

せっせとパンを運びました。

1年くらいしてポリはイタリアへ帰って

行きました。以来、来日するたびに

マムさんにはお世話になったからと

律儀にお土産を持ってきてくれます。

さて、今日のこと。

すてきな奥さんを得、日本語がベラベラに

なり、日本風にいえばエリート街道に

乗った今でも、子供子供していた頃と

同じように、はみかみながらですが

なおかつ親しげに

「お土産があるから、あとでね」と

ささやきます。



ポリよりのお土産
すんごいステキなリネン


「飛行機の荷物でちょっと汚くなったけど」と

手渡されたのはオリーブを刺繍したリネン

のセットです。別にたいしたことはして

いないのに、嬉しい限りです。

子供で、白帯だったのに今ではマムに

合気道を教えてくれます。

こうやって皆、マムを追い越していくのは

マムの喜びねっ。

若い人はこうでなくっちゃあぁ、

マムも張り合いがないものです。


he_s01.gif

大きな声ではいえませんが、

鶴でも恩返しをするましていわんや

ホモサピエンスは・・・ねっ!


やっぱりマムは腹黒。

有償の愛なわけね・・・デヘ。



おあとがよろしいようで he_s01.gif







 
01
 

ちょっとご無沙汰しました♪

このところひたすらフェルトバッグ

制作に励んでいるマムです。

母の日のプレゼント用やら大切な物いれ用

など、5つもバッグを作ってしまいました。

それが、マムがいうのもなんですが、どれも

とっても可愛いんです・・・。

と、いうわけでなかなかパソ子の前に

座る暇がなくて。

バッグは後日アップしますね。

he_s01.gif


4月28日はフェルト講習会の2回目でした。

手乗りワンコの制作でしたが、ちと難しくて

どうなることやらと内心戸惑うマムでしたが

どうにか可愛いワンコができあがりました。

生徒さんも「あ~楽しかった」と言ってくださって

ほっとしました。

he_s01.gif

実は途中で生徒さんの作るワンコが「あまりといえば

あまり」だったのでゲラゲラマム笑いをしてついにボロを

出してしまいました!

生徒さんいわく「先生、そんな笑わないでください」。

失礼しました。マム笑いは封じこめていたのですが!

がんばってスカートをはいているというのに!

えっ? スカート・・・なんですか、それ。
ぃや、意味はないんですが、スカートはいたら
上品になるかなあなんて・・・おもったりしてぇ。


やっぱりクールビューティにはなれません。。。


Dsc_01361.jpg

Dsc_00721.jpg

Dsc_00732.jpg

Dsc_00921.jpg

Dsc_00931.jpg



Dsc_00941.jpg



次回はまん丸ポーチに挑戦ですhe_s01.gif


まんまるポーチ


*楽天のフォトアルバムの容量が10MBをきって
 しまいました。で、古い写真を使いまわして
いる次第です。おゆるしあれ!

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday