カバ屋印 マムの素 

 
30
 


一年間

皆々さまには

とてもお世話になりました

感謝するのみです

やっとこさ「冬浅き奈良」

終了!

マムちゃんは ほっとして

寝正月にて

ブログの方はご免こうむら

せていただきます

どちらさまも

ご多幸ですように

お祈りいたします

ポコマムha-01.gif



スポンサーサイト
 
30
 
興福寺 南円堂 江戸時代再建 重文


午前9時30分に奈良の地を踏み出し

五刧院、東大寺、興福寺、西大寺、

そしてまた興福寺へやってきました。


li_s34.gif

12月16日(日) 午後4時30分

奈良公園


いくらマムちゃんでもお腹はすきます。

で、東向通りの「お好み焼き おかる」へ。

が、なんと満員でだめ!

あ~、ビールが飲みたかったのになあ。

ということで、前から気になっていた↓


そよご


東向通りから南円堂への近道の坂途中にある

「そよご」へふらり。甘味屋さんでした。

すきっ腹に善哉! 善い哉、善い哉、でっす。


li_s34.gif

マムが興福寺の建築物で好きなのは

五重塔より端っこに建つ

三重塔です。


興福寺 三重塔
三重塔 鎌倉時代 国宝

威風堂々としていいでしょっ!

白壁と木組みのコントラストがきれいで

洗練された美を感じます。

興福寺で一番古い建築物なんですよ。


興福寺 手水
南円堂前の手水

奈良の人々は信心深いのでしょうね。

夜の興福寺は3回目ですが、いつきても

お参りの人が絶えません。

子供連れや犬の散歩がてらと、ね。



やっぱり奈良が好き。



Dsc_10331.jpg



以上 冬浅き奈良・・・終。

この日夜の10時には自宅にてビールを
飲みながらしみじみと奈良を
思うマムちゃんでした。




li_s34.gif

冬浅き奈良1 日吉館のこと
冬浅き奈良2 思惟山五劫院のアフロ阿弥陀仏
冬浅き奈良3 東大寺 知足院
冬浅き奈良4 開山堂 良弁上人坐像
冬浅き奈良5 法華堂 秘仏執金剛神立像
冬浅き奈良6 鐘楼の丘 奈良太郎
冬浅き奈良7   俊乗坊重源上人坐像
冬浅き奈良8 重源上人模刻と三輪途道先生
冬浅き奈良9 二月堂 手水舎
冬浅き奈良10 西大寺 文殊菩薩さまと善財童子
冬浅き奈良11 夜の興福寺 南円・三重塔

 
30
 
西大寺 南大門より

真言律宗総本山 西大寺

〒631-0825 奈良市西大寺芝町1-1-5
電話 : 0742-45-4700
アクセス 近鉄西大寺駅下車、徒歩3分



li_s34.gif

東大寺を後にし西大寺に一直線かと思えば

さにあらず、勿論 「興福寺」へ。

国宝館及び東金堂の拝観ははずせません!



興福寺金堂 薬師如来像
東金堂 本尊薬師如来像 パンフレットより

仏像を拝観するときは、後ろの光背にも

目を凝らしましょうね。とっても凝って

ますから。画像ではよく見えませんが、

天女がたくさん舞っておられるのですよ。

li_s34.gif


12月16日(日)午後3:30

西大寺は近鉄奈良駅より15分も

かかりません。765年に発願された由緒ある

お寺さんで、創建時、110もの堂宇が立ち並ぶ

ほど栄え、東大寺と今流にいえば

「ためはって」いたわけです。

東の大寺、西の大寺なわけです。


li_s34.gif


いとうせいこうさんが指摘を

されて注目されはじめたのが、

四天王の足もとの邪鬼です。

この邪鬼は創建当初のもので、火災で焼失した

四天王さんよりも古いわけです。

しゃがんで邪鬼を見ると、とっても単純化

されたシンプルなもの。言いかたをかえれば

とても大胆です。

興福寺やら東大寺の邪鬼に見慣れていると

ぷっと笑いがでます。



西大寺


西大寺の拝観チケット↑ きれいですよね。

これは他のお寺さんも参考にすべきでしょう。


li_s34.gif


西大寺の一番のウリは

愛染明王坐像(重文)ですが、秘仏です。

で、普段はレプリカが安置されています。

このレプリカはとってもよく出来ています。

30cmくらいの背丈ですが、

写真で見ると、1メートルはゆうに

ありそうです。

それくらい迫力あります。


西大寺 本堂
西大寺 本堂1751年再建 重文


マムはこの本堂の甍のラインがすきなんですよ!

優美にて剛健な感じねっ。

この本堂はね、知っていても

オ~と、声をあげてしまいます。

入るとね、暗い本堂の壁一面に灯明が

上がっていて光が重なり合って

幻想的なの。

そこにはおきれいな文殊菩薩さまがおいで

なんです。


西大寺文殊菩薩
文殊菩薩騎獅像 鎌倉時代 重文 パンフレットより

乗っておられる獅子もそれは立派です。

この菩薩さまは、興福寺の秘仏、

「聖観音菩薩」さまにとてもよく似て

おいでです。鎌倉期の仏像はとても

デコラティブでゴージャスな共通点が

ありますね。


興福寺秘仏聖観音立像
興福寺秘仏聖観音立像



文殊菩薩さまは、

脇には善財童子をお連れです。



善財童子
善財童子 はがきより


この善財童子はいいですねえ。

今にも、ちょこまか動き出しそう

です。

灰谷健次郎氏の「兎の眼」


こういう一文があります。

「あいかわらず善財童子は美しい眼をしていた。
人の眼というより、兎の眼だった。
それは祈りをこめたように、
もの思うかのように、
静かな光をたたえてやさしかった」 


灰谷さんは、純粋で無垢な祈りの眼、

菩薩のような人格と称しておいで

だと思うのです。

が、

マムはこの善財童子に無垢なもの

をみるより、人をからかうニンフ

あるいは、

すばしっこい小動物を見てしまいます。

どちらにせよ、とても優れた木造彫刻

といえます。


東塔礎石
奈良時代 東塔跡


西大寺のカフェカーテン ゲット↓


西大寺 カフェカーテン



いかがでしたか?

西大寺さんは。

近鉄西大寺駅から3分という近さなのに、

秋篠寺(駅より15分)があるために、

拝観者があまりいないんですよ。

人がいないということはマムには

最高なのですが・・・。

もっと人気(ひとけ)があっていいと思います。
li_s34.gif


さあて、奈良にもどって、

日が落ちて暗い興福寺の境内を

見納めてかえりましょうかねぇ。



li_s34.gif



  



li_s34.gif

冬浅き奈良1 日吉館のこと
冬浅き奈良2 思惟山五劫院のアフロ阿弥陀仏
冬浅き奈良3 東大寺 知足院
冬浅き奈良4 開山堂 良弁上人坐像
冬浅き奈良5 法華堂 秘仏執金剛神立像
冬浅き奈良6 鐘楼の丘 奈良太郎
冬浅き奈良7   俊乗坊重源上人坐像
冬浅き奈良8 重源上人模刻と三輪途道先生
冬浅き奈良9 二月堂 手水舎
冬浅き奈良10 西大寺 文殊菩薩さまと善財童子
冬浅き奈良11 夜の興福寺 南円・三重塔

 
28
 
観音堂(二月堂)からの眺め


12月16日(日) 午後2:30


li_s34.gif


写経を終え、大急ぎで観音堂エリアへ。

マム自身、呆れるのですが、

幾度となく東大寺を訪れ、ちっとも飽きずに

そこここと、同じ場所を行き交っています。

それでも、見落としていることが・・・。

例えば、この↓手水の龍。

いつも正面だけのお目通りでした。

龍がぐるりと鉢を巻いているとは気がつき

ませんでした。



手水舎
Dsc_09521.jpg Dsc_09551.jpg 二月堂 手水 Dsc_09492.jpg Dsc_09611.jpg



自宅にもどり、この手水舎の天井には
龍の彫刻を施した方位磁針があること
を知りまた宿題をかかえてしまいました。
どこに目がついているのやら!
ア~、早く確認しに奈良へ行きたい!!!


li_s34.gif


18時の新幹線にはまだまだ時間があります。

JR東海が盛んにコマーシャルを流している

西大寺に行きましょうかねっ。

西大寺さんの善財童子はこましゃくれた

顔してるけれど、今にも動き出しそうで

いいんですよぉ♪
 
27
 
12月16日(日)午後1:15

鏡池前より脇道にはいると寺務所があります。

重源上人の模刻はこの建物の奥・・・

写経場に安置されています。

だ・か・ら、マムは写経をしないといけないの!

嬉しい溜息がでちゃいます。

今日の写経は午前中2人。

午後はマム1人とのこと。

建物の奥に通されつつ、廊下を歩きながら

帰り・・・1人戻れなくなったらどうしよう

・・・とマムちゃんはちょっと心細なげ

だけれど重源さまを独占できると思うと

チルチルミチルもなんのその。

案内された襖をあけると、

li_s34.gif

っあ~

明るい床の間に、

重源さんがいらっしゃいました。

これが、模倣ですか?

たしかに模倣なのでしょうが、

独立した見事な老僧の彫刻が

そこにありました。

「ちゃんとせな、あかんなあ」と

今にもお声がしそうですし

マムはいっときの間、見惚れます。

三輪先生(当時は上原)は20代で

この彫刻をなされたのかと・・・

意味もなくマムは首をふり続けます。

こういう彫刻って、ただ技があるだけ

ではなくて、のめりこんでいける

馬鹿な力と、憑き物がついてこないと

単なる等身大フィギュアになってしま

うような気がします。

半眼の目が今にも大きく開きそうです。


写経セット


見惚れてばかりではまずいです!

般若心経をうつさねば。

お手本は榊莫山先生です。

やはり、「奈良3」での表札の字は

莫山さんに違いありませんね。

静かな空間の中、気持ちを鎮めて

写経をはじめます。

莫山先生のお手本は、日頃の

天衣無法が影をひそめています。

が、面白いですねえ。

こちらが一心に筆を動かしていると、

莫山さんの楷書の集中がとぎれ

わずかに、遊びほうけた字面が顔を

出すのがわかってくるのですよ。

これはちょっとびっくりしました。

マム自身が集中しないと、これは

わからなかったと思います。

実際、写経終了後に、手本を見ても

その箇所がどこだったか、

わかりませんでした。

マムの集中がとぎれると

重源さんがおもむろに立ち上がり

お叱りになりそうです。

なにせマムは重源さんのまん前に

座っているのですから。

静かでした。気がつくと雨だれの音。

なんだか重源さんのしわぶきが

聞こえそうです。

気温も随分下がっているようです。


写教場の庭
写教場の庭


12月はじめの三輪先生の個展で、期せずして

先生にお会いできて、そのうえお話できて、

東大寺さんのことを教えていただかなければ

マムは写経場を訪れることはありません

でした。模刻を真近かで観ることもありません

でした。また莫山の書とがっぷり組むことも

ありませんでした。



動くほどに新しい世界があらわれ、

それがつながっていくさまを、自分のことなのに

俯瞰して驚いたり、楽しんでいるマムが

ここにいます。

不惑の年になってやっと人生を楽しむことが

できるようになりました。

li_s34.gif


三輪先生の模刻はコチラをご覧ください。

また、インタビューもご覧になれば三輪先生が

どんなお方かわかりますよ。

俊乗堂の裏で制作されている写真も見ることが

できます。

li_s34.gif


こちらは本物ね。↓


重源上人
パンフレットより


あ~、豊穣なひとときでした。



マムの写経は八月に盧舎那仏(大仏さま)のおなかに

納められるそうですよ。ちょっと、いいえ、すごく

恥かしいです。


li_s34.gif


○三輪途道先生 銀座ガレリアグラフィカ

○三輪途道先生 月の舟
 
26
 
念仏堂 重文・鎌倉時代


12月16日 正午


奈良太郎(大鐘)のまわりには

念仏堂行基堂俊乗堂が点在します。

16日の特別開扉のひとつ、俊乗堂には

東大寺中興の祖、「重源上人」がおわします。

ワクワクどきどき、この日のマム的最大イベント

が近付いてきてるよ~!!!

実は、何を観たいかっていうと、

この重源上人坐像・・・よりも、

その模刻。

三輪途道(上原三千代)先生のが芸大

の修了制作作品。

東大寺に寄贈された模倣彫刻が観たいわけです!

いつのまにか、本末転倒のマム。

模刻のほうに興味を持ってしまったわけです。

で、楽しみは後回し・・・で。

li_s34.gif


念仏堂で、カフェカーテン見っけ!

嬉しいわ~。

念仏堂カフェカーテン

普段は、拝観は庫裏で申し込みが必要(拝観無料)

ですが特別日の今日は開放されちゃってます!


外より撮影
地蔵菩薩坐像
木造地蔵菩薩坐像 重文・鎌倉時代

なんとも、色っぽく、ふくよかなことよ。

木造の地蔵さまは、石像に較べてえてして

生身の人間ぽくってエロティックです。

唇があかいのねっ。


li_s34.gif


お隣りの行基堂も開けっぱ!


外より撮影
行基堂
行基堂 江戸時代 

奥にお座りになっているのが、

東大寺四聖のひとり、行基菩薩さまです。

行基さまは、東大寺創建時の勧進を勤められ

たうえに、徳の高い方なので菩薩の称号が

あたえられた高僧です。



li_s34.gif




ホレホレ、俊乗堂へはいりますよ!


東大寺 俊乗堂
俊乗堂 江戸時代


このお堂に安置されている

俊乗坊重源上人は、鎌倉時代に

戦火で荒れ果てた東大寺を再建された

お方です。 その肖像彫刻は、

鎌倉時代の彫刻の白眉として名高いく

今にも「喝」とお声がでそうです。

パンフレットより
重源上人
鎌倉写実彫刻の代表作 俊乗坊重源上人坐像 国宝・快慶作


堂内は薄暗くて観えにくく、マムはしつこく

近寄り、舐めるようにみちゃいます。

リアルなシワや前のめりの首なぞ、

大仕事を成しえる僧侶の老獪さが

見て取れる具象彫刻でっす。


 
胸の振り子がブンブン揺れてきます。

しっかとながめて、いざ 寺務所へ!

三輪途道先生の模刻に会える~。

オッレ!
 
25
 

う~、今日は弁解の巻!

マムちゃんは早く奈良を片付けたいのですが、

合気道のウェブの更新が先決で、やっと

それを終了させたのですが、もう腰が限界!!

椅子に座っておられないので


西大寺文殊菩薩


西大寺さんの文殊菩薩さんに免じて

今日は休ませてくださいな。

それでも足りぬならば、霊験あらたかな

長寿犬のグレース登場・・・17才と11ヶ月。

おやすみなさい。
 
23
 
鐘楼 国宝・奈良時代


梵鐘
総高3.86m、口径2.71m、重量26.3t

撞木
ケヤキ造り、長さ4.48m、直径30cm、
重さ180kg、金具を入れると約200kg



li_s34.gif


日本三名鐘といわれ

「勢いは奈良の東大寺、

形は宇治の平等院、

声は近江の園城寺(三井寺)」

と、語られています。


Dsc_09321.jpg


Dsc_09331.jpg



oogane.jpg


人呼んで奈良太郎

とは私のことでっす!



ペタァシ!

法隆寺 手水
友情出演 法隆寺 手水のペタシくん

ペタシ・・・マムが強調、断定、確定
      を示す記号みたいなもの



li_s34.gif


冬浅き奈良1 日吉館のこと
冬浅き奈良2 思惟山五劫院のアフロ阿弥陀仏
冬浅き奈良3 東大寺 知足院
冬浅き奈良4 開山堂 良弁上人坐像
冬浅き奈良5 鐘楼の丘 奈良太郎
冬浅き奈良6   俊乗坊重源上人坐像
冬浅き奈良7 重源上人模刻と三輪途道先生
冬浅き奈良8 二月堂 手水舎
冬浅き奈良9 西大寺 文殊菩薩さまと善財童子
冬浅き奈良10 夜の興福寺 南円・三重塔

 
23
 
法華堂内部 パンフレットより


12月16日(日)午前11:50

大好きな法華堂にやってきました。

当然、混んでいます!

li_s34.gif


普段、人けのないお堂での鑑賞法は

「不空羂索観音さま」(ふくうけんじゃくかんのん)

の前の畳の段に座りぼーっとします。

閉館前だと、人が入ってきませんので、

寝転んだりしちゃってます。

目を半眼にして涙目にうつる

立像の幽玄なこと!

仏像鑑賞の醍醐味ね。

この不空羂索観音さまは悩める衆生

すべてをすくいとるために

投げ縄状の網をもっておいでです。

それで魚をすくうようにして

ワタシラをすくって救う・・・わけ。

パンフレットより
不空けん索観音
不空羂索観音像 国宝天平時代


天平の昔、金箔に輝くこの観音さまを

うわさをきいてやってきた人々はその美しさ

大きさに見惚れ、ひれ伏したのでしょうね。

そして救いを請い、救われることを確信

したのでしょう。

3.6メートルのお像の頭上には

二万数千個におよぶという色とりどりの

宝玉でかざられた冠をいただいておいでです。


パンフレットより
不空羂索観音立像(ふくうけんさくかんのんりつぞう)冠
宝冠


不空羂索観音さまの脇におられるのが

マム中学生時のひとめぼれ菩薩、

日光・月光菩薩さまです。


li_s34.gif


前置きがながすぎましたね。

これが秘仏12月16日のみ姿をあらわされる、

「執金剛神立像」(しゅこんごうしんりゅうぞう)。



パンフレットより
執金剛神
執金剛神像(秘仏) 国宝天平時代

仏敵より人々を守ろう

となさるお顔の形相の怖さもさることながら

腕の脈が今にも波打つような描写。

天平彫刻の傑作といわれて

います。この像は不空羂索観音立像の

背の厨子に普段は安置されています。

li_s34.gif


空羂索観音さまにて述べましたが、

いにしえの人々は、絢爛な彩りと、

パンフレットより
山田の怒った顔


この世のものではない形相・体躯

に仰天し、腰をぬかし、

信心したのでしょう。

今でこそ、侘び寂びがもてはやされて

いますが、本来の日のもとの民は

そういうものには目もくれなかった

のではないでしょうか。


法華堂(三月堂)
6月の法華堂


まだ、二月堂、四月堂もこのエリアにあるし、

下の鐘楼エリアには俊乗堂、行基堂、念仏堂も

あるわ~。1時には寺務所にも行かないといけない

のに~。

いそげ、ぎっくり腰号のマムよ!


li_s34.gif


冬浅き奈良1 日吉館のこと
冬浅き奈良2 思惟山五劫院のアフロ阿弥陀仏
冬浅き奈良3 東大寺 知足院
冬浅き奈良4 開山堂 良弁上人坐像
冬浅き奈良5 鐘楼の丘 奈良太郎
冬浅き奈良6   俊乗坊重源上人坐像
冬浅き奈良7 重源上人模刻と三輪途道先生
冬浅き奈良8 二月堂 手水舎
冬浅き奈良9 西大寺 文殊菩薩さまと善財童子
冬浅き奈良10 夜の興福寺 南円・三重塔


 
21
 

ちょっとお堅いお話ですが。


東大寺は、「発願聖武天皇」・「勧進行基菩薩」・

「開山良弁僧正」・「開眼導師菩提僊那」、

の四聖(ししょう)の協力により造立されたお寺です。

故に、、「四聖建立の寺」ともいわれています。


li_s34.gif


12月16日(日)午前11:20



四聖のひとり、良弁僧正がまつられている

「開山堂」の特別開扉は1年に1日。

12月16日のみなわけで、その16日が今回は

日曜日というわけで、思いもかけない人出。


開山堂
国宝 開山堂

で、胸の振り子が振りきれる前に、

長蛇の列に立ち並ぶ前にぎっくり腰が折れそうに

痛いマムなんだけれど・・・。

初、良弁さんの以外性に痛みを忘れるマムちゃんです。


li_s34.gif


八角造りの厨子の天上、側壁には

桃色がかった朱色や萌黄色の

散華が舞っており、とても典雅で、

竜笛やら笙の音色が天から降って

きそうでした。


li_s34.gif


さて、そこにおわす良弁僧正(ろうべんそうじょう)

はちょっと高僧のイメージ・・・

たとえば、痩せている とか

年寄り とか ね。

と違って、健康優良児!

で、エネルギッシュな壮年。

血色良く、が体のしっかりした、

袋叩きを怖れずに言えば、

仕事の出来る営業部長、

宅麻伸!・・・風でした!







パンフレットより
良弁上人
良弁上人坐像 (国宝、平安時代、木造、高さ92・4センチ)


li_s34.gif


冬浅き奈良1 日吉館のこと
冬浅き奈良2 思惟山五劫院のアフロ阿弥陀仏
冬浅き奈良3 東大寺 知足院
冬浅き奈良4 開山堂 良弁上人坐像
冬浅き奈良5 鐘楼の丘 奈良太郎
冬浅き奈良6   俊乗坊重源上人坐像
冬浅き奈良7 重源上人模刻と三輪途道先生
冬浅き奈良8 二月堂 手水舎
冬浅き奈良9 西大寺 文殊菩薩さまと善財童子
冬浅き奈良10 夜の興福寺 南円・三重塔

 
20
 
東大寺 知足院

12月16日(日)午前11:00


ポツポツと雨の降る中、思惟山五劫院より

東大寺へともどります。いそげ、開山堂なん

ですが、子供の頃から道草癖あり!

li_s34.gif

今回気付いた新たなる性癖!

階段好き・・・ね。

えらく落剥した階段。

捨ててはおけません。

で、あがってみると


知足院


「知足院」

ここはね、奈良の県花および奈良市の花

「奈良の八重桜」の原木が植わっている

場所なんだなあ。

いにしえの 奈良の都の八重桜 
  けふここのへに 匂ひぬるかな


に、歌われた八重桜の同種があるわけ。

まっ、いつもの知ってもなんにも得にならない

マム情報ね!


li_s34.gif


マムの大好きな道を通り

開山堂へむかうのだけれど


Dsc_09141.jpg



キョロキョロしていると発見!



Dsc_09161.jpg Dsc_09151.jpg


この、遊びほうけている字!

見覚えありだなあ。

莫山先生じゃあなかろうか?

ちがうかなあ と 思いつつ

開山堂到着!


開山堂
開山堂

すごい行列にびっくりです。

この中に良弁(ろうべん)さんが

ごじゃると思うと、

マムの胸の振り子は否応にも

振り切っちゃいます。


li_s34.gif

講堂跡
冬あさき講堂跡




冬浅き奈良1 日吉館のこと
冬浅き奈良2 思惟山五劫院のアフロ阿弥陀仏
冬浅き奈良3 東大寺 知足院
冬浅き奈良4 開山堂 良弁上人坐像
冬浅き奈良5 鐘楼の丘 奈良太郎
冬浅き奈良6   俊乗坊重源上人坐像
冬浅き奈良7 重源上人模刻と三輪途道先生
冬浅き奈良8 二月堂 手水舎
冬浅き奈良9 西大寺 文殊菩薩さまと善財童子
冬浅き奈良10 夜の興福寺 南円・三重塔

 
19
 
思惟山五劫院(しゆいさんごこういん)


Dsc_08951.jpg



12月16日(日曜日)午前10時15分


奈良県奈良市北御門町
TEL:0742-22-7694


アフロ阿弥陀仏のおわす「思惟山五劫院に到着。

ここは東大寺の末寺で、公慶上人の墓地や

重源上人の碑がある由緒ただしきお寺さんです。


li_s34.gif


「劫」というのは時間の単位をあらわし、一劫とは、

「40里立方の大きな石に、天女が3年に1度舞い

降りてきて、衣でその石を撫でる。それを繰り返して、

その大きな石が擦り切れて無くなるまでの時間」ということ!

で、五劫は×5倍だからものすご~く永い間ね。

その永い間、ワタシラを救わんがために思惟されたので、

髪がどんどんのびてアフロみたいになっちゃったわけ。

こんなふうに








五却
五劫思惟阿弥陀菩薩(パンフレットより)

顔は童顔で可愛かったですよ。

体もポッテリとして金太郎さん

みたいな阿弥陀さまでした。

アフロヘアーの金太郎に決まり!

東大寺の重源上人がもたらしたものと

伝えられており、東大寺勧進所にも

類似のアフロさんがおられます。



見返り地蔵と朝日地蔵
見返り地蔵と朝日地蔵


墓地入り口には、「見返り地蔵さんと朝日地蔵さんの

祠」
があります。正面をむいていないお地蔵さま・・・

珍しいですよね。

「救われていない者はいないか」、

「誰も置き去りにしていないか」と、

何度も振り返りながらワタシラの心配をして

下さっているわけです。


見返り地蔵
見返り地蔵

ありがたいことですね。



公慶上人、重源上人 お墓
公慶上人大五輪石塔


公慶上人の肖像彫刻は東大寺の公慶堂に安置されて

いるのですが、開かずのお堂・・・見せてもらえません!

見たい!



li_s34.gif


雨がポツリポツリ。

さあて、痛い腰をさすりながら良弁さんのおらっしゃる

東大寺開山堂へまいりましょう。

 
18
 
奈良 マンホール


今回の奈良行きは今までになくテンションが

あがります。

12月16日の若草山一体は賑やかです。


li_s34.gif


春日大社は若宮祭。




東大寺では、秘仏特別開扉。

開山堂:良弁僧正(ろうべんそうじょう)坐像

法華堂(三月堂):執金剛神立像(しゅこんごうじんりゅうぞう)

俊乗堂:俊乗上人坐像(=重源)(しゅんじょうしょうにんざぞう)


li_s34.gif


そりゃあもう、胸の振り子は揺れっぱなし。

なのに、状況はさらにヒートアップ!

だって、ですよっ。

敬愛する三輪途道(上原三千代)先生

俊乗上人坐像(=重源上人)の模刻の

安置場所がわかったうえに、拝観することができる

ということが、三輪先生より知らされたわけです!!!

もう胸の振り子は振りきれそう。


li_s34.gif



で、12月16日(日曜日)前々日の金曜日夜。

合気道稽古中にぎっくり腰になっちゃって

さあ大変。そして前夜の土曜日。

さあて寝るぞとベッドに入った瞬間。

ベキッ!

メガネをお尻でふんずけて、さあ大変。

視力0.04のマムちゃん・・・・・・

は、途方に暮れる間もなく、即ボンドで

レンズをくっつけてフレームを力いっぱい

曲げて窮地を乗り越えて・・・・・・

おやすみなさい。

マムちゃんらしいナイスな前夜祭で

文句無しの盛りあがりでっす。


li_s34.gif


12月16日(日曜日)9時30分


お~、奈良は寒いです。

が、ぎっくり腰ベルトをしっかり巻いた

マムちゃんは急がねばなりません。

なぜならば、東大寺正倉院裏手の

「思惟山五劫院(しゆいさんごこういん)」

「アフロヘアー弥陀仏」を見に行かねばならぬ

のです。お寺さんとの約束は10時。

この五劫院は観光化されていないので、電話で予約

しないと拝観ができないわけです。



さあ、いそぎます。



寄り道厳禁。写真をとったりしないのよ!

と、ずんずん歩くんだけれど、

奈良博物館の前、氷室神社並びに来ちゃうと

やっぱり立ち止まって、シャッター押しちゃうのね。


日吉館
日吉館

↑日吉館ね。

奈良ホテルと同様に有名な元旅館。

ここに泊まったことあるよっていったら

羨ましがられたりします。

文人たちがこよなく愛した旅館です。

マムも若い頃、泊まりました。

かの三輪先生も重源上人模刻の最中は

泊まっておいでです。

宿帳をみると凄いの!

會津八一はしょっちゅだしに志賀直哉、

「古寺巡礼」の和辻哲郎、亀井勝一郎、

広津和郎、哲学者・西田幾多郎

、映画監督・小林正樹の名が・・・。

看板はもうなくなっていますが、

會津八一が揮毫したどうどたるものでした。

ボロボロの部屋に八一の書がかかっていました。

名物はスキヤキでアルコールは厳禁。

名物肝っ玉女将の田村さんはみんなに愛されて

、NHKの連ドラで「あおによし」と題されて

放映されたこともありました。その時は

「都館」という旅館名だったな~。



南大門
南大門


やっぱり撮りたくなっちゃう南大門。

急がないと、間に合わないのになあ。


Dsc_08882.jpg
指図堂


指図堂にはおっかない坊さんの坐像があるの。


指図堂


ね、こわいでしょ!

お縁におきっぱなしなのね。

今度、東大寺に行ったら聞いてみよっと。

ナゼオキッパナシアルカ?



Dsc_08921.jpg
正倉院

正倉院脇通過です!

正倉院は平日の10時から15時までのみ

外観を見る事ができるんです。

ということはマムはまずはみられない。

ってことで、柵の空間からパチリ。

もう10時は無理ね。

実は、やっぱり鹿が好きなわけで

講堂跡で戯れちゃったんです。

でも勿論、行きました。

アフロ仏のおらっしゃる五劫院へ。

遅刻したけどね。



ペコリ。



li_s34.gif

講堂跡
冬あさき講堂跡




冬浅き奈良1 日吉館のこと
冬浅き奈良2 思惟山五劫院のアフロ阿弥陀仏
冬浅き奈良3 東大寺 知足院
冬浅き奈良4 開山堂 良弁上人坐像
冬浅き奈良5 法華堂 秘仏執金剛神立像
冬浅き奈良6 鐘楼の丘 奈良太郎
冬浅き奈良7   俊乗坊重源上人坐像
冬浅き奈良8 重源上人模刻と三輪途道先生
冬浅き奈良9 二月堂 手水舎
冬浅き奈良10 西大寺 文殊菩薩さまと善財童子
冬浅き奈良11 夜の興福寺 南円・三重塔

 
16
 
今、奈良ですっ!

さきほど、マムの横に撮影で玉木ひろし(?)がいました。
知らないでエキストラにマムは混ざってたのでつまみだされちゃいました。
だって駅構内が混雑してるだけだと思って右往左往しての。

周りにいた女の子たちは大騒ぎ。
携帯カメラはパチパチだし、携帯で誰かに「超スゴイ」と感激を激しく伝えてる子と大変な騒ぎ!

マムは顔が異常に小さなヒョロリさんが誰だかわからず、教えてもらいました。
それで玉木ひろし、アレ?こうじだっけ?ってわかったけど、知らん!
「のだめ」に出たんです、とまで教えてくれたけど見とらん。

とにかく顔が凄い小さかっくって鉛筆みたいでした。
思いもかけない、初冬の奈良のオープニングですっ。
ペコリ



冬浅き奈良1 日吉館のこと
冬浅き奈良2 思惟山五劫院のアフロ阿弥陀仏
冬浅き奈良3 東大寺 知足院
冬浅き奈良4 開山堂 良弁上人坐像
冬浅き奈良5 鐘楼の丘 奈良太郎
冬浅き奈良6   俊乗坊重源上人坐像
冬浅き奈良7 重源上人模刻と三輪途道先生
冬浅き奈良8 二月堂 手水舎
冬浅き奈良9 西大寺 文殊菩薩さまと善財童子
冬浅き奈良10 夜の興福寺 南円・三重塔

 
07
 
ドイツのクリスマスパン菓子 シュトーレン


xms03_5.gif


マムちゃん、仕事柄・・・繁忙季!

その上、冬の奈良に行けたらな~

なんて画策しているゆえに、

体力温存せねばねば・・・

ということで、

1週間ほど、ブログをお休みして

23時には白河夜船とまいりませう。



どなたさまも、

ご・き・げ・・う♪


くるみパンの窯出し

くるみパンの窯出し



バターロール

バターロール


シュロットブロート

シュロットブロート



フランスパン

フランスパン


まるでからすのパンやさんのようないそがしさ!

それでは、こんどこそ

ごきげんよう

おやすみあそばせ♪ 



xms03_5.gif


 
04
 

「月の舟」という作品を写真でみてマムは三輪さん

にぞっこんになったわけです。

当時は上原さんという名前でした。

お年をめしたかたを想像していたわけですが、

やんちゃな猫や豚の彫刻を見るにつけ、

こりゃあ、若いなと思ったものです。

が、

まさか、この女性が東大寺に肖像彫刻を

依頼されるほどの人だとは想像だにしていま

せんでした。

東大寺に奉納するということがどんなに

凄いことかというとですねっ。

例えばですよ、三輪途道さんは、

運慶快慶と同等に未来永劫に語られる

ということなわけです。


i062_04.gif



そして、

賞歴もなにもない若い女性にですよ、

東大寺1250年祭にあわせて

菩提僊那僧正の肖像彫刻を依頼した

東大寺の心眼の確かさね。

あるいは鷹揚さ。

それに応えた三輪さんの凄さね。

よくプッレシャーに潰れなかったなあ

と思いますよ。


i062_04.gif


本来なら、東大寺のおかかえ仏師に

依頼すべきものなわけです。

当然、仏師集団の嫉妬やらがあったと

思うのですが、東大寺は三輪さんの耳に

はマイナスになるようなことは一切

いれなかったとのことです。


i062_04.gif



三輪さんはこれだけの仕事をなさった

というのに、一切の「仏師の営業」を

なさっていないと笑いながら仰います。

30分ほどざっくばらんに話ました。

制作にまつわる愉快なお話を伺ったの

ですが、ここに書きつらねると

ブログねたに聞いたようで、

詳細はマムの心の中に貯金して

おきますね。


i062_04.gif


今回の個展ですが、

抽斗の多い三輪さんの

お茶目な面で辛らつな面が

強いモチーフになっています。

肖像彫刻を思い描かれて訪れられたら

戸惑われるかもしれません・・・ことよ♪

ウフフ。




○三輪途道個展 その1
○重源上人模刻と三輪途道先生(奈良にて)
 
03
 


今日、マムはウキウキしています。

マムがとっても尊敬しお慕いしている

現代具象彫刻家の「三輪途道」先生に

お会いすることができたのです。

i062_04.gif


三輪途道 展 (上原三千代より改名)
MIWA Michiyo Exhibition
―育児の作法―
2007年12月3日 - 15日

ガレリアグラフィカ
東京都中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル
03-5550-1335
午前11時~午後7時、最終日は
1階は5時まで、日曜日休廊



i062_04.gif



三輪さんは大学の修了制作に、

東大寺俊上房重源上人像を模刻され、

東大寺に寄贈されています。

なんだか、こう書くととっても簡単なこと

ですが、一介(無名)の学生に普段は一般

に公開されていない俊乗堂の重源上人像を

修了制作のモデルとして了承することの

物凄さ! 鷹揚さ!

東大寺の懐の深さと、上原さん(現、三輪さん)

の探求心と、怖いもの知らずの性格と

運の強さと才能の、全てが合致した縁が

あってこその業なのです。

i062_04.gif


ちなみに、俊乗堂は年2回だけ、

7月5日・12月16日のみ開扉されます。

さて、その模刻はそれはそれは精巧な

ものと伝えきいています。

当然、その上原版重源上人像は東大寺におさめ

られて、今日(12/3)三輪さん(上原さん)に

お聞きしたところ、現在東大寺の写経場に安置

されているとのことでした。

その出来がいかによかったかは、東大寺さんは

本来、おかかえ仏師に依頼すべき

四聖の一人である菩提僊那像

肖像彫刻制作を上原三千代さんに

依頼されたことでわかります。

このことがあって上原さんは日光山 輪王寺の

七福神のうちの四体もおつくりになっています。

この七福神はいつでも拝観可能とのことです。


i062_04.gif


そういう超一級の彫刻家さんにマムは

今日会えたわけです。とってもおっかない方

かなと思っていたら・・・。

ギャラリーに入ると、とても明るい女性が

いて・・・???

と思いきや三輪途道(上原三千代)さんだった

わけです。マムは思わず「全然雰囲気ちがう」と

言っちゃって、そしたら三輪先生は、

明るく言い放たれました。

「フットワーク軽いんですよ」。

マムはもう、ホント嬉しくなっちゃいました。

話のはずむこと!!!

修了制作の時のこと。

菩提僊那像(ぼだいせんなぞう)

のこと。

当然、東大寺さんの話ね。

得度してもいいね・・・なんて

言ったりして(ホントいいんです)。

「東大寺友の会」なわけです。


i062_04.gif


今回の作品展は「育児の作法」と

名付けられています。上原さんは、

一児の母となり母乳でお子さんを育てられ

ました。が、働く母親の大多数はミルクで

育てざるを得ないという事実を

乳母と私」という作品に昇華されるわけです。

その作品はとってもユーモラスですが、

?と!。

奇妙な、現代の矛盾をあらわしています。


i062_04.gif



三輪途道先生のその他の作品は下記へどうぞ。

○ガレリア
○三輪途道


i062_04.gif


気さくな三輪先生はカレンダーをくださり

その上、お願いしたら気持ちよくサインも

くださり、「東大寺へのマムの質問」も、

東大寺さんが個展においでになるので

聞いてくれるとのこと。

そしてわざわざ、マムに連絡くれると

いうではなないですか!

健全であること、タフであること、

好奇心のカタマリであること、

これがすべて備わった人の

余裕あるいは、確かさを痛切に

感じました。


i062_04.gif


三輪さんに興味をもたれたかたは

「上原三千代先生インタビュー」

ご覧ください。

*菩提僊那(ぼだいせんな)さまは東大寺大仏
 の開眼をなさった方で天竺(インド)の
 方といわれています。


i062_04.gif



1966年 群馬県に生まれる
1989年 東京造形大学造形学部美術学科II類(彫刻)卒業
1991年 東京造形大学造形学部美術学科(彫刻)研究生修了
1994年 東京藝術大学大学院美術研究科保存修復技術専攻修了



○三輪途道先生 月の舟

○重源上人模刻と三輪途道先生(奈良にて)
 
02
 
          ベーカリーオーフェン シュトーレン1台 2,415円


            シュトーレンはドイツの典型的な

              クリスマスパン菓子です。

                   xms03_5.gif

       早いもので、もう12月です。

       12月といえば、知る人ぞ知る、

       シュトーレンの季節です。

       この頃になると、

       ドライフルーツ好きさんからの

       問いあわせがはじまります。

       「いつから出るの?」ってね。

       ウフフ、もうでてますよ~。

                     xmt10.gif



       今年一番乗りのお客さまは迷コメンテーター

       ピーチクちゃんだったことを発表しておきましょ。


                     xmt10.gif


      でも、今年はとっても大変でした。

      なにが? って。

      全ての材料(包材にいたるまで)が、

      値上がりしているんです。

      それも半端な値上げではありません!

      レモンピールなんて去年の2倍です!

               2倍!

      そのうえ、ニュース等でご存知と思いますが、

      バターが市場から姿を消し出している・・・。

      お金をだしても、ないから手に入らない!

             バターがない!

      20年この仕事をやっていますが、このようなことは

      はじめての非常(異常)事態です!!!

      まっ、それでもイカ&マムはセッセコッセコ

      シュトーレンを作りましたとさっ。

      生地重量350gに対してフルーツ重量200g強

      ゴージャスなシュトーレンをお楽しみあれ♪


                  xms03_5.gif


       武骨な形はイエス・キリストがお生まれになって

       はじめておくるみにくるまれた様子、

       白いパウダーシュガーは聖夜に降った雪を、

       あらわしているといわれています。

                      xmt10.gif

       マムのつくるシュトーレンは生地にマジパン

       (アーモンドをペーストしたもの)が練りこまれた

       非常にリッチなタイプです。

       生地の中にはこのほかに

       1ヶ月ラム酒に漬け込まれた

       「くるみ、ローストしたアーモンド」、「レーズン

       サルタナ(白ぶどう)、オレンジの皮、

       レモンの皮、イチジク」のドライフルーツが

       たっぷりはいっています。


        Dsc_03001.jpg



       香りつけにはシュトーレンスパイス

       「ナツメグ、シナモン、メース、カルダン」
     
       を使います。


                      xmt10.gif


       これらをミキシングしてじっくり1時間以上

       かけて焼きこみます。

       そして焼きあがるとすぐに溶かしバターに

       ザンブとつけてひきあげて休む間もなく

       即効でグラニュー糖の中に投げいれちゃいます。

       で、熱をさましてさらにパウダーシュガーを

       ふんだんにふりかけて作業終了です。



    Dscn1650.jpg
     
                 

       さてさて、食べかたですがゆめゆめガブリと

       食らいつかないでくださいね。

       ご想像通り、とっても甘いので

       1cmくらいの薄切りでノンシュガーの

       お飲み物とどうぞ。

       去年の話ですが、

       うちのグーちゃんは夜中に

       棚からシュトーレンをひきずりだして

       1台を丸ごと一気食いしちゃいました。

       台所中およびグレの顔中、お砂糖だらけでした。

                  
    DSCN1675_1.JPG



       フワフワのシュトーレンを食べたことのある方。

       それは残念ながらフルーツケーキでシュトーレン

       とはいえません。

       シュトーレンはその武骨な格好ににあった

       しっかりとした食感のいかにもドイツらしい逸品です。


                  xms03_5.gif


          マムちゃんは、シュトーレン伝道師なのね。。。xmt10.gif  



                     *


          ドライフルーツ嫌いには拷問のようなパン菓子ね♪
 
                   ギャッ!


           法隆寺 手水
                         ペタシ。。。

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday