カバ屋印 マムの素 

 
30
 
          ★受け:本部道場師範入江六段・早稲田大学合気会元主将入江三段★

●執着してはいけない。

●対峙してはいけない。

常日頃から師範は上記の言葉をのべられます。

【執着】しているといつまでも前に進むことはできません。
後向きの稽古といえます。
【執着】していると結局【対峙】してしまいます。
【対峙】して、とどのつまり相手にふりまわされてしまい
ます。

『集中』することはあっても【執着】しては相手に挑みかかり
【対峙】してしまうことになります。



スポンサーサイト
 
26
 
           カプメイさまよりの強制ご指名にて★
             ♪アルコールバトン ですぅ♪

         Dh00005911.jpg
               ようこそ グレズキッチンへ 
              気のない亭主・グレでございます

■好きなドリンクは?

日本酒
甘口より辛口ですが、九州福岡の「白糸」だけは別!


■好きな銘柄・リキュールを3つ

設問から離れるかもしれませんが・・・、
マムちゃんはドライマティーニをこよなく愛しています。
ジンでもいいし、ウォッカでわってもいいしー。

我家には、日本酒、焼酎、ワイン、ジン、ベルモット、
ウォッカ、ラム酒、発泡酒等が常駐(?)してて
トマトジュースやジュースでその時の気分で適当に
割ったりシャカシャカしてます。

ちなみにパソコンいじるってる時は、ブラディマリー
が多いです。

ラムシロップを作りおいていると、とても便利です!

■好きな居酒屋ベスト3

○○○(m駅前の呑み屋)ナイショ
ひきこもりになって○年、誘われても誘われても
動かざること山の如し!
で、久しぶりに行くとクローズだらけ…涙

■ついつい買っちゃう市販酒は?

合気道の帰りに缶ビール買って酔っぱらい自転車運転!
気分転換に梅ッシュ。
以前は果実酒にジュースはお手製だったのですが・・・。
そういえば、実家はぶどう酒(ワインにあらず)
をいつも作っていました。

■絶対外せないおつまみは?

枝豆となぜか焼きおにぎりと山のようなサラダと
ステーキ。いつもどんなとこでも焼きおにぎり、
と叫ぶので嫌われてます。
そうそう、それから「オムライス」。
オムライスを肴にビールがまたいいんだなあ!

■何杯で酔う?

うーん、わからんなー。最初の1杯から絶好調。
その上、一口で真っ赤かになります。

■酔うとどうなる?

かわんないナア。泥酔する人が羨ましい。
ただし普段でも大きい声がもっと大きくなる。
何故ならば、アルコール入ると耳が聞こえにくく
なるのでつい大声が。
スイマセン

泥酔したいと思います。
そいで罵詈雑言をはいてみたい!

■過去最高の泥酔談

いっぱいあるからなー。
以下 むかしむかしのそのむかしのおはなし
例えば、
吉祥寺の中央線高架下の砂利の上でグーグー寝てたとか。
(寒くて目がさめてギョッとした)
例えば、
酔って寝ながら歩いてコンクリートの電信柱に思いっきり
おでこをぶつけてそのままひっくりかえって気絶した!!!
(やはり寒くて目が覚めた。漫画のようなたんこぶが
出来ていた)。
以上2つは遠い遠い学生時代に古き良き時代の話。

ついでにこれは近年のはなし!
仲良しの某大学教授夫人はなんと酔って帰宅中、
便意をもようし、それも大を、なんとインテリの夫を
見張り役に高級住宅街のよそんちの庭に侵入して目的
を達成しました。
夫婦で泥酔してないとこんなことできませんよね。

■好きな飲みコールは?

学生時代より、呑むのは自由にという主義。
お酌とやらもしたこともなければさせもしません、。

■以下は〇×

飲みサークル:×

酒豪:× 九州出身ですので酒豪のイメージが・・・。
     酒豪って「酒呑童子」みたいに呑むと・・・。

宅飲み派:○グレズキッチンというバーを自宅にて
     開放。
     といってもただの台所ですけんど。
     ここがマムちゃん大好きで、そいで出かける必要性
     がありません。

一人酒:○ ひきこもり人間は当然一人遊びOK!

酒癖悪い:×ってことは酒癖がよいということです。
     愚痴とかいっさいなし!

飲むと人格変わる:かわらん! 
         豪快!で男っぷりがよくてよく笑う!

アルコール中毒だ:× 

吐くために飲む :学生時代は呑むたびに吐いていました。
        吉祥寺のアチコチで(恥)
        そのたびにもう呑むまいと思うのですが!

3度の飯より酒だ:△飯のほうが好きですがな。

酔った勢い何でもアリ:×
        ピーチクという友人はそうです。
        親の金持ち度の高い「東大生」らを前に体を
        イナバウアー(もう古いね)させて
        「あちしさ、こう見えても金持ちだからさ、
        おごってあげる」と、
        無邪気にしつこく言ってた。
        賢いお子たちは静かに無視していた。
        ・・・・・・そんなピーチクが羨ましい 
                 ・・・・・・・はずない!

記憶なくしたことがある:○大有り。
        京都の老舗旅館で、もうわけわかんない
        くらい呑んで仲居さんたちが
        ひっくり返ったマムを跨いでお運びしていた
        とこまで覚えてて、気がついたら昼過ぎで、
        おかげで桂離宮にいけなかった。
        勿論、学生時代!

■酒好きを指名
   どなたか酒好きの方、今ならしどけない
  「ピーチク」の写真を
   こっそりおくりますので、
   お持ち帰りになりませんか・・・
   
   要らん、そんなもん!・・・そうですよねぇ。

★★さて記述後ピーチクからコメントがきました。
ピーチクの泥酔コメントごらんあれ★★



*こんなんでいかがですー カプちゃま*

★やはりこの項にはドクダミなんかがぴったりかなんて、ね★
 
21
 


ベビーシューズの注文がはいってしまいました。

あちゃー!

こ・困っちゃいました。

喜ぶべきなのに

マムったら作りかた忘れちゃってて

・・・・・・どうしましょう。

なんとかなると思うけど、

いいえなんとかしなくっちゃ。

ピンク色でとのこと。

Dscn29791.jpg

淡いピンクの原毛を購入しなくっちゃね。

ハンドメイドフェルトは勘所が決めてなんですよ。

フェルトを何グラム使用するか、とか。

どれくらい強く擦るか、とか。

どこで摩擦をストップするか、とか。

すべて勘なんです。

加減一つで大きさも風合いも

変わってしまいます。

だからコンスタントにやっていないと

具合がつかめない。

早く、調子をとりもださなければ。

あぁぁ、またまた忙しくなりそうです。

Dscn29801.jpg

* * * * * * * * * *

さてさて、お友達のランチョンから写真つきの

メールが届きました。

ランチョンは合気道つながりです。

いつも道場で「家政婦が見た」みたいに

マムを見てます。

と、

マムは思ってます。

だから「家政婦が見たちゃん」と

名付けようかと思ったけど

それじゃあ、あんまりですものね。

そんな家政婦は見たちゃんじゃなくて

ランチョンは家でパンダを飼ってます。

そんなバカな!



32163479_73.jpg
 
17
 
                ★ポピーのトートバッグ★

先週のお話です。

お店に客あり♪

パン屋だからとうぜんですね。

ところが、そのお客さまは

パンをお買いにおいでになったのではなく

マムのフェルト作品を気にいってくださって

マムにあいたかったとの由。マム赤面!

なんとベビーシューズを購入されたとのこと。

嬉しいですね。

Dscn29371.jpg

このところいそがしくて新作をだしてないどころか

原毛をさわることさえなかったマムはおおいに反省。

そろそろ【お教室】を再開せねばと。

マムちゃんは自宅で月1回、1人だけの生徒さんをとって

ハンドメイドフェルトを教えています。

「1人だけじゃつまらないでしょうから、お1人だけ

お友達を連れていらっしゃっていいですよ」って

ことで正確にはお2人さんです。

もう、2人でせいいっぱい。

3人で原毛をコシコシこすってチクチクさすのは

楽しいものです♪

Dscn25861.jpg

生徒さんというのとはちょっと・・・ねえ。

だけれど、お金をいただいているのでやはり生徒さんと

先生になる・・・けど、ちょっと面映いですね。

心もとないヘッポコ先生でお恥かしい。

「マムさん」と呼んでもらってます。

形が出来るまでは無言でひたすら原毛を擦る

作業に没頭します。

汗だく力仕事です。

が、柄をチクチクと刺す作業や“お茶の時間”には

生徒さんとおしゃべりします。

テレビのこと本のこと子育てのこと、や・・・

悩みごととかね。

ここでもマムはカウンセラーになってしまいます。

実はお店でいろんな方、お年を召した方が殆どですが、

の、お話をよく聞きます。

人って誰かと話たいんだなあと、つくづく思います。

話すって放す、放たれる、解き放たれる、ほっとする行為

なのでしょうか。

2時間以上も立ち話された独り暮しの方が

いらっしゃいました。マムよりうんと年上。

マムは途中で立っているのが辛くてね。

きっといっぱいしゃべってほっとなさりた

かったんでしょうね。

人の話を聞くのが苦手なマムが何故かしら

聞く側に回っています。

「いつもマムさんはハツラツとしていらっしゃいますね」

と、皆さんからいわれます。

そう言えば、「男っぷりがいい」と、いわれたことも!

いえいえマムにも人並みに弱いところも、

“影・陰・翳”の部分もあるのですが、

元気だとか明るいだとか生き生き

とか絶えずいわれていると

「豚もおだてりゃ木に登る」で、そうなりますわいな!

このごろマム自身も、「私って元気だわー」と

思うようになってしまいました。

曲がりがちな背筋も伸びちゃうものです。

そしていつのまにやら人の話を聞くというのも

味のあるものだと思えるようになりました。

アレレ、ちょっと話が脱線しましたね。

フェルトにもどりましょう。

最初は、それはそれはヒドイものができちゃいます。

ビローンって形がいびつな物の出来上がり! です。

でも続けてマム宅にきてくださるということは

楽しんでくださってるということでしょね。

Dh0000651.jpg
(マムがいちばん好きなレモンをイメージした小さなバッグ)Dscn26441.jpg
(レモンのバッグを応用してフラワーベースに)
3ヶ月お休みをいただいていたフェルト*マムはそろそろ復帰

しなくちゃ。継続、継続。継続は力じゃー

と、檄をとばしながら、

Dscn25792.jpg

おそるおそる生徒さんに再開の電話をいれる小心もののマム。

と、待ってましたと喜ばれ、小心マムちゃん小躍り。

「教えて下さい」という熱心なメールを何度もいただき

はじめたお教室ですが、どちらかというと

積極的でないマムも電話の向こうで嬉しそうな

声を聞くと胸をなでおろします。

いい加減なマムですね。

★ふーッ、ポコマムフェルト復帰宣言★

―・結局、忙しい毎日は永遠に続きそう・―

フェルトを自宅で教える利点は

部屋掃除をする!ってことです。

Dscn33913.jpg
POCO a POCO
 
13
 
10日、土曜日のことです。

店で洗い物をしていると「覚えてるー」と、人懐こい笑顔をたたえながら

男の人が入ってきました。

一瞬、営業の人と思い警戒したのも束の間・・・・・・その後から

どやどやと入って来た人を見てマムは懐かしさで心がいっぱいに

なりました。

三〇年前、緑うっそうと繁る玉川上水を歩き学んだ友らだったのです。

コンクリートの打ち放しの校舎、資料館のニケの像、木工室、暗室

それらが友の像を目の前に見事に立ちあがってきました。

上水の緑の匂い、見上げる梢にとまる鶏の不思議さ。

18才のあの頃、どうしてあんなにトゲトゲしかったのでしょう。

なぜあんなに気負わなければならなっかたのでしょうね。


とても短い立ち話でしたが、穏やかな気持ちが溢れできました。


さて、今日13日の夕方。

土曜日に来てくれた友のうちの一人がパンを買いにきてくれました。

仕事をしながらYは織物やっていることを話してくれました。

優しい笑顔のYに織物はとても似合ってるとマムは思いました。

三〇年の歳月はそれぞれの春、夏、秋、冬を経てそれぞれの

人生を形つくったのだなと思います。

マムとイカボードがパン屋になったようにね。



17.jpg

61.jpg

織姫のプロフィール
マムと同じ美校を卒業後、専門学校を経て
八丈島の織り元、作家の工房にて修行し
現在に至る

Y(織姫)のブログ「細々と織ってる織姫の日記」です。

画像は織姫のブログより転載したもであることを明記します。
 
12
 
            ★新潟のへんじんもっこの貴腐サラミ★

マムんちはいつもいつもトマトサラダが夕食につきます。

たまにはゴージャスにと新潟から取り寄せた白カビに

覆われた貴腐サラミを惜しげもなく散らしてみました。

この貴腐サラミは、ねっちりとして、とってもクリーミーで

白カビのほどよい酸い香りが特徴・・・・・・でした。

と、過去形。

残念だけど、今回ははずれでとても淡白でした。

次回お取りよせのときは昔の風香味がもどってますように!

       ★おいしそうでしょ♪ チーズの香りがします★    

Dh0000651.gif

    * * * * * * * * * * * * * * * * *

さてさて、うちのおフランスにお住みのドロップちゃんよりの

自爆バトンとやらにマムは巻き込まれてしまい有無を

いわさずまたもやバトントワラー三昧!

【Q1】身長は?

20才のころは確かに160.5CMありました。

【Q2】身長に比べて体重は多いほうと思いますか?

「痩せてる」とまわりは言う。

【Q3】体型はどうでしょうか?

ライバルは叶姉妹!

【Q4】髪質はどうですか?また、好きな髪形は?

髪のことはいわないでください!聞かないでください!
ほっといてください!

日に日に抜けて、シナ人の辮髪みたいじゃあ!
       (これって差別用語ですか?)

【Q5】目について語ってください・・・・・

もうッ、ほっんと ほっといてください。
近視に乱視に老眼ですがな!

【Q6-1】顔についてどう思いますか?

だ・か・ら・ほっといてくださいな!
光浦やすこ似って有名ですがな。

【Q6-2】誰に似てると言われますか?

あ・の・ね、若いときはホントに酒井和歌子っていわれてたの。
島崎和歌子じゃないよ。


【Q7】好みの物をたくさん挙げてください

賄賂、そでの下、ご贈答品!

【Q8】嫌いな物をたくさん挙げてください

ヘビ・ミミズ・蛙 系

【Q9】異性を口説く時どうしますか?

マムおばちゃんには縁遠い話です。

【Q10】恋人についてどう思いますか?

恋人ってラバーですかい?
そんなもん、すぐ消えてゴミ箱いきですたい!

アレ?

【Q11】涙を流す(しそうになる)のは?

師範代のトムヤムクンは結婚式の披露宴で感極まり
涙します。 似合わない!
 
この自爆バトンの処理法をマムはしりません。
どうぞ興味のある方はドロップのブログに
足をはこんで聞いてくださいな!

以上、毒マムし三子でした。

 
11
 
★ドロップちゃんは年若い友人ですが・・・★ 

合気道場で知り合って仲良くしてくれるドロップは我娘舞姫より

本の少し年上。だから友達というのも実はくちはばったい。

でも、ドロップときたら無理難題、バトンやら自爆バトンやら絨毯攻撃

やら地雷やらをマムの回りに仕掛けてくる悪戯っ子です!

それもなんとフランスの田舎、スイス国境近くの街からも自爆バトンを

仕掛けてくる困った娘です。

その上、おっちょこちょいマムはすぐワナにはまるしね!

よかったらどうぞフランス短期留学中のドロップ奮戦記

みてやってください。

DROP
《Enter》

画像はドロップより転載したものです
 
11
 
みちばたに咲く「ハナビシソウ」がおわるころ、

「昼咲き桃色月見草が」ココカシコに姿をあらわします。

なにげなく咲く草花が大好きです。

        ツユクサやらアザミやらヒルガオ

           なにやら気持ちがすうっと和みます



             * * * * * * * * * * * 

                          作詞 橋本 淳/作曲 筒美 京平
                                         歌 いしだ あゆみ



街の灯りが とてもきれいね
 
ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ
 
あなたとふたり 幸せよ

 いつものように 愛の言葉を

ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ
 
私にください あなたから

 
歩いても歩いても 小舟のように
 
私はゆれて ゆれてあなたの胸の中

・・・・・・
 
 
11
 

マムが所属する合気道場の30周年記念式典のホームページを

つくりました。よろしかったらご覧ください。

ホームのメニューに「道場30周年」という項目がありますので

そこからお入りください。

《ENTER》
 
10
 
    ★グーグー寝ててもマムの帰宅を察知しておでむかえ★

時々、寝過ごします。そんな時は‘しまった’って感じで

首を持ち上げ恥かしそうにしてます。

若い頃のグーちゃんはマムが帰宅すると体をおれんばかりにくねらせ

シッポはぶんぶんヘリコプターのように旋回させての派手なおむかえを

してくれていました。

16歳と5ヶ月の今はシッポを左右によったりのったりとゆっくり振りながら

階段の上からマムが上がってくるのを待っています。


Dh0000321.jpg

グーがフライパンを持って(?)越えたベランダとの境は

30cmくらいの高さがあるのですよ。

その上、ガラス戸はいつも30cmくらいです。

開口はね。見てみたかったですね。

フライパンを咥えた「グーのベランダ越え」。
  


Dh0000051.jpg

鬱陶しいこの頃、マムのベランダにはコチョコチョと花が咲いてます。

Dh0001271.jpg

隅田の花火もきれいに咲きだしています。いずれアップしますね。



Dh0000311.jpg

さてフライパンを取り上げられたグーちゃんはそれはそれは  

悲しかったらしくずーっとベランダの方を見てました。

あげくの果てに避難小屋に首だけ突っ込み微動だに

しませんでした。マムにとってグーはお宝ですが

グーにとってフライパンはお宝だったのですね!



さて、宮藤官のことね。

週刊文春みてます?

宮藤官のエッセイ読んでます?

宮藤官の赤ちゃん(かんぱ)子育てエッセイなんですけどね。

今日、東急脇で鉢合わせ!

宮藤官ったらエッセイの主人公「かんぱ」

をベビーカーに乗せて押してました。

マム、びっくり!

クドカンにカンパに奥さんだあ!

で、クドカンにむかって「ですかあ?」なんてわけわかんないこと

言ってしまいました。

したら、クドカンったら頷きながら「デス」だって。

そいでマムはカンパを覗いて、またもやクドカンに

「ですかあ?」って言うと、クドカンも「デス」だって。

今週の文春はデパートの屋上でカンパをよく遊ばせているとの

エッセイ。ずばり遭遇のマムちゃんでした!

お決まりの帽子を被った

宮藤官ったらすっごく顔ちいさいのー。
 
08
 
         Dh0000621.jpg
         ★16歳のグーちゃんは目に見えて弱って……★

愛犬ラブラドールのグレースは16歳のお年寄り。

足腰が弱って寝てばかり。見るからに下降線。

大切に大切に可愛がっています。

 * * * * * * * * *

ある日のことです。

マムは大好きなオムレツを作ろうと思い立ちました。

プルプル、中が半熟でトロトロのチーズだけで味付けた

プレーンオムレツ♪

おいしいのよー。これがまたっ。

さーてフライパン。

これが30年来つかっているアメリカ製の分厚い鉄製の重い重い

ル・クルーゼみたいなフライパン。

えーっと、えーっと、フライパンはどこかな?

フ・ラ・イ・パ・ンはどこかな?

ない! フライパンが ない!

そんなバカな!

「パパちゃーン、フライパン知らない?」

即答「知らん」。

と、同時にマムの頭はヒット!

まっまさか

マムはベランダのグレハウス、通称グレ非難小屋へひとッ飛び。

グレのハウスは奥行きが1.5Mくらいのうなぎの寝床。

マムは顔をつっこんでみました。

アーレー!

なんと重い重いル・クレーゼのようなフライパンが

グレ非難小屋の一番奥に横たわっていーるじゃありませんか。

ガスレンジのフライパンをジャンプして落っことし……。

それで、どうやってこんな重いものを段差のあるベランダを超えて

運んだのやら!

ということで、

当然のことながら、こっぴどくマムに叱られたの図です。
                 ↓

                 ↓

                 ↓
 
05
 
★やっと終りほっとしたのも束の間、350枚の写真が…★

30

Dh0001481.jpg

師範の演武はもう、ため息。

演武をしながら丁寧に解説してくださいました。

もう、ずっと見ていたかった、聴いていたかったです。

Dh0001571.jpg


Dh0000761.jpg

30周年大盛会でした。

マムちゃん4日だけで三万歩ほど小走りしまくったのでは!

道場の「パシリ」じゃなくて「こばしり女」と自ら命名の1日でした。

道場のホームページに詳しくは載せるつもりです。

アップしたらお知らせします。

まだまだ残務整理がたくさんあって、トホホな日々が続きそう!

コチラに少しですが師範の写真をアップしています。
 
01
 
                悲しいほどお天気
               ★悲しいほどお天気


「悲しいほどお天気な日」が少ない5月でしたね。

でもね、「さみだれ五月よ くるがよい」なんて

歌もありますからね。

この歌は、フォーク全盛のころ流行ました。

佐藤公彦、通称ケメの歌です。

その昔4畳半フォークといわれていました。

つまり貧乏ったらしくって疲れ果ててて暗い音楽って位置付け。

その代表が南こうせつの「神田川」ね。(でもこの曲いいですよね)

ケメの歌も貧乏っぽいです。(でもすきですよ)

そこにユーミンがビュンと飛びこんできたわけです。

ひこうき雲」は

新鮮でした。

詩のよさと音作り、編曲のよさとセンスのよさ。

高音のビブラートのきいたハスキーな声の魅力。

そしてお金持ちっぽい雰囲気ね。

4畳半フォークが鼻につきだした頃にぴたっとユーミンは

はまったわけですね。

俗な言いかたをすれば「時代のニーズ」にあったってことかしらん。

さてさて、前回のエコハウスに載せた「緑の町に舞い降りて」

ユーミンの悲しいほどお天気のなかにおさめられた一曲です。

                

                

このレコードはお誕生日のプレゼントにイカボードよりもらった

ものです。

……すごい昔の話です。

自分の気持ちを整理しながらキーボード打っていて

オモウノデスガ

……気持ちを、若い頃、好きという、そのことを、

形で、プレゼントとして、くれたこと、

……それは時間を経てとても生きてきますね。

今ね、2006年6月1日に、30年近く前の贈り物が

目の前にあるわけです。

30年前のありとあらゆることが蘇ってくるわけです。

そして若い頃、ホントに大切にしてもらっていたという事実

蘇るわけです。

もし、30年前に「おめでとう」という言葉だけのプレゼントだったら

そのときは確かにウレシイ、でも

それだけで完結してただろうっておもいます。

30年後になにも語れなかったとおもいます。

思い出も湧いてこなかったとおもいます。

さて、このマムがこんなしんみりと終わるわけありません!

と、いうことで

世の男どもっ!!!

ちゃんと気持ちを形であらわすのだぞよ。

言葉なんてすぐ消えてなくなる。

一にも二にもプレゼント!

プレゼントですぞよ!


   * * * * * * * * * *


仲良しのT井くんはカービングをやってます。

このたび、「風の道」という

カービング作品のホームページを作成しました。

どうぞ、ご覧ください。
              ・・・・・・・マムからのお願い

               Dscn23651.jpg

プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday