カバ屋印 マムの素 

 
03
 
DH6F4c2UQAE3a5V.jpg



     坂本龍馬没後150念記念
    中川 学 イラスト展 「龍馬×よさこい」
    8月25日~9月10日まで
    京都霊山護国寺にて
    入場無料
    アクセス  市バス、清水道or東山安井 下車
    *11月に再度開催される予定あり


イラストレーターの中川学さんの 「龍馬×よさこい」展が
京都東山の高台寺近くの霊山護国神社でやってますよ!

のびのびポップな龍馬はみていて楽しくて
血沸き踊るってかんじでしょうか。

この時期、近くの非公開の祇園閣(鱗の塔)が
公開されているので二兎追えるという
絶好のチャンスだと
思うポコマムです。



236558108_624_v149022734311.jpg


霊山護国神社では
中川学氏のポストカードが販売されています。

実はポコマムは珍しく体調をくずし絶不調で
涙をのんで自宅謹慎(笑)ちう。

が、
なぜか手元にポストカード!
イヒヒ

というわけで

ポコマム階段ギャラリーにて
ひとり「よさこい龍馬展」開催ちう。
 
入場料・無料
本日より無期限開催
飲食可、ビール尚良
というわけで、
真昼間から楽しんでおります。



イカちゃん相手に学芸員なアタクシ。

アハハハハ

                          *詳細はコチラをご覧ください



スポンサーサイト
 
19
 

金茶素懸脅波頭形兜 P7160782


兎の耳かい? 


してデンデンムシの角みたいなのは
なに?


この兜の名称は
金茶素懸脅波頭形兜。
きんちゃすがけなみがしらなりのかぶと
と、読む。

あ! デンデンムシの角みたいなのは
「波」を現すのね。
ふむふむ。

ということはあの兎の耳は
古来よりのビューティペア。
「波兎」からきてるのかしらネエ。
でも
弱っちそうだわあ。

ちょっと待てよ。
波の上を走るということで海上戦かなあ。
が、
江戸時代作だから、実用じゃないし・・・。

などと
思いめぐらす楽しいヒトトキにお付き合いくださり
ありがとうございます。



        東博ぶらポコマムより

 
05
 
ブリューゲルのバベルの塔を見に行った。

どこへ?

上野の都美術館。

で?

小さかった。
以上


は~
なんですか。
その感想。

いやいや、本当です。
呟いている人、他にもいたよ。

イメージとしては
凄く大きいキャンバスに描かれていると思うでしょ。

ところが
大判のカレンダーを一回り大きくしたくらいかな。
30号から40号とか。


して、
なんと。。。


誘導のロープが張られていて
立ち止まって観ることができない。
そのうえ
距離が70センチほどある。

だから
細密な描写を堪能することがまったくできないという
悲しさ。


マム号は5回も並びなおして
観たのだけど
見えないものは見えない。


40年以上前に来日した
モナリザのような
30年以上前に中国からやってきた
パンダのときのような・・・・・・。

モナリザが日本に来た
といっても知らない人のほうが多いのだが、
来たのだ。
東博に。

その時は
階段のようなスロープのようなところの
頂点にモナリザさんがいて歩きながらのぼり
そして下りたのだった。

勿論その人の出はバベルの10倍20倍。

ただ「行った」だけであった。


では
パンダは?
やはりすごい人で「立ち止まらないでください」と
言われ子供を連れて歩いただけ。
パンダは身体から湯気をたてて寝ていたのだった。



それにくらべるとバベル展は
大人と赤子くらいの差があるのだけど

あの絵は
緻密な描写の塊なのだから
遠くからみて全体像を観て感激し
近くによって
その緻密描写に打ち震え
また
遠くにいって感動する。

という見方が本来の見方なのではと
ポコマムは思っている。。。


「ためつすがめつ」と眺める!



それが叶わなかったので、
これを↓ためつすがめつ観てきたのだった、トカ。







バベルの塔展 グッズ IMG_0904



                       ic_fi16興味がある方は白マムをご覧くださいic_fi16



 
22
 
トーハクで見かけた
琉球狆?








琉球狆 博物館写製図 P3051126
                             琉球狆 博物館写製図  


かばいい。。。




 
10
 



sub_15285_LL1.jpg




700年前に描かれた
高麗仏画、水月観音の優美さ。

彼の国の技術の高さに敬服です。


原宿駅から表参道をま~~~~っすぐ
10分ほど歩くと
隈研吾 氏の設計でなだかい根津美術館。

東京在住半世紀(少し大袈裟)なポコマムですが
もろ田舎のネズミさん!
表参道をキョロキョロしながら到着。

あなた様もいかがですか。


3月31日までですよ!!!


                                詳細はコチラです



 
08
 
などと書くと、
なんだか  
「有閑マダム」

みたいなポコマム。

現実は早朝から夜遅くまで
働く零細自営業者。


ま、
そんなこと
どうでもよろし。


3月4日日曜日は
目いっぱいがんばって
あちらこちらへまいりました。

表参道 根津美術館 高麗仏画 展
丸の内 三菱一号館美術館 オルセーのナビ派展
上野 トーハク 春日大社千年の至宝
不忍池 びわ湖長浜KANNONHOUSE

さて
オルセーです!

ボナール好きのアタクシです。
ホホ~、ボナールはこのような絵も描くのか!

足釘づけ。↓


オルセーナビ派展 IMG_20170306_0007


色も構図もいいなあ。
益々ボナールが好きになっちゃったよ。

でも
これ渋いからポストカードはないだろうなあ。。。

ショップを覗くとありました。

オホホホ
あたくしお目が高いわあ。


帰宅して
何度もためつすがめつしていたらららら




これ

ボナールじゃないぢあん。

トホホホ


この絵は
エドゥアール・ヴュイヤールさんのお作でした。


以上 


 
29
 

石道寺 参道 PB270582



目の前は側溝。
激流!


それでも飾ります。



          石道寺への道すがら
          嬉しくなっちゃいます。
          こんなんに出会えたら!!!


 
22
 

そう言われてもネエ、、、



サルかに合戦とか。。。。。






カケダスの4人の漁師の妻たち、あるいは太陽 1928頃
          ダリ カケダスの4人の妻たち、あるいは太陽 1928年頃




                               ダリ展
                               国立新美術館
                               12月12日迄
                               交通 地下鉄千代田線 乃木坂下車


 
18
 

真田丸ぢあああないからね。












雪村 東京藝術大学美術館 IMG_20161114_0001
             東京藝術大学大学美術館 雪村




 
15
 
ゴッホとゴーギャン展 IMG_20161012_0005


マムさんは西洋絵画には興味がないのかなあ

言うお声が聞こえてくる昨今。

  ↑ウソです。誰も気にとめておられぬ (笑)

      小さな声では言えませぬので
      小さく書くと
      フェルメールフェルメールっちのたまう
       「フェルメールばか」が苦手なのです。



さて話をもどしましょう。





入場してすぐに
「ほほ~、ゴッホの初期かあ」

感心して眺め
「むむ、これが初期のゴッホの自画像」

足をとめて、
次なる絵画にうつりネームを見ると

なんということでしょう。

あんた
ゴッホやのうて
ゴーギャンですやんか!






告白するならば
アタクシ、何度もゴッホもゴーギャンも観て
おりますの。

我が、美術眼力のなさに
なだそうそう。。。




ゴッホとゴーギャン展 IMG_20161012_0006



このゴッホとゴーギャン展で気に入った絵は
白マムにて掲載ちう。


 
13
 
CrahPCTVIAAajyM32.jpg


筋肉バカって言いますよね。

言いませんか?






国芳が「血湧き肉躍る」世界ばかり
追い求めていたら婦女子には
人気がなかったでしょう・・・・・・ねえ。


                                         と、白マムは思う。



 
11
 



東京藝術大学大学美術館PA090419
 





「驚きの明治工藝」を観覧に
東京藝術大学大学美術館へ行った。

自在置物がこれだけたくさんでたのは
初めてのこと。
ポコマムもそれを見たさに行ったのだけど

一番気にいったのが
山田宗美が鉄打ちだしという技術で創り出した

兎。


東京藝術大学大学美術館 驚きの明治工藝PA090410
                              兎 山田宗美作 鉄打ちだし



地味すぎですって!? (笑)
いい作品じゃあないですかっ。


                                      *詳細は白マムにてご覧ください

 
20
 
村上春樹とイラストレーター
ちいろ美術館・東京
8月7日まで



村上春樹とイラストレーター P7180515


この写真を
男友達―といっても爺さんですが(笑)―が
見て言いました。

「この猫背とガニマタはなんとかならんの」

なんともならんです!


         *村上春樹とイラストレーター 図録に関してはコチラです。



             ic_fi16↓一人でも多くの方に見ていただきたい↓ic_fi16

         
 
11
 
長浜の観音様は
平安時代の童女のような観音さまが多いと
思いきや
意外や個性的なお仏像さんがチラチラと
おいでです。

写真でチラリと目にとまった時、
ムカデの化身?

思ったのはほんとうのことです。
申しわけありません。






観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0012

正妙寺 千手千足観音菩薩立像


観音の里の祈りとくらし展Ⅱの詳細は
白マム印をごらんください。

< 観音の里の祈りとくらし展Ⅱ >

    東京藝術大学美術館
    7月5日~8月7日まで



   


 
29
 
234846439_v1459159951.jpg


上野は薄曇りで桜は三分咲き。
がっかり。

せめて青空を。。。

でも
宴会まっさかり。


新人さんなのか、
若手は当然場所取り!

近づくと
とっても難しそうなお勉強(?)をして
おられましたっ。


上野 DSC_0955



P3272960




この通りを抜けると正面に東博が見える
噴水広場

は、



藝大祭神輿で盛り上がっていました。




234846051_624_v1459159951.jpg



もっと暗雲だったら不気味だったのにいいい。

なんて
薄曇りを嘆いてたのはついさっきなのに。

ハハッ


藝祭神輿DSC_0963




藝祭神輿DSC_0869




上野 藝祭神輿 DSC_0877




藝祭神輿


ポコマムのおきに入りはっ




234845090_624_v1459161758.jpg



神輿に乗っかった

巨大山椒魚。

藝祭神輿DSC_0965




歯が
カワユイ。




234877372_v1459227141.jpg





後ろ姿もチャーミング。


234845184_v1459161887.jpg






でも
一番いいなあと思ったのは、、、




234844957_v1459165371.jpg


このおふたり。


幸多からんことを。

















 
02
 
 P2292455


若林作品といえば
ぱっと浮かぶのが



自分の方へ向かう犬


でしょう。



若林奮 飛葉と振動P2292458



実際
作品を目の前にすると
見入ってしまう。

なんだかわかんないけど
いい意味で考えこんでしまいます。

そ、
若林さんの作品は
素敵で
いい意味で思惟の壺にはいりこんじゃう。

で、
解説に目を通すと
歳をとったマムには
ますます意味が通じない。 笑

解説の解説がいる。


困ったものだ。


府中市美術館の喫茶室で大人になって
初めてクリソで喉を潤す。


                                    *若林 奮 「飛葉と振動」とクリソ
                                     の詳細は白マム印をご覧ください 



 
13
 
フジモトマサル2016カレンダー P1111870
                              フジモトマサル2016カレンダー




新潮社が[1,000部限定 \1,296]
で出した

フジモトマサルさんのカレンダーは


あっという間に売り切れ。




フジモトマサル2016カレンダー P1111884




小賢しい業者が買い占めたのか
アマゾンで倍の値段で
売られていた。

それも

いまでは



売り切れ。





天国のフジモリさん

みんな
あなたのカレンダーを
欲しがっていますよ。



カレンダーを見ながら思うよ。

早過ぎだよ。





村上さんのところ




                                     *フジモトマサルさんの仕事
                                     *フジモトマサルさんのご本



 
04
 
東博の正月 P1030278



お正月の東京国立博物館。

始皇帝と大兵馬俑を観覧にやってまいりました。


始皇帝と大兵馬俑 P1030179


う~~~~ん
こういうものはポツンポツンと
展示されていても感動がわかないのだなあ、と
実感。


でも、ちょっと嬉しいことも。
アリスのべーやんに似た兵士がいたこと!

皆さんもみつけてね。



さてさて
結論は、
心揺さぶられたかったら西安に行けっちゅうこと
ですね。

で、
なにに感動し
なにに集中したかというとっ



銀杏 P1030284



ヒエ~
上野の森は
銀杏の海ですやんか!

と、

人の目も気にせず
銀杏拾い婆さんと化する
ポコマムさんでした。


あ~
充実。


 
25
 
春画展 永青文庫 unnamed9



イカちゃんイカちゃん
春画展行かなあい?

訊くと


OK。






今評判の真面目な春画展は

目白の細川の殿様の美術館、
永青文庫にて絶賛開催ちう。


春画展 永青文庫 unnamed12


日本初公開の
春画展は大きな美術館やら博物館は
すべてお断りってことで
細川の殿様がそれでは
永青文庫でと快く引きくけてくださり
春画展が開催されたというわけ、、、

で、

評判がいいうえに
展示場が狭いということで
とても
混んでます。

そのうえ
皆さん、熱心にご覧になるので
行列は遅々として進みません。


春画展 永青文庫 unnamed10

しかし
芋の子を洗うようでも
行ってよかったと思える
前評判の高さに違わぬ展覧会でした。


もともと
日本画や仏教美術が好きなマムは
日本文化を高く評価しています。

で、
この春画の
繊細にして伸び伸びとした筆使い。
色使い。
意匠。
そしてユーモアをわすれぬおおらかさ。

日本の至宝といって過言ではありません。


実はマムは
着物の模様や色使いに見入ってしまいました。



図録は4000円と
高くて購入を躊躇したのですが
買ってよかったです!
全作品、オールカラーで
発色も紙質もとてもよい
豪華なものです。

4000円で元が取れるのであろうかと
心配しちゃうマムです。

春画展 永青文庫 unnamed1


春画展 永青文庫 unnamed3


開いて笑いました。

「18歳未満の方の目に触れませんよう、
本書のお取り扱いには十分ご配慮を
お願い致します」と挟み込まれたメモ。

さて
どっさりと
図録より紹介したいのですが
なにせ18禁です。

載せられるようなものを
適当にアップいたします。


春画展 永青文庫 unnamed8



春画展 永青文庫 unnamed7



春画展 永青文庫 unnamed6






春画展 永青文庫 unnamed5



春画展 永青文庫 蛸と海女 unnamed4

これは有名な北斎の「蛸と海女」です。

奇想天外な図に
大きなものとずっと思っていましたが
実際は「本」。

その中で大胆不敵に暴れていました。
北斎恐るべし。

  といっても好きなのは歌麿の繊細優美な春画でした。



*関西の方へ
  この春画展は来年の2月より
  京都細見美術館で開催されるので
  ぜひご覧ください。



 
22
 
<頭上ビックバン帽子おじさん宮間英次郎80歳記念大展覧会 >

キュレーション : 畸人研究学会+都築響一
場所/恵比寿ナディッフアパート
期間/4月24日まで
ナディッフ web.


頭上ビックバン帽子おじさん宮間英次郎11015928_811371165622242_3395727880771252114_n
セーラー服おじさん 帽子おじさんこと宮間さん 海老名べテルギウス則夫さん
と、都築恭一さん


帽子おじさんの展覧会に行ってまいりました。

本当はおじさんより、
都築響一さんに興味があって
苦手な都心に赴きました。

でも、


頭上ビックバン帽子おじさん宮間英次郎11006462_811315708961121_5980415782672067447_n
                          帽子おじさんこと宮間英次郎さん と

ギャラリー地下におりて
おじさんの虜。

帽子おじさんが椅子にちょこんと座って
ニコニコ。

「写真をいただいてもよろしいですか」
と訊くと
もともと笑顔なのにそれ以上に
相好を崩して
「一緒に」
と言ってくださるでは。

こういった人にありがちな
気難しさはなく
声もしゃべり方もとても優しく
フレンドリーな宮間さんです。


頭上ビックバン帽子おじさん宮間英次郎11071946_811316142294411_7760412857867849824_n


初日ということで
宮間おじさんのほかに
セーラー服おじさんも駈け付けて
いらっしゃったうえ、
トークイベントもありの
てんこ盛りな日でした。


頭上ビックバン帽子おじさん宮間英次郎11062695_811371178955574_6165084544907363659_n


頭上ビックバン帽子おじさん宮間英次郎10309178_811316122294413_2672891814433511300_n


ひさしぶりに
気持ちよく笑えたのは、
都築さんの邪念のない態度の
たまものなのだと思います。

終始笑顔で
言葉使いも業界人にありがちな
友達言葉ではなく
尊敬をふくめた言葉使いです。

上から目線で相手をいじることも
なさらない。

都築さんのお仕事ぶり、お写真を拝見して
いて
人はどうしてこうも都築さんに心を許すのだろうと
不思議に思っていた私ですが
なんか、、、わかった気がします。


都築響一さん


都築響一さん10410159_811751575584201_4761109387642652540_n


本当は
都築さんとのツーショットの写真もいただきたかった
のですが、
私ときたら、お財布にお金がぜんぜんはいっておらず
ご著書(1000円)を買えず
さすがに、断念。


最後に
セーラー服おじさんのお写真をば。


セーラー服おじさん11082672_811371208955571_975087367883689001_n




   *帽子おじさんも、セーラー服おじさんも、お声かけ大歓迎
    写真もどうぞの方々です。
   *桜の季節は、帽子おじさんは井の頭公園に出没予定。
   *25日水曜日はNHKの探検バクモン(午後10:55~)に
    帽子おじさん出演
   *都築響一 ROADSIDERS' weekly


  






 
15
 
龍安寺の椅子取りゲームに
自分探し破れて山河あり。
 ↑意味不明  笑

で、





ひとりポツネンと。
直球の冬のど真ん中

何故に我は裸?
それも
水しぶきを浴びながら。


寒いっす。



02saiyuki2_201501150841216c3.jpg



というわけで
ずっと工事ちうで
やっと完成した京都国立美術館。

特別展観 山陰の古刹・島根鰐淵寺の名宝
を覗いたのだけど、
ご神像が僧形神坐像をはじめ
沢山おいでだったので
ヤッホーです。

しかし
白眉は名品ギャラリーの
「重文 如意輪観音坐像 透玄寺」です。


1F-1_0102_tmb.png
     如意輪観音坐像 透玄寺

今までに
たくさんの如意輪さんにお会いしましたが
このお方は、一等おきれいです。

博物館(美術館)にふらりとはいると
思わぬ出会いがあるので
自分探しなんてやめて

さあ、博物館へいこう!トカ。


02saiyuki23.jpg



02saiyuki234.jpg




新しい博物館は
周囲に水を張るのが流行っているのですが

冬は寒々しくてね。
冬は
いっそ、温泉みたいにあっためて
湯気を出すというのも
斬新なんじゃないかなあ。

建物まわりから
湯気が出ている美術館って
ないとおもうんだけど!


2015年01月11日_P1110283


2015年01月11日_P1110285



en1参考en1



京都国立博物館近辺は
時間があまりないかたに
お勧めです。

京都駅から市バス208番が10分おきにでていますし、
渋滞していなければ15分ほどで、
「三十三間堂・京都国立博物館」に着いちゃいます。

京都国立博物館の隣は秀吉を祀る
「豊国神社」ですし、
その隣は方広寺といって
冬の陣の口実をつくった
釣鐘が現在もぶら下がっていますし、
京博の道向こうは三十三間堂です。

京都駅に近くて
いっぱいみられるエリアどす。

豊国神社2013年08月17日_DSC_0420 方広寺梵鐘2013年08月17日_DSC_0466
豊国神社                          方広寺梵鐘


2010年04月04日_DSC_13702010年04月04日蓮華王院三十三間堂
三十三間堂・昔の東映映画の宮本武蔵(中村錦之介主演)をみると武蔵がこの縁を
走りまわって闘うの。


豊国神社の国宝唐門
方広寺の鐘
蓮華王院三十三間堂



 
20
 

福岡市博物館の「九州仏」展は
言えば、
皆が膝をうつような
有名なお仏像さんはおいででは
ないけど、
極上の展覧会といえます。

浮嶽神社の木造地蔵菩薩立像

お出ましになっていたのには
下調べなしで
行った私としては
無理してやってきた甲斐があるってものです。


2014年10月19日_PA191870
                                        福岡市博物館

さて
この写真の中央アーチの下に
小さく人が。

ファインダーをのぞきながら
「邪魔だなあ、この人」

思うも、
あの人も
「邪魔だなあ、この人」
って
呟いているのだろうなあと
思う
九州の空の下。



         *福岡市博物館特別展「九州仏(きゅうしゅうぶつ)」展

 
10
 
2014年10月05日_PA050314
                      緑釉犬 後漢時代2~3世紀 東博東洋館蔵



なんて
かばゆいんだろう。




2014年10月05日_PA050315


墓を守る番犬とも
死者を冥途に導く犬とも
いわれています。
首輪には多産の象徴の
子安貝が飾られています。


2014年10月05日_PA050317


「道」が違うと
盛んに吠えたてて教えているみたい。



この子は


2014年10月06日_PA060088



遊んでくれろ
と、
吠えたてています。


 
30
 
00004_201406301617407dc.jpg
                         東京国立博物館収蔵 鎌倉時代 愛染不動明王厨子




疲れているに違いありません。
仕入れ代を振り込んで・・・

小1時間経って気がつきました。



違う会社に振り込んでしまったことを。


胃がシクシク痛みます。



 
10
 
0003_20140510152119a8c.jpg
                                              増上寺にて
                                              13日火曜日まで



そうそうたるメンバーの漫画家さんの仏画が
一堂に会します。web.



おめあては
江口寿史さんの

「私訳魚藍観音之図」。

まるで浮世絵のような図で
別格でした。
あのTシャツがこうなるのかと
感無量です。


特筆すべきは、
赤塚不二夫さんの
「レレレ千手観音」
とっても癒されます。

すべての人が笑って救われそうです。

これぞ観音さまだろうと思うマム号です。

この展覧会はもっとみんなに広まればいいなあ。
上野の森でもやってほしいなあと
切に願います。



レレレ千手観音 赤塚不二夫2014年05月09日
                 赤塚不二夫 レレレ千手観音
  
↑癒されるでしょ。                     


0000004_20140503170245a9f.jpg

 
06
 




000006.jpg





                                      キングオブポップ予告展にて



 
03
 
0000004_20140503170245a9f.jpg




自転車に乗って
大急ぎで
着の身着のまま
キングオブポップ展に
行ったらばばばば
ばっ

まさかの江口寿史さん。


慌てたのなんの。

「普通はもっと可愛い格好してます」
とか
「すすめパイレーツ以来のファンです」
とか
言っちゃって。

ギャラリーの人が笑ってました。


江口さん作のTシャツの図柄は
魚籃観音さんです。


江口寿史 魚籃観音図Tシャツ00000004




あこがれの
江口さんとおしゃべりできるなんて・・・。

幸せな一日でした。


                            マムさん、憧れの人多すぎ!

                            ウム・・・確かに。
                            節操がない・・・。汗





 
02
 
東京国立博物館の考古展示室。




この後ろ姿は
犬好きには
たまりません。。。









東京国立博物館2014年04月27日_P4270502


 
01
 
0003_20140429155326272.jpg



テクテクやっと辿り着いた
東京国立博物館です。


この季節は毎年やってきます。
大きな展覧会があるから
ユリノキを愛でるためです。


東京国立博物館 ユリノキ2014年04月27日_P4270498



今年も満開で
このうえなく上機嫌のマムです。

ベンチに座ってるあなた!
上を見てごらんなさい。
かわいいお花が咲いていますよ。



心の中でブツブツ呟くマム号です。



2014年04月27日_P4270499



キトラ展の行列は
例の待つの行列虫で
当然スルーで

建仁寺展へ。
目玉は
俵屋宗達の風神雷神。

これはもう
文句なしに楽しい絵です。




さて
禅寺ですが、
どうして
襖絵とか天井絵にばかり凝るのか、
無知なというか不勉強な
マム号は不思議です。

禅寺の展覧会はいつも
ストレスを感じて出てきます。
襖絵やら屏風やら掛け軸やら天井が9
なら
お仏像は1
かしら。




お仏像がほっんと少ないのですよねえ。





なにか考えがあってのことでしょうか。


京都に奈良ほどの共感がないのは
このせいです。

           


                       *勿論、いいお仏像をお持ちのお寺さん
                        もいっぱいありますよ。



 
30
 
東京国立博物館2014年04月27日_P4270487



東京藝大美術館に行く道すがら
いつも???と思うこの建物。



東京国立博物館2014年04月27日_P4270490


東京国立博物館のはしっこの
この建物。
ひとりガンダーラ状態。




東京国立博物館2014年04月27日_P4270492


すご~く興味があるのに
なんでか意味不明の
おざなりにしちゃってます。

なぜなぜなになにお婆さんにしては
珍しいことです。


時々
こんな自分を変ねえと
笑います。



ということで
27日は法隆寺展に行ってきました。
まだ「白マム印」では法隆寺を
アップしてる最中。
2月に拝観したばかりの法隆寺。
等で
既視感いっぱいです。

  あっ↑この用法は間違いですね。
     既視感とは
     実際は一度も体験したことがないのに、
     すでにどこかで体験したことのように
     感じることである。
  そうなので。

  私、体験してますから。 笑



東京藝大法隆寺展2014年04月27日_P4270493





法隆寺/別品の祈り

です。


べっぴんって下卑た感じがして
アレレと思い
帰宅して調べたら(検索ね、辞書はもう物を置く台化してます)、
「普通の品物とは違う」「特別によい品物」の意味として
使われていた語だそうで、

腑に落ちた次第です。




    *    *     *

     追記(4/30 20:27)
     カプちゃんから嬉しい一報!

     あのひとりポツネンとガンダーラな建物は
     なんと
     元 京成本線博物館動物園駅 跡
     なのだそうです。

     ありがとうカプちゃん



プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday