カバ屋印 マムの素 

 
27
 
00000000004_20141227115030223.jpg
                  Basilica Di Santa Prassedeサンタプラッセーデ教会



テルミニ駅から徒歩圏のこのサンタプラセーデ教会は
おすすめです。
もう一度いきたいなあ、と呟くとイカちゃんが
いとも簡単に
「行けば」ですって。
そんなに簡単に行ければ呟いたりしません。
ってば!

一昨日まで街のいたるところから
流れてきた、
「モロビトコゾリテ」。

モロビトコゾリテツカエマツレ 

てっきり英語だと思っていた幼稚園時代。
「シュワキマセリ」が「主は来ませり」、、とは。

クリスマス聖劇ではマリア様になりたかったのに
その他大勢の天使だった・・・。

マリアはSちゃん(友人Sに非ず)だった。
子供目にも美人だったからなあ。涙


スポンサーサイト
 
15
 
なんて
どうでもいいことに
悩んでおります。


で、

ローマの古代ローマの円形闘技場です。
競技場じゃあなくて闘技場というのが
怖い。

って
わけで
おバカふたりの、どアップ。




00000001_20141215102837065.jpg
                                       注:イカちゃんではありませヌ。


ムサくてすまん。




コロシアム2014年10月31日_PA310246


ここからだと
全体が撮れますよ~。
っと、
海千山千のガイドさんが教えて
くれたのだけど、
持参のコンパクトデジカメでは
どんなにひいても撮れませんでした。

これ以上
ひいたら
旅情のキャサリン・ヘップバーンのように
おっこって水びたしになっちゃう、トカ。

      旅情はいい映画でしたねえ。
      何度観ても胸にしみる!
      キャサリン・ヘップバーンの演技も最高だしね。


コロシアム2014年10月31日_PA310267



↑平たい顔族だらけです。

ここでアタクシ、物凄く反省。
実は
日光に行くとAsian people が いっぱい。
東大寺に行くとAsian people が いっぱい。
清水寺に行くとAsian people が いっぱい。
とブチブチ文句たれておりました。
って、

アンタ
同じですヤン。
と、
ね。

もう言いません。
と、
今は思っています。
と、
予防線をはるアタクシ。
だって
喉元すぎちゃうとすぐまた言いだす、、、
アタクシ。






コロシアム2014年10月31日_PA310260


当然
これは地下の迷路のような個室というか
檻みたいな牢屋みたいなもので、
往時は天井があってそのうえが闘技場ね。

古代ローマの映画には常にこの闘技場での
死闘がでてくる!


テルマエ・ロマエもだけど
グラディエーターもね。
リドリー・スコット監督の映像美が印象に残って
いますが、
王女役の、コニー・ニールセンの気品に満ちた
容姿と演技が素敵でした。



コロシアム2014年10月31日_PA310259





コロシアム2014年10月31日_PA310257



↑きっと、なんかの遺跡でしょうねえ・・・・・・。




コロシアム2014年10月31日_PA310266



向こうに見えるのは
なんとかの丘のなんとか教会で、
よさげでした・・・・・・。
時間があれば寄ってみたかったなあ。




おまけはおイタリアの松です。
まるで銀杏並木のように
いたるところに植林されていて
みんな、こんなふうにカリアゲ君です。
所かわれば品かわるです。

ローマの松2014年10月31日_PA310181


思わず、
松の木ばかりがまつじゃない~♪
と、松の木小唄なんぞを
口ずさむアタクシです。


 
23
 
2010年08月14日慈尊院多宝塔


トレヴィの泉なのになぜか
しょっぱな
高野山のお話です。

高野山詣での方々の殆どが
南海高野線で極楽橋までいって
そこからケーブルなんだけど
本当は
九度山で下車して紀の川を渡ったところにある
慈尊院からてくてく歩いて登るのが正規のルートです。

この慈尊院は秘仏の国宝弥勒さんで有名ですが
多宝塔の美しさでも名をとどろかせています。

というわけで
多宝塔みたさに夏の日差しをまともに受けながら
完全に顎があがった状態で慈尊院に着いたらららら。


まあ、
なんということでしょう。
補修工事ちう。


で、

トレヴィの泉です。


まあ、
なんということでしょ。
補修工事ちう。


000000005_201411232021021af.jpg





トレビの泉2014年10月31日_PA310225



で、
泉は干上がり
バスタブのような物に
コインを投げ入れる
霊験あらたかさ!


トレビの泉2014年10月31日_PA310229






トレビの泉2014年10月31日_PA310228




トレヴィの泉の前は
スペイン広場以上の人人人でした。



トレビの泉2014年10月31日_PA310230





2014年10月31日_PA310222
 


どの天使さんも
お顔がこわい・・・・・・です。



                                             次回はコロッセウムをば


   *酷暑の三都見仏記2 九度山、慈尊院
   *酷暑の三都見仏記2 九度山、慈尊院 その2


 
22
 
00000001.jpg

何回観ても、胸キュンな
ローマの休日!
実は
子供のころからのグレゴリー・ペック ファン。

ローマを訪れたらやっぱりここでアイスを
食べなくっちゃねえ。

と、
やってきました。


スペイン広場の前は、

まるで
夏の旧軽通りのようで・・・・・・・。

スペイン広場2014年10月31日_PA310197



あの素敵な場所は
今は、京都駅の大階段みたいで

スペイン広場2014年10月31日_PA310196



そのうえ
泉ピン子が大喜びしそうです。


スペイン広場2014年10月31日_PA310207


疲れ果てたアタクシは
ここで、
ジェラートコカコーラを
一気飲みいたしました。

                             次回はトレヴィの泉ですよ

 
15
 
0000001_20141115094635476.jpg


どこをむいても
口、あんぐり。

凄すぎて
頭を垂れる敬虔な気持ちより
「スッゲー」という
感嘆詞ばかりが口を出ます。
    ↑人が多すぎるのも一因かな。
    後ほど紹介しますが、
    小さな教会には人があまりおらず
    胸がふさがるような気持がおきました。


サンピエトロ大聖堂内部2014年10月31日_PA310140
  




0000001_20141115102651670.jpg


さて↑これです。

前回(その2)で「」を紹介しましたが、
これも「蜂」なのかとじっと見入って
しまいました。
どうも、鳥のミイラのようです。
しかし、
なぜ?

全体像をおみせしましょう。


サンピエトロ大聖堂2014年10月31日_PA310163


入り口に見える司祭(?)様と
比べてください。

あるいは↓。


サンピエトロ大聖堂2014年11月03日_PB030646

まず、
この聖堂がいかに大きいことか一目瞭然ですね。
中央に、赤い衣をまとわれた司祭(?)さまの列。
その上にみえるのが、
鳥のミイラの彫刻です。

いったい
あの鳥のミイラはなんだろうと
思っていたら友人kちゃんが教えてくれました。

いわく、

これはアレクサンデル7世の墓碑で、バロック墓碑彫刻の傑作と称される、
ベルニーニの作品だそうです。
手を合わせる教皇の下に慈愛、正義、賢明を象徴する4人の像が配置されていて、
布の下の骸骨は砂時計は「予告なしに訪れる死」を意味しているのだそうです。
だから死神かなぁ


だそうです。
優秀な朋を持つと助かります!



サンピエトロ大聖堂2014年10月31日_PA310164

↑この方がアレクサンデル7世でしょうねえ。
ALEなんとかとかいてある。。。

堂内は
実はお墓だらけのようです。
    ↑未確認。


サンピエトロ大聖堂内部2014年10月31日_PA310162




サンピエトロ大聖堂内部2014年10月31日_PA310148




サンピエトロ大聖堂内部2014年10月31日_PA310142




サンピエトロ大聖堂内部2014年11月03日_PB030656


白鳩は平和の象徴ですが、
意外と知られていませんが、
本来、日本では戦いの象徴です。
軍神である八幡神の使いなんですよ。



サンピエトロ大聖堂内部2014年11月03日_PB030660



門扉をよくみて
この場を去りましょう。
罪深いアタクシはここでやっと
敬虔な気持ちになりました。 汗


       バチカン市国のシスティーナ礼拝堂や
       この聖堂の真上のクーポラ(円屋根)は
       ずっとあとで紹介します。
       もうおなかいっぱいです、から。笑

                        *サンピエトロ大聖堂 //


 
13
 
0000001_20141113150840ed6.jpg
                                         ミケランジェロ作 ピエタ


おのぼりさんは四の五の言わず
サンタピエトロ大聖堂に入ります。

入ると右手に有名な
ミケランジェロのピエタが安置されています。

残念なことに、
強化ガラスの向こうです。
このガラスが、曇っていて
「ちゃんと拭いてね」と
思うマム。

ミケランジェロは生涯にピエタを4作品手がけて
いるといわれていますが(というより現存あるいは
確認できるものと言ったほうがよいのでは、と)
完成しているものはこちらにおさめられている
ピエタ像のみです。

これは20代の作品で
力のある伸び伸びとした「ノミ」使いが
見てとれます。
   *最後の作品はコチラをご覧ください。


で、

添乗員さんは
海千山千のイタリア在住歴が
永そうな日本人のお姉さん。

が、
この一言で
「イタリア在住が永そう」
が、
「永いんだ」と
印象付けました。

「キチガイ」。

勿論、マムも使います
が、
それは内輪でしゃべっているときだけで、
不特定多数の前での説明では堂々と言わないなあ。

彼女は、このピエタが何故、強化ガラスの向こうに
相成ったかという説明で

大きな声で
「キチガイ」がいてピエタに悪さしたからこうなった
と述べたわけで。。。

言葉狩りにあってないんだなあ。
ある意味新鮮!


「あ~、この人は、もう日本人の感覚がぬけちゃってる。
あるいは、日本の事情に随分うといんだなあ」
なんて
どうでもいいようなことを
このピエタを見ながら思うマム号です。

マムは
みんながスルーするようなくだらんことを
一人考えるのが大好きです。

これは小さい時からの癖。笑



サンピエトロ大聖堂内部2014年11月03日_PB030658


ず~~~~っと
向こうに太陽のようなもの。
光輝くものがあります。

なんだろう?


サンピエトロ大聖堂内部2014年10月31日_PA310134




サンピエトロ大聖堂内部2014年11月03日_PB030642


どこを
見ても
降り注いでくるような装飾です。


サンピエトロ大聖堂内部2014年10月31日_PA310130




サンピエトロ大聖堂内部2014年10月31日_PA310168



前に進みます。

青銅の大天蓋です。
この下に聖ペテロ(サンピエトロ)の
墓があります。


0000001_201411131624378a3.jpg


よくみると
蜂がいます。
蜂はこの天蓋だけではなく
他でも見られます。



聖書に「蜂」に関する記述があったかなあと
頭をひねるマム号。

帰国して検索すると
答えはシンプル!
この天蓋の製作を指示した時の
教皇のウルバヌス8世の
実家の家紋が「蜂」だったとのこと。

深読みしました。笑



さて
奥の光輝くものの正体は!


0000001_20141113163646650.jpg


聖ペテロの椅子の後ろに差す
「後光」あるいは「光背」です。

洋の東西を問わず
貴きお方の後ろには
光が溢れているものなのだなあ。


                 上も前も凄いけど横も凄いの。
                                つづく


                                     *サンピエトロ大聖堂 //


 
10
 
000000001_20141110154034313.jpg


片道13時間、往復26時間!
狭い座席。
ですが、
奇跡です。

ほぼ満席というのに
マム号ときたら
行きも帰りも3席一人。

ということで
ゆったりとやりたい放題。


エコノミーでビジネス気分なアタクシです。

      ま、こんなことでいつも「運」を
      使いはたしているといえなくもない・・・


着いた先は↓ここ。



サンピエトロ大聖堂2014年10月31日_PA310092



あのアン王女が断言した

... Rome !

です。


ローマを検索すると
「そんなに危険ですか」と
呟くほど、
スリ
置きびき
多発情報だらけ。

そのうえ、
便所が汚い情報もチラホラ。

気を引き締めねば。


サンピエトロ大聖堂2014年10月31日_PA310053


おのぼりさんですから
勿論、サン ピエトロ大聖堂へ。



サンピエトロ大聖堂2014年10月31日_PA310096




サンピエトロ大聖堂2014年10月31日_PA310080




サンピエトロ大聖堂2014年10月31日_PA310104


↑平たい顔族です。 笑

   乗ったアリタリア機内の映画はテルマエ・ロマエ II
   を上映。阿部ちゃんったら「平たい顔族」連呼。



 サンピエトロ大聖堂2014年10月31日_PA310106  


細部を撮りだすと
きりがない。

サンピエトロ大聖堂


サンピエトロ大聖堂にはいりましょう。

う!



サンピエトロ大聖堂2014年10月31日_PA310101


入り口でこれですか。。。



サンピエトロ大聖堂2014年10月31日_PA310099



呆気にとられて
頭上ばかり見てたら
スリにあいそうです。

     期待させては申し訳ないので最初に断っておきますが、
     当方、上海人に見られるので危ない目には一切
     あっておりません。あしからず

       カメラはオリンパスのコンパクトデジカメです。
       一眼レフは今回はお留守番です。
       一眼で撮りだしたら、マム号は夢中になって
       完全にスリの餌食になっちゃう。


                                つづく


                                   *サンピエトロ大聖堂 //


プロフィール

ポコmom

Author:ポコmom
リュックに本をいれて、ひとりテクテクお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
「白マム印日本のこと日本のもの」では真面目なポコマムがいますよ。よかったら白マムへもお越しください。
http://gurekomom.blog.fc2.com/

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ポコmom / Designed by Paroday